エステート vs トーメ :: トーメの訴状修正が認められる

亡きキング・オブ・ポップの元マネージャー、トーメ・トーメによれば、彼にはマイケルの収入の分け前と、ネバーランドの銀行ローンの仲介手数料を受け取る権利があるという。

マイケル・ジャクソン・エステートとトーメ・トーメは再び法廷で相まみえることになる。エステートによる削除の申し立ては全て認められたが、訴状を修正するための10日間がトーメ側に与えられたためだ。エステート側の削除の申し立ての中心は弁護士費用であり、これについてトーメは、マイケルとの損失補償契約による権利があると主張している。一方エステートは、この条項は、委任状に関連した第三者による請求に対抗し、あるいは調査する場合にのみ適用されるとの立場を貫いている。

「トーメは、自分がジャクソンに対して提供したとする業務に対する補償を求めているが、ジャクソンあるいはその相続人、遺言執行人と争って弁護士費用を補うためにこの損失補償契約を用いることはできない」とハワード・ワイツマン弁護士は申立書で述べている。

ロサンゼルス郡上級裁判所のミッチェル・L・ベックロフ判事はエステートの主張の大部分に同意し、削除の申し立てを許可したが異議申し立てについては却下した。この争いは2012年に訴訟として勃発、マイケル・ジャクソンの生前最後の日々のトーメの仕事が、マイケルのためか、あるいはトーメ自身のためなのかという点について争われている。

トーメは、死後にエステートが稼いだ分も含め、マイケルの総収入の15%を受け取る権利があり、また、ネバーランドに関連するローンの売却に対する10%の仲介手数料を受け取る権利があると主張している。一方エステート側はトーメを経験不足かつ利己的だと評し、マイケルは亡くなる数カ月前にトーメを解雇していると主張している。

訴訟手続きは、カリフォルニア州労働委員会が、トーメはタレント・エージェンシー法に違反してマネージャーとしてではなくエージェントとして活動していたとの主張を調査する間中断していた。2015年2月、ベックロフ判事は一部の手続きを再開し、ネバーランドに関する審理に着手した。7月には労働委員会が、マイケルとトーメのマネジメント契約の一部が違法で、契約のうち違法の分を取り除けばトーメの手数料は半分になるとの判断を下している。

裁判は5月3日に開始されることとなった。

■Judge Allows Ex-Manager To Amend Complaint

The late King of Pop’s former manager, Tohme Tohme says he’s owed a share of gross receipts and a finder’s fee for a Neverland Ranch bank loan.

Michael Jackson’s estate and his former manager Tohme Tohme will see another day in court, after a judge granted the estate’s motion to strike in its entirety but gave Tohme’s attorneys ten days to amend their complaint. The motion to strike centers on attorneys fees, which Tohme argues he’s entitled to under an indemnity agreement with Michael. The estate holds that clause only applies to Tohme defending against or investigating third-party claims relating to powers of attorney.

“Tohme cannot possibly use the Indemnity Agreement to recover attorneys’ fees in a dispute with Jackson or his heirs or executors wherein Tohme seeks compensation for services he allegedly rendered to Jackson,” writes Howard Weitzman in the motion.

Los Angeles County Superior Court Judge Mitchell L. Beckloff largely agreed with the estate and granted the motion to strike, but denied a demurrer on the issue. The legal battle began in 2012 with duelling lawsuits debating whether Tohme’s work in the final years of Michael’s life was for the King of Pop’s benefit or his own.

Tohme contends he is entitled to fifteen percent of Michael’s gross receipts, including money the estate earned after the performer’s death, and also a ten percent finder’s fee for a loan buyout connected to Neverland Ranch. Michael’s estate paints Tohme as inexperienced and self-serving and claims Michael fired him months before his death.

Proceedings were put on hold while the California Labor Commission investigated claims that Tohme was acting as an agent, not a manager, in violation of the Talent Agencies Act. In February 2015, Beckloff partially lifted the stay and put the proceedings concerning Neverland Ranch back in motion. In July the Labor Commission found the management agreement between Michael and Tohme is partially illegal and severance of the illegal portion of the agreement would cut Tohme’s commissions in half.

Trial is scheduled to begin May 3.

Source: The Hollywood Reporter & MJWN
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ