エステート vs 国税局、遺言執行人らが証言を命じられる

ポップ・シンガーの故マイケル・ジャクソンが2009年に亡くなった時点での価値が焦点となる世紀の税金闘争が2月に開始される。マイケル・ジャクソン・エステートとアメリカ国税当局(IRS)は10億ドル以上を争点として、公判前手続きを争っている。公判前にすべての情報を掴むためだ。

連邦租税裁判所のマーク・ホームズ判事は、激しく争った、ジョン・ブランカ(遺言執行人の一人)、マイケル・ケーン(元ビジネス・マネージャー)、カレン・ラングフォード(弁護士補助人、ジャクソンのイメージの査定に参加し未発表曲についての詳しいとされる)に証言させるというIRS側による申し立てを許可した。

もう一人の遺言執行人のジョン・マクレーンは証言を行わない。

マクレーンはジャクソンのトレードマークを使った衣料品のマネジメントを担当しているされているが、ホームズ判事の裁定によれば、申立書ではマクレーンは「体調不良が大変深刻であり、ストレスに耐えられない」とされ、「このことは、商業活動が平穏に行われているためあまり知られていない複雑な事業について、それを管理する能力とは矛盾する」と判事はコメントしている。

体調不良のためにマクレーンは証言しないが、両者による協議が行われ、IRSが主張すれば、判事はマクレーンの証言を除外しない可能性もある。

さらにホームズ判事は、無許可でジャクソンの肖像権を使用しているとみなした者にエステートが送付した停止通告書やソニー/ATVの持分をソニーに売却する際のメモ、その売価の評価書(7億5000万ドルとされる)など、さまざまな書類をIRSに対し開示するよう命じた。

この裁判での目玉は・・・そしてこの裁判が芸能界で特に注目される理由は・・・、死後のジャクソンの肖像権の評価がなされるということだ。IRSはその価値が4億3400万ドル以上だと主張している。証拠として2009年のドキュメンタリー「This Is It」はシルク・ドゥ・ソレイユのショー、死後にリリースされたアルバム、ビデオ・ゲームや高価な記念品などを挙げるかもしれない。エステート自身による評価額は2105ドルで、彼が亡くなった時点での、そして遺言執行人らが着任してキング・オブ・ポップが復活する以前の、ジャクソンの商業的展望が児童虐待や薬物中毒による影響を受けていた時点での評価が重要だと主張している。

評価額分析や諸々の結論には、許諾者が権利に対してどう考えているか、ということがポイントとなる。このため、エステートはUCLA法科大学院のユージーン・ヴォロック教授に委託した。ヴォロック教授は合衆国憲法修正第1条の第一人者である。ジャクソンのような著名人の価値が死後のパブリシティー権の法律的制限にどれほど拠っているかという問題についての報告書を準備するためだ。

IRSは、結論を下すのは判事であり、ヴォロックの報告書は許容できないとして除外する動議を提出した。専門家のみが、事実に基づいた意見を述べるということだ。

「裁判前の問題が法律と事実が入り混じったものであったとしても、これは真実です。本裁判においては論点は評価だからです」とIRSの動議に対してホームズ判事は返答している。「ヴォロック教授の証言は、ジャクソンの肖像に対するエステートの権利の範囲の線引きをする上で有益なものとなるでしょう。しかし、国内法の内容についての証言を除外するという裁定は本法廷においては重要なものです。ヴォロック教授の高度な法律的知識は、裁判前の調査の準備に、そして裁判後の議論において、エステートの手助けとなるものです。しかし、裁判中に証言として受け入れることは困難であるというのが私たちの結論です」。

■Michael Jackson's Executor, Manager Ordered to Testify in Billion-Dollar Tax Battle

The tax trial of the century -- one focused on the worth of late pop singer Michael Jackson when he died in 2009 -- is set to begin this February. With more than $1 billion at stake, the Internal Revenue Service and Michael Jackson's estate are scrambling in these final pre-trial days to discover everything they need to know before heading into battle.

This week, U.S. Tax Court Judge Mark Holmes granted a heavily contested motion by the IRS to depose John Branca, one of the two co-executors of Jackson's will; Michael Kane, the singer's former business manager; and Karen Langford, a paralegal said to have participated in the valuation of Jackson's image and knowledgeable about unreleased music.

But John McClain, the other co-executor of Jackson's will, won't be giving a deposition.

Although McClain currently manages an outfit that exploits Jackson trademarks, Holmes writes in his order that McClain is described in court papers as "very seriously ill and subject to very poor reactions to stress," commenting that this "would seem inconsistent with the ability to manage a complex enterprise in an industry not widely known for the placidity with which its commercial activity is carried out."

To protect his health, McClain won't have to testify just yet, but the judge isn't ruling out that he may have to do so at trial if the IRS insists and after potential briefing by the parties.

Judge Holmes has also ordered a variety of documents to be shared with the IRS including cease-and-desist letters the estate has sent to those it thought might be exploiting Jackson's likeness without authorization, the minutes of the estate's sale of its interest in Sony/ATV to Sony, and appraisals of that sale reported to be worth about $750 million.

The big ticket item at the current trial -- and the reason why the case is of special interest throughout the entertainment industry -- will be valuating Jackson's posthumous right to his likeness. The IRS has insisted it's worth more than $434 million and may point as evidence to the 2009 documentary This Is It, a Cirque du Soleil tribute show, and post-death albums, video games and other lucrative memorials. The estate's own valuation is just $2,105, arguing that what's important is the value when he died, when Jackson's commercial prospects were suffering from charges of child molestation and drug abuse, before executors worked their magic, and the King of Pop experienced a resurgence in popularity.

The coming valuation analysis and conclusions will be informed by what licensors theoretically would be willing to pay for rights. To this end, Jackson's estate commissioned UCLA Law School professor Eugene Volokh, one of the leading scholars of First Amendment law and torts, to prepare a report on the subject of how the value of a celebrity like Jackson depends on the legal limits of the posthumous right of publicity.

The IRS brought a motion to exclude Volokh's report as inadmissible since it's the judge deciding conclusions about the law. Experts only render opinions informed by facts.

"This is true even when issue before the Court is a mix of law and fact, as it is in the valuation questions in this case," writes Holmes in response to the IRS' motion. "Professor Volokh's proffered testimony would be helpful in drawing the bounds of the estate's rights in Jackson's image. But the rule excluding testimony about the content of domestic law is a strong one in this Court. His legal expertise can help the estate to prepare for examination before trial and in argument after the trial, but we find it inadmissible as testimony during the trial."

This article was originally published by The Hollywood Reporter.

Source: billboard.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ