グーグル、ソニー/ATVのMJ持分を狙っていた

グーグルが世界最強の音楽会社の一つを狙っていた。このビッグニュースは、アメリカの高名な音楽ビジネス代理人でグリーンバーグ・トローリッグ法律事務所の共同設立者ジョエル・カッツがMidemで語ったものだ。カッツは自身の法律のスキルをジェームス・ブラウンやウィリー・ネルソンといった著名なクライアントたちに用いてきた。今年、マイケル・ジャクソン・エステートがソニー/ATVの50%の持分をソニーへ7億5000万ドルで売却した取引では、彼は中心的役割を果たしている。

この件ではカッツはエステートの遺言執行人ジョン・ブランカと密接に仕事をしていたが、これは独占交渉だと思われていた。すなわち、ソニーが昨年、エステートとのATVに関する契約の中の持分売買契約を発動し、どちらかがもう一方の持分を買い取ることができるようにしたというものである。しかしながら、交渉に興味を持ってテーブルに着きたいもう一人のプレーヤーが現れるという事態が生じたのである。カッツは、YouTubeやYouTubeに対する主要な音楽権利保持者らの冷たい扱いについて考えを尋ねられた。

「YouTubeのボスのロバート・キンクルはとても頭の良い人だと思います。そして政治志向が強いと思います」と彼は語った。そして不意に爆弾を投下した。「私たちはソニー/ATVのマイケル・ジャクソン・エステートの持分を売却する件についてグーグルと協議していました」と彼が明かしたのだ。そして、グーグル側はこの協議に大変乗り気であったことを示唆した。カッツはこう続けている。「とても興味深い協議になったはずです。グーグルは大手の音楽出版社に大変興味を持っていましたから。当時、複数のレコード会社とランセンスの交渉をしていて、『お宅にライセンスを与えなくたって、ウチは構わないんですよ』なんて言っていたんですからね。ドラマチックな、興味深いものになっていたはずです。もちろん、実際には交渉は行われませんでした。ソニーがそうさせなかったのです」。

音楽業界の多くの者にとって、グーグルがソニー/ATVの50%近くの権利を保持することを認められた場合の波紋は深く憂慮すべきことになっていたはずだ。

■Google Wanted To Buy Michael’s Stake In Sony/ATV

When Google went after one of the most powerful music companies in the world. The biggest news from Midem this weekend came from an anecdote from Joel Katz, the respected US music biz attorney and founding partner of Greenberg Traurig LLP. Katz has applied his legal skills to some very high profile clients, including the rights of James Brown and Willie Nelson. He was also a key figure in the deal which saw the Michael Jackson Estate’s 50% ownership of Sony/ATV sold to Sony for $750m earlier this year.

Katz worked closely with Jackson Estate executor John Branca on that agreement, which seemed an exclusive negotiation: Sony last year triggered a buy-sell clause in its ATV contract with the Jackson Estate, leaving both parties permitted to buy out the other. However, it transpires there was actually another interested player who wanted a seat at the table. Katz was asked earlier this month to give his thoughts on YouTube and its current frosty reception at large music rights-holders.

“I think YouTube boss Robert Kyncl is a very smart fellow, and very policy-orientated,” he said, before casually dropping his bombshell. “We had discussions with Google in the selling of the Michael Jackson interest to Sony/ATV,” he revealed. Then he indicated that these discussions were, on Google’s side, pretty full of intent. Katz continued; “It would have been a very interesting proposition, with Google having a major interest in a major publishing company like that, then negotiating their licenses with the record companies and saying: ‘Hey, we don’t have to license you!’ “It would have been very, very dynamic and interesting. Of course, it didn’t happen,” Katz stated, “Sony didn’t let it happen.”

For many in the music business, the repercussions of Google being allowed to get near a 50% stake on Sony/ATV would be deeply worrying.

Source: Music Business Worldwide & MJWN
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ