ビルボード:Sony/ATV売却の内側、そしてなぜ彼らは売却したのか

高価なアンティークから外国の動物のいる広大な牧場まで、マイケル・ジャクソンはそのキャリアを通じて、有用無用さまざまな多くの投資を行った。その中で、ATVミュージック・パブリッシングは、1985年に4750万ドルで購入し、その10年後、ソニーとの共同事業に統合された。そして3月14日に発表された契約で、マイケル・ジャクソン・エステートがソニーに7億5000万ドルで売却することに同意した。ATVへの投資が最も賢明であったことは疑いの余地はない。

よく知られている通り、音楽出版の価値についてジャクソンはポール・マッカートニーから教えられた。代理人ジョン・ブランカの奔走でジャクソンがATVを購入した時、マッカートニーはジャクソンを決して許さなかった。ATVは、レノン・マッカートニーの他、ブルース・スプリングスティーン、シェール、エルヴィス・ブレスリー、ハンク・ウィリアムズ、リトル・リチャード、ローリング・ストーンズなどの権利を管理する4000曲カタログだ。友情の破たんはATV購入についてのジャクソン側の負の側面だったかもしれない。関係者によれば、ジャクソンは現金で1100万ドル用意し、残りを調達するために借金をしたという。

ATVを買ったことで得られた最初の大きな収入は1995年、ソニーと提携し、Sony/ATVを立ち上げたことによるものだ。統合後の50%を手にし、1億1000万ドルの収入を得た。つまりATVの購入から10年で、初期投資の2倍をすでに手にすることになったのである。

その後Sony/ATVは指数関数的に成長し、テイラー・スウィフトやエド・シーラン、レディ・ガガといった新たなアーティストと契約を結んでいった。そして5万5000曲を擁する国内大手のエイカフ=ローズ(ハンク・ウィリアムズやロイ・オービソン、ブーデロウ・ブライアント、マーティ・ロビンズらを管理)、草創期のロック・ライターのジェリー・リーバーとマイク・ストーラー(「Jailhouse Rock」、「Hound Dog」、「On Broadway」など)、フェイマス・ミュージック(エミネム、シャキーラ、ピンク、ベックなど12万5000曲)などの手に入れていった。

Sony/ATVはEMIパブリッシングの元幹部マーティン・バンディアをチェアマンとして引き抜いた。彼はここ数年の内に、130万曲という膨大なEMIカタログ(モータウンやデッドマウスなどが含まれる)をSony/ATVへ、220万ドルの込み入った契約で移す手助けを行った。すなわちSony/ATVはカタログの管理を行い、30%所有。そしてエステートは10%を所有している。この契約の成立により、Sony/ATVは14四半期連続で米国の出版社のトップとなっている。

こうした成長がエステートに指数関数的に利益を生み出してきた。ソニーが証券取引委員会へ提出した報告書によると、ここ数年、Sony/ATVはエステートに年およそ2300万ドルの配当をもたらしている。関係者によると、ジャクソンが亡くなるまでのATVおよびSony/ATVに対する権利の配当は平均して年に1500万ドルであった。もしこれら数字が正確であるとすると、ジャクソンとエステートはSony/ATVより、今回の契約以前までで5億6000万ドルを得たことになる(1億1000万ドルを最初に受け取り、その後4億5000万ドル)。今回の契約でさらに7億5000万ドルの配当をエステートは得ることになる。

昨年秋にエステートとの契約に基づく相互売買契約(お互いにお互いの持ち分を買い取ることができる契約)を発動した時、エステートは驚いたと複数の情報源が示唆している。しかしすぐに、ソニー側の考えに同意し、買い手側になる意向を非公式に示したようだ。一方、ソニーは当初売り手側を希望していたらしい。(なお、両者ともに先週の公式声明以上のことはコメントしていない)。

しかし協議が進展し、ソニーが買い手側となることを強く主張すると、エステート(遺言執行人のブランカとジョン・マクレーンが主導)は考えを変え、金を受け取ることに決めたと複数の情報源が明かしている。ジャクソンの遺言に指名されている受益者は3人の子供たち、パリス、プリンス、そしてマイケル・Jrである。

「一歩引いてエステートの資産を精査し、受益者にとっての最善を考えた場合、多様化というのはキーとなる投資方針です」と業界関係者は言う。「だから、彼の資産が、Micjacカタログ(ジャクソンの自作曲やスライ&ザ・ファミリー・ストーン、伝説的ソウル・ヒットメーカーのケネス・ギャンブルとレオン・ハフの作品、レイ・チャールズやエルヴィス・プレスリー、アレサ・フランクリンの作品を所有)やMPIミュージック・パブリッシングといったマスター音源の所有権を通じて音楽関連に投資される一方で、音楽以外への投資や銀行への預金といったチャンスが得られるのです」。

さらに今回の契約によって、2億5000万ドルと見られる負債を返済することが可能となり、負債がなしになると関係者は言う。

ソニーへ所有権を売却するに当たり、エスエートは7億3300万ドルを一括で、そして残りの分(ビルボードの推定で1700万ドル)を併せてトータルで7億5000万ドルを受け取ることになる。正式契約は3月31日までに行われ、今年の後半か2017年の初めころには両者が契約を完了させるという覚書に署名がなされている。

Sony/ATVの最終評価如何にかかわらず、今回の合意が完了した時点で、ジャクソンによる1985年のATVの取得が13億1000万ドルをもたらすということになる。そしてエステートへの利益を今後も生み出し続けるだろう。EMIパブリッシングへの10%の持ち分は引き続き保持するが、これは、仮にEMIへの出資分が売却ということになれば、エステートは少なくとも2億2000万ドル(おそらくそれ以上)という大金を手にするということを意味している。

もしそうなれば、ジャクソンが行ったATVへの投資は最低でも15億3000万ドルの収益ということになる。すべては1100万ドルの投資から始まったのだ。「ブランカに敬意を表せざるを得ませんね」と業界の関係者は語る。「ジャクソンがATVを購入した時、彼はそばにいました。そしてその後それをどのように運用したのか、見てみて下さいよ」。

John-Branca-and-Michael-Jackson-billboard-650.jpg

■Inside Sony/ATV's Buyout of Michael Jackson's Estate -- And Why They Cashed Out

From pricey antiques to a sprawling ranch stocked with exotic animals, Michael Jackson made many investments of varying usefulness over the course of his career. Yet among all of them, ATV Music Publishing -- which he purchased for $47.5 million in 1985, merged with Sony in a joint venture 10 years later, and which his estate agreed to sell to Sony for $750 million in a deal announced March 14 -- was almost unquestionably the wisest.

Jackson was famously tipped off to the value of music publishing by Paul McCartney -- who never forgave Jackson when, with the assistance of longtime attorney John Branca, he purchased ATV: a 4,000-song catalog that controlled the rights to the Lennon-McCartney catalog, as well as songs by Bruce Springsteen, Cher, Elvis Presley, Hank Williams, Little Richard and The Rolling Stones. The loss of that friendship may be the one downside of the deal for Jackson, for which the singer put up just $11 million in cash, according to a source, and used debt to finance the rest of the deal.

Jackson’s first big payoff from the purchase came in 1995, when he joined forces with Sony to form Sony/ATV, acquiring 50 percent of the merged entity and a $110 million payout: A decade after he bought ATV, Jackson already had doubled his initial investment.

Over the years, Sony/ATV grew exponentially, signing up new artists like Taylor Swift, Ed Sheeran and Lady Gaga; acquiring big catalogs like the 55,000-song country powerhouse Acuff-Rose (which includes songs by Hank Williams, Roy Orbison, Boudleaux Bryant and Marty Robbins), early rock writers Jerry Leiber and Mike Stoller ("Jailhouse Rock," "Hound Dog," "On Broadway,” "There Goes My Baby") and Famous Music (125,000 songs, including hits by Eminem, Shakira, Pink and Beck).

The company also brought in former EMI Publishing chief Martin Bandier as chairman, who within a few years had helped bring the sprawling 1.3-million-song EMI catalog -- which includes songs from Motown to Deadmau5 -- to Sony/ATV in a complex $2.2 billion deal: Sony/ATV administers the catalog and owns just under 30 percent, while the Jackson estate owns just under 10 percent. Once the latter deal closed, Sony/ATV began its still-unbroken streak of 14 straight quarters as the No. 1 publisher in the U.S.

All of that growth has paid off exponentially for the Jackson estate. In recent years, Sony/ATV has been paying an annual dividend of approximately $23 million to the estate, according to Sony’s filings with the SEC. Over the life of his ATV and Sony/ATV stake, those annual dividends averaged about $15 million, according to a source which, if accurate, means Jackson and his estate have collected $560 million from Sony/ATV ($110 million in the initial deal, and $450 million through the years) before this week’s deal, which will deliver another $750 million to the estate.

When Sony triggered the sell/buy clause in its deal with the estate last fall -- which allowed either party to buy out the other -- sources suggest that the Jackson estate was caught by surprise, but quickly warmed to the idea and privately was seeming as if it wanted to be the buyer. Meanwhile, Sony initially seemed that it wanted to be a seller. (Neither side would comment for this story beyond the statements they’ve issued this week.)

But as the deal progressed and Sony asserted its desire to be the buyer, the Jackson estate, helmed by executors Branca and John McClain, changed its approach and decided to take a payday instead, sources say. The beneficiaries named in Jackson’s will are his three children: Paris, Prince and Michael Jr.

“When you take a step back and look at the estate’s assets and then look at what is the best for the beneficiaries, diversification is a key investment philosophy,” says one industry source. “So while the Jackson estate will still be heavily invested in music through his ownership of his recorded masters; the Mijac catalog [which includes Jackson’s songs as well as the Sly & the Family Stone catalog, songs by legendary soul hitmakers Kenneth Gamble and Leon Huff, and songs made famous by Ray Charles, Elvis Presley and Aretha Franklin]; and its stake in EMI Music Publishing, it gives the estate the chance to invest in areas outside of music and also put some cash in the bank.”

The deal will also allow the Jackson estate to pay off an estimated $250 million in debt, leaving it debt free, sources say.

In selling its stake to Sony, the Jackson estate will receive a $733 million lump sum payment and its last dividend from the company, which Billboard estimates to be $17 million -- a total of $750 million. A memorandum of understanding has been signed with a definitive agreement due by March 31 and the deal expected to close either late this year or in early 2017.

Whatever the final valuation for Sony/ATV, Jackson’s investment in the 1985 acquisition of ATV will have paid the Jackson estate $1.31 billion when the deal is done -- and it will continue to generate returns for the Jackson estate. The estate still owns its 10 percent stake in EMI Music Publishing -- which means if the EMI investment is ever unwound, the Jackson estate should, at the least, be looking at another $220 million windfall, and quite possibly more than that.

If that happens, Jackson’s investment in ATV could end up yielding his estate at least $1.53 billion -- and it all began with an $11 million cash investment. "You have to say hats off to Branca,” says an industry source. “He was with Jackson when they bought the ATV catalog -- and look at how they parlayed that over the years.”

Source: billboard.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ