エステート vs 国税局、ジョン・ブランカが証言

マイケル・ジャクソン・エステートと内国歳入庁(IRS)の間で争われている数百万ドル規模の税金の裁判が初日を向かえ、ジョン・ブランカが証言台に立った。

30年近くにわたって断続的にマイケル・ジャクソンの代理人を勤めてきたブランカ氏は昼食後の証言台に立ち、4時間近くにわたってエステート側弁護士ハワード・ワイツマンの質問に答えた。

本裁判は3週間程度続くと見られており、エステート側、IRS側双方は、マイケル・ジャクソンの死去時の肖像権の価値について、それぞれの主張が正しいと判事に訴えかけることになる。

租税裁判所のマーク・ホームズ判事と弁護士、ジョン・ブランカ氏は、マイケルの財政問題というシリアスな議論の合間に冗句をはさむこともあった。

リラックスした雰囲気の中で、ワイツマン弁護士の質問に対する返答でブランカ氏はいつもと違う様子を見せ、普通の民事法廷では判事が制止するだろうシーンも見られた。

ブランカ氏はこう述べた。
「泣いてしまいますよ。マイケルは天才でした。彼はすばらしい男でした。彼についての話をする時、私はいつも愛情を込めて話をするんです」。

数年のブランクを経て、ブランカ氏はマイケルの死の1週間ほど前に彼と会った。その時、彼はマイケルに対し、実現できそうなプランについていくつか提示した。「Thriller」の映画化や舞台化、お化け屋敷アトラクション、アルバムとDVDの再発売などが含まれていたが、マイケルの名前や画像のライセンシングは含まれていなかった。

アーティストの名前や写真を商品に使用する許諾を与えるという意味での総合的マーチャンダイジングでミュージシャンは大金を得るものなのかどうかというワイツマンの問いに対し、ブランカは「いいえ」と答えた。「ほとんどのミュージシャンにとってそのような収入は、音源や楽曲、ツアーなどから得られる収入に比べれば微々たるものです。レコードを出すというのは名前に対する権利や肖像権とは違うのです」。

マイケルの死後、エステートは未発表のリハーサル映像を使って「This Is It」を製作したが、この作品はコンサート映画としては史上最高収益の一つである。シルク・ドゥ・ソレイユと共同でラスベガスのショーも開演した。ブランカによれば、こうしたことは肖像権の取引とは見なさないという。

生前の彼のキャリアの中での衣料品に対するライセンシングの試み2件あった。その後の、マイケルの死後の価値を示唆しうるライセンシング相手はティーン向け衣料品会社Supremeである。ブランカによると、同社のシャツは子供に「クレイジーな人気」を誇っており、若年オーディエンスへのマイケルのイメージの再ブランド化に向けた取り組みであるという。

「これで収益があるわけではありませんが、いつか、新たなファンを獲得することができるでしょう」とブランカは述べた。

IRS側の弁護士は、IRS側の弁論の際にブランカに再び証言させるとして、今回の証言に対する反対尋問は行わなかった。

証言を終える際、判事はブランカに対し、マイケルの歌詞の一つを説明するよう求めた。「あなたは『Thriller』をよくご存知ですが、『the funk of 40,000 years』とはどういう意味ですか?」

「カルマ(業)です」とブランカは答えた。

■John Branca Speaks At IRS Trial

John Branca took the stand Monday on the first day of trial in a potentially billion-dollar tax fight between Michael Jackson’s estate and the IRS.

Mr Branca, who has represented Michael on and off for nearly three decades, took the stand after lunch, spending nearly four hours being examined by Michael’s estate attorney Howard Weitzman.

The trial is expected to last three weeks, as attorneys for the estate and the government each work to convince a judge that their value of Michael’s likeness at the time of his death is the correct one.

American Tax Court Judge Mark Holmes, the attorneys and John Branca, routinely cracked jokes amid a very serious conversation about Michael’s financial issues.

The more relaxed atmosphere gave Mr Branca license to be more ex-positional with his answers to Mr Weitzman’s questions, which would have likely been cut off by a judge in a standard civil law courtroom.

Mr. Branca said;

“I’m going to tear up. Michael was a genius. He was a great guy. When I tell these stories, I actually tell them with affection.”

After several years of not working together, Mr Branca met with Michael a little more than a week before his death. During the meeting he brought with him a list of potential ideas which included a ‘Thriller’ film, play and haunted house attraction, as well as album and DVD re-releases, but none of his ideas involved licensing Michael’s name or likeness.

Mr Weitzman asked if musicians make a lot of money in general merchandising, which he described as licensing an artist’s name and image for merchandise. “No,” replied Mr Branca. “That income for most musicians is dwarfed compared to the money they make from recordings, their songs and especially the tours. Putting out a record is not a name and likeness right.”

Since Michael’s death, the estate has used unreleased rehearsal footage to make ‘This Is It,’ which is one of the biggest-grossing concert films ever. They also launched a lucrative Las Vegas show in partnership with Cirque du Soleil. Mr Branca said neither of those qualify as likeness deals.

After two clothing line licensing attempts during the course of his living career, the one likeness deal that shows potential after Michael’s death is with a teen clothing company called Supreme. Mr Branca explained that kids are “crazy” for the company’s shirts and the deal is an effort to re-brand Michael’s image with a younger audience.

“We make no money from it, but maybe someday we’ll get new fans,” he said.

The IRS attorneys declined to cross-examine Mr Branca in favour of calling him back to testify when they present their case.

Before letting him leave the stand, the judge took the opportunity to ask him to explain one of Michael’s lyrics. “You’re familiar with ‘Thriller,’ ” said Judge Holmes. “What exactly does ‘the funk of 40,000 years’ mean?”

“Karma,” answered Mr Branca.

Source: The Hollywood Reporter & MJWN
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ