アイルランドの隠れ家が売りに

かつてマイケル・ジャクソンが隠れ家として使ったこともある、ギネス家のアイルランドの屋敷ラガラが、3000万USドルで売りに出されている。かつて狩猟小屋として使われた、白壁の中世領主の屋敷は5000エーカーの広さだ。マイケルのほかに、ミック・ジャガーやU2のボノ、それにビートルズも滞在したことがある。

この屋敷は、2006年にマイケルが3ヶ月滞在していたことが明らかとなったことにより世界の見出しを飾った。ただし、この情報は彼が去った後に公表された。

人里離れたロケーションがラガラの魅力であり、ダブリンから40km離れた、氷河で作られた渓谷の谷底に横たわっている。深い森林と湖、銀色に輝く滝の数々に囲まれ、鹿などの狩猟動物も豊富だ。現在のオーナーがガレック・ブラウンであることも魅力を加えている。

アイルランドのビール会社の設立者、アーサー・ギネスから数えて6代目(来孫)であるブラウンは、自らもクラダ・レコードを設立した人物だ。60年代以降、彼は有名アーティストだけでなく、詩人や政治家もラガラに招いている。その彼も77歳となり、ラガラを売りに出すことを決めた。アイルランド・サザビーズに3000万米ドルで出品されている。

元々18世紀に建てられたラガラは、1937年にアーネスト・ギネスが末娘ウーナ(ガレック・ブラウンの母親)への結婚プレゼントとして入手した。ほぼ城と言ってもよいゴシック・リバイバルの屋敷には、3つの大広間に応接室があり、事務設備完備、フォーマルなダイニングもある。マイケルが滞在中好んだことで有名なのは四柱式ベッドだ。

出品リストには、寝室が母屋に7部屋、ゲスト・ロッジに4部屋あり、広大な敷地内の他の7つのロッジやコテージを含めると16の寝室がある。屋敷内の居室部分を全部合わせると、1802平方メートルになる。

テレグラフ紙によると、ブラウンは600万ユーロをかけてリフォームしたという。現在では新設の図書室があり蔵書は8000冊、加えて屋内プールもある。ギネス家では、歴史的遺産として邸宅を買い取って保存して欲しいと州に求めている。

irish-estate-500x281.jpg


■Michael’s Irish Hideaway For Sale

The Guinness family’s Irish country estate, Luggala, once used by Michael Jackson as a secret hideaway home, is now listed for around Thirty Million US Dollars.

The former hunting lodge which is snow-white in colour, manor is surrounded by 5,000 acres. Besides Michael, Mick Jagger, U2’s Bono and The Beatles have all stayed there.

The property hit international headlines when it emerged that Michael lived there for three months in 2006, but this information was only released after he’d left.

Part of Luggala’s charm is its secluded location, nestled in a cleft at the bottom of a glacial valley, 40km from Dublin. It is cloaked by dense woodland, lakes and silvery waterfalls, filled with deer and game. The current owner, Garech Browne, adds to the property’s allure.

Browne is the great-great-great grandson of iconic Irish stout maker Arthur Guinness but he also is the founder of Claddagh Records. Since 1960s, he has not only hosted famous artists but also poets and politicians. Now aged seventy-seven he has decided to put the estate up for sale. It is listed at a price of €28 million (US$30 million) through Ireland Sotheby’s International Realty.

Originally built in the 18th century, Luggala was acquired by Ernest Guinness in 1937 as a wedding present for his youngest daughter Oonagh, Garech Browne’s mother. The Gothic Revival, almost castle-like manor has three reception rooms, a drawing room, full office facilities and a formal dining room. There’s also the four-poster bed famously favoured by Michael throughout his stay.

The listing specifies seven bedrooms within the main house, four within a guest lodge and a further sixteen comprised within seven other lodges and cottages throughout the vast estate. Altogether, the accommodation within the estate extends to some 1,802-square-metres of space.

According to The Telegraph, Browne spent €6 million on restoring and renovating the grand home. It now includes a new library, stacked with 8,000 books and an indoor swimming pool. The Guinness heir has called for the state to buy the house to save it for heritage.

Source: Billionaire & MJWN
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ