多額の税金法廷闘争

エンタテイメント・ビジネスにおける複雑な法律問題の中で、故マイケル・ジャクソンは遺産税をいくら支払うべきか、ということをめぐってマイケル・ジャクソン・エステートと国税庁(IRS)の間で繰り広げられている争いほど弁護士を悩ますものはないだろう。

死後数年のうちに、マイケルは、資産を管理してくれる有能な執行人のおかげでビジネス面で復活した。2009年のドキュメンタリー「This Is It」は2億6100万ドルを稼ぎ、シルク・ドゥ・ソレイユのショーは大勢のファンを集めた。そして、アルバムのリリース、ビデオゲームやその他実入りの良い記念品を販売してきた。そしてIRSはその分け前を要求し、死後のマイケルの名前とイメージの価値は4億3400万ドル以上であると主張している。一方エステート自身による評価は2105ドルである。あまりに大きな食い違いであるが、この差でさえも控えめな数字である。

2017年にロサンゼルスの国税不服審判所で争われることになる今回のケースについて、利子と罰金は10億円以上になる可能性があると法律家は見積もっている。税の専門家の中には、脱税の刑事告発に発展するのではないかとする声もある。この裁判の結果によっては、著名人の遺産管理に影響を与える可能性がある。「私が見た中では最大の遺産税裁判です」と、弁護士で税の専門家のゲーリー・ウルフは言う。

IRSとの争いについて初めて公に語ったエステートの主任弁護士ハワード・ワイツマンによると、両サイドとも意見を交換しておらず、IRS側の独立監査人がその巨大な価値を判断した根拠についてのIRS側からの説明はないという。遺言執行人ジョン・ブランカとジョン・マクレーンは、異例のV字回復と負債の一掃を監督し、すでに1億ドルも納税するほどの収入を生み出している。しかしワイツマンは、マイケルの生前、全盛期の「Thriller」のころでさえ、名称とイメージの許諾による利益は5000万ドルに過ぎなかったと見積もっている。「この10倍という結論にIRSが至ったのだとしたら、それは非常識だ。奇想天外です」とワイツマンは言う。

課税において最も重要なことは、遺言執行人が魔法のような仕事をした後の現時点ではなく、死去時点でのマイケルの名前と肖像の価値である。「当時マイケル・ジャクソンはマーチャンダイジングの契約はひとつもありませんでした」とワイツマンは言う。「私たちが再建に取り組み、『This Is It』が状況を変え始めた後のことなのです。IRSは、『そのドキュメンタリーについてはわかっていたはずだ』と言いますが、それは、彼が亡くなることがわかっていたはずだ、と言うようなものです」。

IRS側はこの件に関してコメントを拒否している。

遺言検認専門の弁護士でレイ・チャールズやマーロン・ブランド、マリリン・モンローといった著名人の遺産管理に携わったアダム・ストレイサンドの観測では、IRSが他の著名人の死後の稼ぎを課税評価の一部として指摘できるとは思えないという。IRSが名称と肖像に関して遺産税を求めるという最初のケースであるということを考えると、「ジム・クロース効果」のようなものを主張するのは困難だ。1973年に飛行機事故で亡くなった歌手のジム・クロウチは、多くのエンタテイナーは生きているより死んだほうが値打ちが出るという説の代表例として引き合いに出される。

マイケル・ジャクソンの死後6年間で、エステートは彼の名称と肖像だけで5000万ドルを稼いだと見られている。しかしワイツマンによると、IRSの資産は、エステートがこの時点で2億6000万ドル稼いでいるはずだとみなしているという。IRSがマイケルの楽曲を評価した価値を上回るものだ。ワイツマンは、IRSは、査定額が間違っていても返金なしの「前払い金」を求めているに等しいと述べている。

ワイツマンは本件を「生涯に一度」のケースであると考えているが、他の者にとってどうなるかは不確かだ。もしIRSが勝訴すれば、価値が増加した他の著名人の遺産も追及することになるだろう。著名故人のビジネスは、パブリシティー権が拡大され、また生前のように見せるホログラムはCGの技術の進歩によって近年急成長しているからだ。

■Billion-Dollar Tax Court Battle

Of all the befuddling legal matters in the entertainment business, there’s perhaps none that causes attorneys to scratch their heads like the battle between Michael Jackson and the Internal Revenue Service over what the late entertainer should be paying in estate taxes.

In the years since his death, Michael has experienced a commercial rebirth thanks to the savvy executors who have managed his assets. The 2009 documentary ‘This Is It’ grossed $261 million, a Cirque du Soleil tribute show packs in fans, and there have been albums, video games and other lucrative memorials. Now the IRS wants its share, claiming the value of Michael’s name and image upon death amounted to more than $434 million. The estate’s own valuation is just $2,105. This is a huge discrepancy and even that difference undersells the stakes.

With interest and penalties, lawyers estimate the case, which is set for trial at a Los Angeles tax tribunal in 2017, could be worth more than $1 billion. Some tax specialists even wonder if it could lead to criminal tax evasion charges. The outcome could impact celebrity estate planning. “This is the biggest estate tax case I’ve ever seen,” says attorney and tax specialist Gary Wolfe.

Speaking publicly about the IRS battle for the first time, Howard Weitzman, the estate’s lead attorney, says both sides haven’t exchanged much information and the IRS hasn’t explained how its independent auditor determined the huge valuation. Executors John Branca and John McClain have overseen a remarkable turnaround, wiping out Michael’s debt and making enough revenue to generate about $100 million in tax payments already. But Weitzman estimates that Michael earned no more than $50 million from the licensing of his name and image when the pop star was alive, even during Michael’s ‘Thriller’ heyday. “It seems preposterous that the IRS would arrive at a value ten times this amount,” he says. “This is bizarre.”

What matters most for tax purposes is the value of Michael’s name and likeness at the time of his death, not now, after his executors have worked their magic. “Michael Jackson had no merchandising deals then,” says Weitzman. “Only after we began the resurrection and ‘This Is It’ did things begin to change. The IRS says, ‘You should have known about the documentary.’ That’s like saying we should have known he was going to die.”

The IRS declined to comment on the issue.

Adam Streisand, a probate attorney who has worked with celebrity estates including those of Ray Charles, Marlon Brando and Marilyn Monroe, says he doesn’t expect the IRS to be able to point to other celebrities’ post-death earnings as part of the valuation process. Then again, given that this is the first time ever that the IRS is pursuing estate taxes for name and likeness, it’s hard to say for sure how something like the “Jim Croce effect.” This is in reference to the singer who died in an airplane crash in 1973 and standing for the proposition that many entertainers are worth more dead
than alive.

It’s estimated that the Michael Jackson Estate has earned another $50 million in name and likeness earnings in the six years since his death, but according to Weitzman, the IRS’ calculation assumes the Estate should have earned in this time $260 million, which is more than the value the tax agency ascribed to Michael’s songs. Weitzman says that the IRS is essentially seeking an “advance” on future payments with no refunds given if its valuation is wrong.

Weitzman thinks this is a “once in a lifetime” case, but others aren’t sure. If the IRS wins, it likely will pursue other celebrity estates that have increased in value. The business of commercialising dead stars has boomed in recent years as publicity rights have expanded and technology such as holograms and CGI has allowed the dead to live on in entertainment.

Source: Billboard & MJWN
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ