憧れのスター、ジョージ・マーティン:ブラッド・サンドバーグの回想

ずいぶん前にサー・ジョージ・マーティンにお会いした時のことを考えていました。ブルース・スウェディーンと私はオーディオ・エンジニアリングの集まり(LAだったと思います)に参加していました。通路を歩き、新しい機器を眺め、何人もの古い友人たちに会いました。念のために言っておきますが、その古い友人たちの95%はブルースの友人たちです。ブルースは今も昔も音楽のコミュニティーの有名人です。あるコーナーを通り過ぎた時、伝説のジョージ・マーティンがいて、私はとても驚きました。満面の笑みで私たちの前に立っていたのです。

「ブルース!」と彼は叫びました。
「ジョージ!」とブルースは大きな声で返事をしました。

2人はしっかりとハグし、そしてすぐに話しこみ始めました。暮らしのこと、手掛けているプロジェクトのこと、マイケル・ジャクソンのことなどなど。そしてブルースが私を引っ張ってジョージに紹介してくれました。何と言ったか正確には覚えていませんがずいぶん丁寧に紹介してくれました。ジョージはニッコリと笑い、握手をしながら言いました。「お会いできて大変光栄です、ブラッド!」

私は言葉を発し、うなずき、ベストを尽くしました。憧れのスターに会っている感を出さないように。でもそのまんまでした。ジョージ・マーティンですよ。ザ・ジョージ・マーティン。音楽業界の真の王族です。

「間抜けなことを言うんじゃないぞ」。ジョージとブルースが言葉を交わしている間、私は自分に言い聞かせていました。聞いているだけの方がスマートだし、何か学べるかも、と私は思いました。私が付け加える必要などない、ただその場を楽しめばいいのだ。そんな風に思った瞬間の一つでした。そして私はそうしました。

私は大の「ビートルズ好き」というわけでは決してありません。ビートルズの席巻の時期にちょうどあたるには生まれるのが7年遅かったと思います。でも私は、ビートルズの大ファンでした。というよりも、私は、ビートルズのサウンドやハーモニー、曲作り、レコーディングのスタイル、プロデュース、アレンジなど大変尊敬していました。

「In My Life」、「The End」、「Across The Universe」などを聴いて、胸がいっぱいにならない人なんているでしょうか?「Penny Lane」や「Eleanor Rigby」や「Here Comes The Sun」を聴いてスマイルにならない人がいるのでしょうか?ほんの少しの間とはいえ、これらの楽曲やその他の数え切れないほどの素晴らしい作品の立役者に、私は会っていたのです。

ミスター・マーティンがルールを変えた(片方のスピーカーにボーカル、楽器はもう片方に置いてみてください!)なんて控え目ないい方です。ルールなどなかったのです。彼は単に、サウンドを好きなように作っていたのです。彼は弦楽四重奏やホーンセクションなどをロックに加えようと挑んだのかもしれません。ただ、サウンドがクールになるようにという理由で。

私は、それが何に対してなのかは置いておいて、大勢の「有名」な人々と会う機会に恵まれました。そして一部の注目すべき例外を除いて、その多くはとても暖かく、そして親切でした。私は会って感激してしまったことが何度かあります(マイルス・デイヴィス、レイ・チャールズ、ディジー・ガレスピーがすぐに浮かびます)が、その中ではジョージ・マーティンが一番だと断言できます。

「Thriller」プロジェクトの、マイケル・ジャクソンとポール・マッカートニーとのスターだらけの「The Girl Is Mine」のセッションについて、私はスティーヴ・ポーカロ(TOTO)と話をしました(私がマイケルとの仕事を始める3年前のことです)。それは真のライヴ・バンドのレコーディングで、当時でさえポップ・ミュージックでは珍しくなりつつありました。

スティーヴによれば、ポールはジョージや大勢とで現れたそうです。撮影クルーやリンダ・マッカートニー、デイヴィッド・フォスター、ジェリー・ヘイ、スティーヴ・ルカサー、グレッグ・フィリンゲインズ、デイヴィッド・ペイチ、ルイス・ジョンソンなどなどです。スティーヴはその日のことを素晴らしいサーカスだったと言いました。小さなウェストレイク・スタジオAにありったけの椅子を持ちこんで、シンガーとセレブで超満員だったそうです。

セッションの後(重ねて言いますが、私はその場にいたのではありません)、スティーヴによると、彼は兄のジェフ・ポーカロとスタジオにいて後片付けをしながら話していたそうです・・・彼ら2人だけです・・・そしてジョージがそこへひょっこり現れ、「ああ、やっとミュージシャンがいたよ!」と言ってため息をついたそうです。

彼はスタジオへ入ってきました。終わりに近づいていたあの大騒ぎから離れたかったようでした。そして3人は一緒に腰かけて言葉を交わし、知り合いになったのです。スティーヴによれば、ジョージとブラブラ過ごしたというのは素晴らしく、また忘れられない経験だったとのことです。ジョージはミュージシャンとの交流がとても好きだったのです。

数年後、私が家族とロンドンにいた時、私は観光をさぼって一人でエア・スタジオを訪問しました。ジョージ・マーティンが設立したスタジオです。元の建物であるリンドハースト・ホールは1880年に教会兼ミッションスクールとして建てられたものです。ジョージはそこを1991年に購入しエア・スタジオの新しい場所として改装したのです(彼はすでにロンドンとモントセラトにスタジオを持っていましたが、モントセラトのスタジオは1989年にハリケーン・ヒューゴで破壊されてしまいました)。

ハムステッドの住宅街の静けさの中に世界クラスのスタジオがあるなんてなんともおかしなことです。正直に言って、ここは私のお気に入りの観光スポットです。私が足を踏み入れたスタジオの中ではもっとも美しいスタジオです。http://www.airstudios.com/

数年後に再訪した時、スタジオが売られてからかなり経っていましたが、ジョージの指紋は至るところに残っていました。親切なスタジオ・マネージャーが中を案内してくれました。私は、ジョージに会ったことがあるかと聞かずにはいられませんでした。そのスタジオ・マネージャーは笑い出し、「彼に会ったことがあるか、ですって?彼を手放すことなんて私たちにはできませんよ。彼は数年前にスタジオを売りましたが、一週間に何度もぶらっと現れてセッションをチェックしたり、お茶を飲んだり、私たちとブラブラしていますよ。彼が去ったなんて嘘みたいです!」エア・スタジオの小さな部屋を借りて、サー・ジョージ・マーティンに調子はどうかと覗いてもらう、なんて想像できますか?スタジオで長い時間を過ごしてみて、私は、自分の時間のほとんどをスタジオで過ごすというのは彼にとって一番心地よいことだったのだと思います。

音楽業界は巨人を、そして実に親切で優しい人を失いました。今後しばらくは、トリビュートのツイートや記事、ネットへの投稿などが、私などよりはよほどスマートでジョージに近かった人々からあるでしょう。

ラジオ局はビートルズの曲を流すかもしれません。私たちが話すことで、ドキュメンタリーや映画の脚本が急きょ作られています。まさにそう。ジョージは一流で、真の紳士でした。私の彼との束の間の出会いはおそらく180秒ほどでした。でも彼は、その優しさと貫録の存在感、そしてはじけるスマイルで私を魅了しました。彼の目覚ましい作品は、それ自体で成り立っているのです。

安らかに、ミスター・マーティン。音楽業界、レコーディング業界、そしてあなたが親切にした若きエンジニアたちへのあなたのインパクトは忘れられることはないでしょう。あの時私が多少感激してしまったとしても。

12799461_536383219868910_2885263297270194827_n.jpg

■Starstruck

I have spent some time thinking about when I met Sir George Martin many years ago. Bruce Swedien and I were attending an audio engineering convention (I think in LA), just walking the isles, looking at new gear and seeing many old friends. To be clear - 95% of those old friends were Bruce's. Bruce was and is a celebrity in his own right among the music community. As we turned a corner I was very surprised to see the legendary George Martin just standing in front of us with a giant grin on his face.

"Brucie!!" he shouted.
"George!!" Bruce shouted back.

The two of them embraced in a giant bear-hug and immediately started getting caught up on home life, current projects, Michael Jackson, etc. Then Bruce pulled me in and introduced me to George. I don't remember the exact words, but it was a very kind introduction. George grinned at me and grabbed my hand and said, "It's very nice to meet you Brad!"

I formed some words, nodded and did my best to not look completely starstruck, but I was. This was George Martin - THE George Martin - true royalty in the music industry.

As George and Bruce chatted for a few minutes, I remember telling myself, "Don't say anything dumb", and decided it might be smarter to simply listen and maybe learn something. It was one of those times when I decided there really wasn't much that I needed to add - just enjoy this moment. And I did.

I have never been a huge "Beatles guy" - I think I was born maybe seven years too late to be in the thick of their dominance. However, I have always been a huge fan - or rather I have had incredible respect - for the Beatles' sounds, harmonies, songwriting, recording styles, production, arrangements, etc.

How can you not get a lump in your throat when you hear "In My Life", "The End" or "Across The Universe." How can you not smile when you hear "Penny Lane" or "Eleanor Rigby" or "Here Comes The Sun"? And here I was, just for a moment, meeting the man behind those, and countless other amazing productions.

To say that Mr. Martin broke the rules (let's put the vocals in one speaker, and the instruments in the other!) is an understatement. There were no rules - he just make music sound the way he liked it. He might trying adding a string quartet or a horn section to a rock song just because it sounded cool. Isn't that how it's supposed to work?

I have been blessed with the opportunity to meet and work with many "famous" people, whatever that means. And with a few notable exceptions, most have been very warm and gracious. I have only been "starstruck" a few times (Miles Davis, Ray Charles and Dizzy Gillespie come to mind), but without hesitation George Martin tops the list.

I have talked at length with Steve Porcaro (Toto) about the star-studded "The Girl Is Mine" session with Michael Jackson and Paul McCartney from the Thriller project. (This was about three years before I started working with Michael). It was a true live band recording, which even back then was becoming increasingly rare in pop music,

Steve told me that Paul showed up with George and a full entourage, including a film crew, Linda McCartney, David Foster, Jerry Hey, Steve Lukather, Greg Phillinganes, David Paich and Louis Johnson - among many others. He referred to the entire day as an amazing circus, jammed with singers and celebrities packing as many chairs into little Westlake Studio A as could possibly fit.

After the session (again, I wasn't there for this), Steve says that he and his brother Jeff Porcaro were in the studio packing up and talking - just the two of them, and George popped his head around the corner. "Ahh....Musicians!!" he sighed.

He walked into the studio, seemingly wanting to be away from the craziness that was winding down, and the three of them just sat together swapping stories and getting to know each other. Steve said it was an amazing and unforgettable experience hanging out George, who clearly loved the company of musicians.

Several years ago I was in London with my family and I skipped out on a day of sightseeing to go visit Air Studios, which was built by George Martin. The original building - Lyndhurst Hall - was constructed in 1880 as a church and missionary school. George bought it in 1991 and renovated it into the newest location of Air Studios. (He already had locations in downtown London and Montserrat until Hurricane Hugo wiped that one out in 1989).

It is so funny to visit a world-class studio in the middle of a quiet, residential neighborhood in Hampstead. Truthfully this is my favorite kind of sightseeing, and it is one of the most beautiful studios I have ever stepped foot in. http://www.airstudios.com/

When I visited Air a few years back, the studio had long since been sold, but it had George's fingerprints all over it. I was given a complete tour by a very kind studio manager, and I couldn't help but asking about George, and if she had ever met him. She started laughing and said, "Met him?? We can't get him to leave!! He sold the studio years ago but he wanders in many times a week to check on sessions, drink tea and just hang out with us - it's as if he's never left!" Can you imagine renting one of the small writing rooms at Air and having Sir George Martin pop in to see how you are doing?? I think having spent so much time in studios it was the most comfortable place for him to spend much of his time.

The music industry lost a giant today, and a remarkably kind, sweet man. The next few days there will be tributes tweets articles and posts from people much smarter and likely closer to George than me.

Maybe radio stations will play a few Beatles songs, and there is certainly some scrambling to get documentaries and movie scripts put together as we speak. Rightly so. George was a class act, and a true gentleman. My very brief encounter with him lasted perhaps all of 180 seconds, but he won me over with his gentle, self-assured presence and his radiant smile. His remarkable body of work stands on it's own.

Rest In Peace Mr. Martin. Your impact on music, the recording industry, and in particular on a young engineer that you were very kind to many years ago will not be forgotten. Even if I was a bit starstruck at the time.

Brad

Source: In The Studio With Michael Jackson / facebook.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ