フォーブス長者番付にはソニー/ATV売却が貢献

マイケル・ジャクソンの「Thriller」は、よく知られているように、墓場から這い出た悪霊たちが描かれ、そしてまもなく訪れる主人公の末路が決定づけられている。同様に、本物のキング・オブ・ポップも墓場から起き上がり、そして今回は8億2500万ドルの収入という記録を打ち立てた。

この額は、今年の故人長者番付のトップにジャクソンを押し上げるもので、単年度の収入としては生存者、故人を合わせたフォーブス史上最高額でもある。今年のジャクソンの収入の大部分は、ビートルズやテイラー・スウィフト、エミネムらの著作権を保持するソニー/ATVの音楽カタログの半分の権利の売却によるものである。この売却は3月に発表され先月末に完了している。

「この取引によって、マイケルの子供たちのためにマイケルの遺産の価値を最大限に高めるという私たちの努力をこれまで以上に続けるということが可能となります」と、声明の中で遺言執行人のジョン・ブランカとジョン・マクレーンは述べている。「今回の買収によって、ソニーとしては音楽出版ビジネスの変化にすばやく対応することが可能となります」とソニーの重役マイケル・リントンが付け加えている。

今回の動きが画期的な合意であることを感じているのはエステートとソニーの関係者だけではない。

「歴史に残る取引になると思います」と語るのは、ジム・モリソンやジャニス・ジョプリンの遺産を管理するジェフ・ジャンポールだ。「このような大金を得る・・・所有物を処分していく、そして他の投資にまわしていくことが可能になる。これは賢いやり方だと私は思います」。

過小評価されたジャクソンのビジネスセンスであるが、これがなければこのような売却劇は決して起こらなかっただろう。彼は1985年に4750万ドルでATVカタログを購入した。当時、ジャクソンが信頼するアドバイザーたち・・・ウォルター・イェットニコフやデヴィッド・ゲフィンら・・・は疑問を呈し、大多数が酷評した判断だった。

しかしATVの価値は急上昇、ビートルズの著作権カタログによって高められ、10年後にソニーはジャクソンに1億1500万ドルを支払ってソニー/ATVのパートナーとなったのだ。その後、ソニー/ATVは数十億ドルを稼ぐ巨大企業となり、200万以上の楽曲の著作権を擁するまでになった。

「とても儲かる投資だったことがわかりました」とイェットニコフは拙著「Michael Jackson, Inc」のインタビューで語っている。「彼のビジネスに対する判断力は私以上と言ってもいいでしょうね」。

ソニー/ATVを売却してもなお、ジャクソンは死後の王国から音楽出版界の大物であり続けている。すなわち、彼自身の楽曲の著作権を管理するMijac Musicはエステートが保持しているのだ。Mijac Musicのカタログには、ソニー/ATVとは別に手に入れた彼のお気に入りのアーティストが含まれている。

「彼は子供の心を持っていましたが、精神は天才でした」とモータウンの創設者のベリー・ゴーディは言う。「彼は何でもやりたがり、そしてその能力がありました。普通は一生かけてもそれほど多くのことはできませんよ」。

天国でも新しい記録を打ち立てる道筋を発見していたことは、キング・オブ・ポップにとって幸運であった。

■Michael Jackson's Sony/ATV Sale Gives Him Largest Celeb Payday Ever

Michael Jackson’s “Thriller” famously depicts grisly ghouls from various tombs closing in to seal the doom of the song’s protagonists. Similarly, the real-life King of Pop has risen from the grave, this time to clock a record $825 million payday.

The figure places Jackson atop this year’s Highest-Paid Dead Celebrities list—and also gives him the largest single-year payday by any entertainer, living or dead, ever recorded by FORBES. Most of that cash came from this year’s sale of Jackson’s half of the Sony/ATV music publishing catalogue, home to valuable copyrights of the Beatles, Taylor Swift, Eminem and others. The sale was announced in March and closed late last month.

“This transaction further allows us to continue our efforts of maximizing the value of Michael’s Estate for the benefit of his children,” said estate co-executors John Branca and John McClain in a statement. Added Sony Entertainment chief Michael Lynton: “This acquisition will enable Sony to more quickly adapt to changes in the music publishing business.”

Those in charge of Jackson’s estate and Sony weren’t the only ones who felt the move was a landmark agreement.

“It was certainly a deal that will go down in history,” says Jeff Jampol, who manages the estates of Jim Morrison, Janis Joplin and others. “I think to take a big payday like that … and divest their holdings, and be able to spread it out across other investments, is smart.”

The acquisition wouldn’t have happened if it weren’t for Jackson’s own underrated business savvy. He purchased the original ATV catalogue for $47.5 million in 1985, a move questioned at the time by some of Jackson’s most trusted advisers—including music executives Walter Yetnikoff and David Geffen—and initially lambasted by many observers.

But ATV’s value burgeoned rapidly, strengthened by the enduring value of the catalogue’s Beatles copyrights, and a decade later Sony paid Jackson $115 million to become partners on Sony/ATV. In the years that followed, the publisher turned into a multibillion-dollar behemoth, accumulating north of 2 million copyrights in total.

“Turns out that it was a very lucrative investment,” Yetnikoff told me in an interview for my book, Michael Jackson, Inc. “So I would have to say that his business acumen is better than mine.”

Even after the Sony/ATV sale, Jackson will continue to be a publishing mogul from beyond the mortal realm: his estate retains control of Mijac Music, the entity that contains his own copyrights. That catalogue also includes some of his favorite songs by other artists, acquired over the years separately from Sony/ATV.

“He had a kid’s heart, but a mind of a genius,” Motown founder Berry Gordy once explained to me. “He wanted to do everything, and he was capable. You can only do so much in a lifetime.”

Fortunately for the King of Pop, he’s found a way to keep setting new records, even in the afterlife.

Source: forbes.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ