イギリスの法律事務所がエステートを訴える

ロンドンの法律事務所が、亡くなる2年前から行っていたとするマイケル・ジャクソンに関する業務に対する料金が支払われるべきだと主張している。ハリウッド・リポーターが報じている。

カリフォルニア州で月曜日に提出された申立書によると、アトキンス・トムソン法律事務所は料金として20万ドルが支払われるべきだと主張し、エステートの遺言執行人のジョン・ブランカとジョン・マクレーンを契約違反で訴えている。

2007年から2009年までの業務について、「ジャクソン関連の十数件の案件について数百時間の業務を行った」と同事務所は主張しており、伝えられるところでは、2009年に20万4204ドル36セントの債権者請求をしているという。被告は12月に支払いを拒否し、請求書を受け付けなかったと同事務所は主張している。そして報道によれば、多数の請求書とともに利息と訴訟費用をも求めている。

エステートはこの主張に対し争う姿勢を見せており、エステートのハワード・ワイツマン弁護士は、「エステートは、マイケル・ジャクソンのための仕事だという彼らの主張が有効だとは考えておらず、この訴訟については争う意向です」と述べている。

■UK Law Firm Claims Estate Owes Money

A London law firm claims it is yet to be paid for work they carried out for Michael Jackson in the two years leading up to his death, reports the Hollywood Reporter.

According to a state claim filed on Monday in California, Atkins Thomson solicitors, says it is owed over $200,000 (£142,000) in fees and is suing entertainment attorney John Branca and music executive John McClain, executors of Michael’s estate, for breach of contract.

Covering services from 2007 through to 2009, Atkins claims the firm “provided hundreds of hours of services to Jackson across nearly a dozen matters”, and reportedly filed a creditors claim for $204,204.36 in 2009. Atkins claims defendants refused to pay and rejected the invoice in December
2015. They now want the amount reportedly invoiced plus interest and the costs of the suit.

The Estate is disputing this claim with Howard Weitzman, the attorney for the estate saying, “The estate doesn’t believe the attorney’s claim for work allegedly done for Michael Jackson is valid and we intend to contest this lawsuit.”

Source: The Guardian & MJWN
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ