ポール・マッカートニーはビートルズ・カタログを取り返す権利を得るのか?彼はすでに動いている

マイケル・ジャクソン・エステートがSony/ATVに対して保有している50%の持ち分をソニーへ7億5000万ドルで売却するというニュースが報じられた時、ポール・マッカートニーがついに、Sony/ATVの重要資産・・・レノン=マッカートニー・カタログ・・・の自らの持ち分に対する権利を手に入れることができるのか、と多くが思っただろう。レノン=マッカートニー・カタログは2018年の返還へ向けて動き出しているからだ。

2015年12月15日の時点で、彼がすでに動いていることをビルボードは確認している。

要点をまとめると、マッカートニーとジャクソンの友情が最高潮だった80年代初頭、マッカートニーは音楽出版の価値を説いた。直後にジャクソンは、ビートルズのレノン=マッカートニーの曲などの出版社であるATVミュージックが売りに出されているとの情報を得て、4750万ドルで購入した。1985年のことだ。マッカートニーは自分のビートルズ・カタログを長い間切望していた。彼とレノンは1969年、元々の出版社であるノーザン・ソングスを購入しようとしてATVに負けていたのだ。そして彼はジャクソンを決して許さなかった。友情への裏切りだと見なしたのである。

マッカートニーはこのチャンスを再び逃すつもりはない。1976年制定のアメリカ著作権法は、ソングライターに対して、出版社における自分たちの取り分を取り戻すことができる力を与えている。そして1978年以前に書かれたタイトルについては、ライターは28年という期間を連続で2度、つまり56年を経過すると自分の曲を取り戻すことができるのである((1978年以降に出版された楽曲については35年経過すると取り戻すことができると定められている)。

レノン=マッカートニー・カタログは2018年から56年を迎え始める。

楽曲の出版権の再所有を請求するには、ソングライターが著作権局に書類を提出する必要があるが、ちょうどのタイミングで所有権を得るには、56年を迎える2年から10年前の間に出版を停止する必要がある(作曲者がその期間内に申し立てをしなくても、著作権の再請求のために5年間の猶予期間がある。しかし遅れた日数分だけ出版社が著作権を保有する日数が増えることになる)。

ビルボードは、2015年12月15日にマッカートニーが32曲の停止通知を著作権局に提出したことを確認している。さらに、別の情報源でも、1962年から1964年までのビートルズの曲の停止通知を提出したことを確認している。もっとも、彼が停止に向けて動き出した多くの曲はその後に作られたもので、1969年から1970年にかけて書かれた「Come Together」、「Golden Slumbers」、「Carry That Weight」、「She Came In Through The Bathroom Window」やその他7曲のアルバム「Abbey Road」収録曲、それに、シングル曲「 Don’t Let Me Down」、「The Ballad of John & Yoko」が含まれている。その多くが2025年10月に期限を迎える。「Get Back」は2025年4月18日、「Why Don’t We Do It In The Road」は2025年6月17日だ。

特許局に提出された書類によると、マッカートニーはSony/ATVに対し、合衆国法典17編304条(C)に基づき、停止通知を配達証明付き郵便で送付している。

これらの多くの曲がレノンの単独作であると広く知られているが(ビートルズが解散するまで2人はソングラーター・クレジットを共有していた)、この法律はマッカートニーの持分に対してのみ適用される。「レノン=マッカートニーのうちの半分のマッカートニー分に対してのみ停止請求ができます。しかも、アメリカ国内のみです」と関係者はビルボードに説明してくれた。「Sony/ATVはアメリカ以外では引き続きビートルズ・ソングを所有しつづけることになります」。

レノン(1980年に死去)については、1962年に書かれたレノン=マッカートニーの楽曲についての彼の持分が1990年に請求可能となった。最初の28年間のうちに彼が死去したためである。しかしながら、関係者が2009年にビルボードに明かしたところによると、期限の日を前にSony/ATVはレノンの未亡人オノ・ヨーコと契約を結び、著作権が有効である間(作者の没後70年)は持分を保持することになったという。しかも共作者がいる場合、最後の共作者が亡くなってから70年であり、ポール・マッカートニーは存命のため、残り70年の時計はまだ動いていない。

マッカートニーへの復帰という事態を迎えるSony/ATVをソニーは高く買いすぎたのだろうか。関係者によると、答えはノーだ。アメリカを除く世界でのレノン=マッカートニーの楽曲の出版は、半分とはいえ到底はした金ではないからだ。


■Will Paul McCartney Get The Rights To His Beatles Songs Back? He's Already Working On It

When news broke that the Michael Jackson estate would sell its 50 percent share of Sony/ATV Music Publishing to Sony in a $750 million deal, many wondered whether Paul McCartney would finally be able to acquire the rights to his share of the company’s crown jewel -- the Lennon-McCartney catalog -- since it begins coming up for reversion in 2018.

Billboard can confirm that as of Dec. 15, 2015, he has already begun the process.

To recap, at some point during the early ‘80s heyday of McCartney’s friendship with Jackson, he pointed out the value of music publishing. Jackson soon received a tip that ATV Music -- publisher of the Beatles’ Lennon-McCartney songs, among many others -- was available, and purchased it for $47.5 million in 1985. McCartney had long coveted his Beatles catalog -- he and Lennon lost out to ATV in a 1969 attempt to purchase Northern Songs, their original publisher -- and he never forgave Jackson for what he considered a betrayal of their friendship.

It’s an opportunity McCartney is not going to let slip past him again. The U.S. Copyright Act of 1976 gave songwriters the ability to recapture the publishers’ share of their songs, and in the case of titles written before 1978, writers can recapture songs after two consecutive 28-year terms, or 56 years. (That legislation allows for writers of songs issued in or after 1978 to recapture their publishing after 35 years.)

The Lennon-McCartney catalog begins hitting the 56-year mark in 2018.

In order to reclaim publishing ownership of a song, a songwriter must file with the U.S. Copyright Office, terminating the publishing anywhere from 2 to 10 years before the 56 years elapse, in order to obtain ownership of that song’s publishing in a timely manner. (If the writer doesn’t put in a notice within that window, they have another five-year period to reclaim the copyrights but each day’s delay adds another day that the publisher owns the copyright.)

Billboard has confirmed that on Dec. 15, 2015, McCartney filed a termination notice of 32 songs with the U.S. Copyright Office. Additionally, another source confirmed that he has filed termination notices for his songs that were issued on Beatles records from 1962-1964, although many of the titles he has moved to terminate were issued much later, including the 1969 and 1970 songs “Come Together,” “Golden Slumbers,” “Carry That Weight,” “She Came In Through The Bathroom Window,” and seven other songs on the Abbey Road album, as well as the single tracks Don’t Let Me Down” and “The Ballad of John & Yoko.” Most of the songs carry a termination date in October 2025, while “Get Back,” carries a termination date of April 18, 2025; and “Why Don’t We Do It In The Road,” on June 17, 2025.

According to the filing with U.S. Copyright Office, McCartney sent Sony/ATV Tunes LLC a notice of termination of grand under 17 USC section 304(C) on Dec. 15 by certified mail.

While many of the titles are widely acknowledged to be solo Lennon compositions -- the duo continued to share songwriter credit for the duration of the Beatles' existence -- the Act applies just to McCartney's share. “Only the McCartney half of the Lennon/McCartney songs are eligible for termination, and only for the U.S.,” an insider explained to Billboard, adding, “Sony/ATV still owns [those] Beatles songs in the rest of the world.”

In the case of Lennon, who died in 1980, the publisher's portion of his share of the Lennon-McCartney catalog for songs written in 1962 became eligible for reversion in 1990, because his death occurred during the first 28-year copyright term. However, in 2009, sources told Billboard that Sony/ATV cut a deal with Lennon's widow, Yoko Ono, prior to the reversion dates that enabled it to retain its publisher's share for the life of the copyright, which lasts for 70 years after the author's death. But where there are co-writers, the countdown begins after the last author dies. As Paul McCartney is still alive, the clock hasn't begun to tick yet.

Asked whether Sony overpaid for Sony/ATV given the coming reversion, the insider said no -- half of the Lennon-McCartney publishing for the world excluding the U.S. is not chump change by any measure.

Source: billboard.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ