エイドリアン・グラント:The Man, The Myths And Off The Wall

スパイク・リーの新作ドキュメンタリー「Michael Jackson’s Journey From Motown To Off The Wall」は、子供時代から世界を制したスーパースターとなるまでのマイケル・ジャクソンの成長を辿るものです。私はマイケルと知り合いとなり、一緒に仕事をするという幸運に恵まれました。そして私もスパイク・リーにならい、その人の名声の裏側に光を当ててみたいと思います。

まず初めに私のことを少し書きます。私はマイケル・ジャクソンのビッグファンの一人です。1983年のテレビ・スペシャルのモータウン25周年記念で初めてムーンウォークを目にして以来のファンです。

その5年後、私はイギリスで最初のファン・マガジンを発刊しました。それが、その後21年間にわたる、すばらしいジェットコースターの始まりでした。「Michael Jackson: The Visual Documentary」の出版、独占インタビュー、アルバム「Dangeous」と「HIStory」の製作中のスタジオで仕事中のマイケルを見学するという栄誉、ワールドツアーの同行、ネバーランドの訪問、そして、ウェストエンドのミュージカル、「Thriller Live」の製作です。

これも申し上げておくべきでしょう。「Off The Wall」は、スティーヴィー・ワンダーの「 Songs In The Key Of Life」、ローリン・ヒルの「The Miseducation of・・・」と並んで私のお気に入りの一つです。しかしながら、正直に言って、スパイク・リーのドキュメンタリーは、あまりにもジャクソン漬けの私の人生に対してすら、新たな光とインスピレーションをもたらしてくれました。

「Off The Wall」は1979年8月のマイケルの21回目の誕生日の前の日にリリースされました。そして、世界に向けて成長したソロ・レコーディング・アーティストとして彼を紹介するアルバムでした。それ以前の彼はジャクソンズの中心として知られていました。ジャクソンズ自体、「Shake Your Body Down (To The Ground),」というヒット曲を出したばかりであり、また、それ以前にも、キュートな11歳の子供として、ジャクソン・ファイブとともにデビューから4曲連続ナンバーワンを獲得しています。

マイケル・ジャクソンがどれほどの完ぺき主義者であったのかということはこれまでも聞いてきましたが、スパイク・リーのドキュメンタリーでは一貫して研究し成長することへの彼の情熱が語られ、彼の完ぺき主義が改めてよくわかります。1979年11月6日付けのマイケル自筆の手紙が読み上げられるシーンは感動的なシーンの一つです。その中で彼は、もはや「ABC」や「I Want You Back」を歌う子供として認識されたくないと語っています。自分自身を作り変えるとも語っています。すばらしい俳優になる、ダンサーになる、シンガーになる、と。インタビューは受けない、マジックになる。最高のトレーニングシステムが必要だ、世界中のエンタテイメントを研究し、完璧なものとする!とも。

これらは21歳の青年としては大言ですが、「Thriller」へと続くこのアルバムを見れば、マイケル・ジャクソンはすばらしいビジョンを持ち、そして体現したと言わざるを得ないでしょう。

私のショー「Thriller Live」では、ゲーリー・ロイド監督がスタジオ54の雰囲気を再現しています。70年代後半に人気があったニューヨークのワイルドなナイトクラブです。ドキュメンタリーでは、マイケルがこのクラブの常連であったことがわかります。彼はこのクラブを「現実逃避」と評しています。アンディ・ウォーホルやグレイス・ジョーンズ、ライザ・ミネリ、デヴィッド・ボウイといったセレブも常連でした。

私は、この時期はマイケルの覚醒であったと思っています。スタジオ54は、「 Don't Stop 'Til You Get Enough」や「Working Day And Night」、「Get On The Floor」といった曲を書くための創造力を彼に与えたのです。ベーシストのルイス・ジョンソンとの共作の「Get On The Floor」については、あえて静かにそのファンクを聴いてほしいところです。「Thriller Live」ではこの曲は6人のミュージシャンが毎晩演奏しています。音楽監督のジョン・マーがアレンジを担当しましたが、彼によると、ウェストエンドで3000回以上も公演しているなかで、ショーのディスコ・セクションがバンド・メンバーたちのもっともお気に入りのパートであり、決して飽きることがないそうです。

その理由はアルバムを聴けばわかります。それはミュージシャンの夢であり、クインシー・ジョーンズという巨匠によって完璧に練り上げられています。「Off The Wall」を製作するマイケルと"Q"は、スタジオで生演奏でサウンドを作っていく際に最高の才能たちをそろえました。そこには正真正銘の音質と職人の技をアルバム与える本物のブラスやベース、パーカッションがあるのです。スパイク・リーは率直な会話を重ねることでアルバム製作過程以上のものを私たちに見せてくれます。インタビューの相手は、キーボード奏者のグレッグ・フィリンゲインズやサウンド・エンジニアのブルース・スウェディーンといったその場にいた人々や、ファレル・ウィリアムスやウィークエンド、マーク・ロンソンなどの現在のスターたちです。

マイケルはどんな人でしたか、と私はよく尋ねられます。私は正直に答えています。彼の心は大きな子供でした、大変jな冗談好きで、忘れられない笑顔をたくさん見ました、と。でも仕事のこととなると、彼はとてもまじめでした。最高のものを求めていました。報道で目にする話のほとんどは真実ではありません。たとえばフランスで1000万ポンドの城を買ったとかいう話がありました。でも私がネバーランドにいたとき、彼は問題となっているその城を見せてくれたのです。それはただの複製だったのです!

1994年に私たちはブダペストへ行きました。マイケルはリサ・マリー・プレスリーを連れて子供病院を訪問し、贈り物やおもちゃを手渡しました。私は幸運にも唯一同行をゆるされた"メディア"でした。私は喜んで病気の子供たちにプレゼントを渡す手伝いをしました。でも、疑り深いメディアは、この旅が売名行為以外の何物でもないと報じました。数週間もまったく動かず言葉も発していない瀕死の少女にマイケルが笑みをもたらしたという感動的な瞬間をメディアは見ていなかったのです。看病していた少女の母親は、少女が手を伸ばしてマイケルの手に触れた時、泣き崩れていました。

マイケルはしばしばメディアから冷笑され、「Wacko Jacko」とレッテルを貼られて侮辱されました。イギリスの赤い見出しのタブロイド紙によるレッテルです。1998年のインタビューでマイケルは私にこう言いました。

「タブロイドはデタラメばかりだ。タブロイドをつぶす手段があるべきだと思うんだ。大きな炎を作りだすべきなんだ!世界中のスタジアムで・・・すべてのタブロイドを積み上げて。彼らがディスコのレコードでやったことを覚えているかい?人々に気づかせようと大きな炎を作りだしたのさ。いつものこと、恐ろしいことだ。奴らは誰かれ構わず追い回す。おぞましいことだよ。自分たちが書いたことを人がどう感じるかなんてこれっぽっちも考えないのさ」。

マイケルのキャリアには他にも議論となりうるたくさんのゴシップがあります。でも、スパイク・リーのドキュメンタリーは、「Thriller Live」と同じように彼の音楽に焦点を当てているのです。こう言えてうれしいです。マイケル・ジャクソンの才能を改めて思い出させてくれます。私たちが人生で何かを成し遂げようとした時、一番大事なことは一生懸命に働くことである、と私たちに示してくれます。

このドキュメンタリーは私にとって、マイケルがいかに偉大なエンタテイナーであったか再認識させてくれると同時に、彼と知り合えていかに幸運だったかということを思い知らされます。私たちは現在に満足するべきではない、なぜなら、もっとできることはいつでも存在しているのですから。そういうことを教えてくれるのです。

MJの言葉で言えば、「満足するまで止めない!(Don't Stop 'Til You Get Enough)」ということです。

Michael Jackson’s Journey From Motown To Off The Wall (アルバムとブルーレイ) はAmazonほかで発売中(日本盤は3月9日発売)。

Thriller Liveはロンドン・ウェストエンドのリリック・シアターにて、2017年9月4日公演分まで予約受付中。

AG_MJ-_SiM96-copy.jpg


■Michael Jackson: The Man, The Myths And Off The Wall

Spike Lee’s new documentary, Michael Jackson’s Journey From Motown To Off The Wall, captivatingly tracks the evolution of the singer from childhood through to world-conquering superstar. I was fortunate to know and work with Michael, and like Lee, would like to shed some light upon the man behind the fame.

First, a little background info: I’m a BIG fan of Michael Jackson and have been since I saw him moonwalking for the first time on TV during Motown’s 25th Anniversary TV Special in 1983.

Five years later I published the UK’s first Michael Jackson fanzine, and what followed was an amazing 21-year roller coaster ride which saw me write a best selling book – Michael Jackson: The Visual Documentary, exclusive interviews, the privilege of watching Michael work in the studio producing the albums Dangerous and HIStory, travelling on his world tours, numerous trips to his magical home Neverland, and the West End musical Thriller Live that I created.

I should also mention that Off The Wall is one of my favourite albums of all-time, alongside Stevie Wonder’s Songs In The Key Of Life and Lauryn Hill’s The Miseducation of… However, I will honestly say, that despite all of the above this film brought new light and inspiration to even my overly filled Jacksonesque life.

Off The Wall, was released in August 1979 on the eve of Michael’s 21st birthday, and it introduced the world to him as a mature solo recording artist. Previously he had been known as the lead of The Jacksons, who themselves had just reignited their careers with the hit song Shake Your Body Down (To The Ground), and before that as the cute 11-year old kid who with The Jackson Five had four consecutive number ones with their first four releases.

We’ve heard before what a perfectionist Michael Jackson was, but that message is really driven home throughout Lee’s documentary as we are told about his passion to learn and become better. In one heartfelt moment a handwritten letter by Michael dated 6th November 1979 is read out on screen. In it he says how he no longer wishes to be remembered as the kid that sang ABC and I Want You Back. That he will reinvent himself. He will become an incredible actor, dancer and singer. He will do no interviews. He will become magic. That he must have the most incredible training system. He will look back on the whole world of entertainment and perfect it!

They were quite big statements for a 21-year old, but when you look at the album that followed (Thriller) you’d have to say that Michael Jackson had an unbelievable vision that he truly fulfilled.

For my stage show, Thriller Live, director, Gary Lloyd recreates the look and feel of Studio 54, a wild New York Nightclub popular in the late 70s. In the documentary, we see Michael as a regular guest at the club, which he describes as “escapism”, also frequented by other A-list celebs such as Andy Warhol, Grace Jones, Liza Minnelli and David Bowie to name but a few.

I’ve always felt that this period in Michael’s life was his real awakening, and Studio 54 gave him the creative juices to pen the songs Don’t Stop ‘Til You Get Enough, Working Day And Night, and Get On The Floor. I dare you to keep still whilst listening to the funk of the latter song, co-written by bass guitarist Louis Johnson. The music in Thriller Live, played each night by six musicians, was arranged by Musical Director, John Maher. He states, having played almost 3,000 shows in the West End, that the Disco section of the show is the bands absolute favourite, and something they never get tired of.

And when you hear the album you can see why. It’s a musician dream, perfectly orchestrated by the maestro that is Quincy Jones. When Michael and ‘Q’ produced Off The Wall, they had some of the best talent around putting down the sounds live in the studio. There’s real brass, bass and percussion that gives the album an authentic feel of quality and craftsmanship. Lee via a series of candid talking heads takes us through the album’s creation and beyond as he interviews those who were present such as keyboardist Greg Phillinganes, and Sound Engineer, Bruce Swedien through to the stars of today who the album has inspired including Pharrell Williams, The Weeknd and Mark Ronson.

People often ask me what was Michael like, and I answer truthfully, saying that he was a big kid at heart who was a lot of fun with a huge memorable smile. But when it came to his work he was very serious. Wanting the very best. Most of the stories you read in the press were not true. For example, they once said he had bought a £10 million castle in France. However, when I was at his Neverland ranch, he showed me the castle in question and it was just a replica model!

Then there was a trip we had to Budapest in 1994. Michael, along with Lisa Marie-Presley, was visiting a children’s hospital, handing out gifts and toys. I was fortunate to be the only ‘media’ allowed to accompany them, and I was delighted to help in giving the gifts to some of the sick kids. However the sceptical press suggested the trip was nothing more than a publicity stunt. What they didn’t see was the moving moment when Michael brought a smile to the face of a dying girl who had lain motionless and silent for weeks. Her mother, at her side in constant vigil, broke down in tears as her daughter reached out and touched Michael’s hand.

Michael was often mocked by the press, and he despised the ‘Wacko Jacko’ tag, that the British redtops had labeled him with. During an interview in 1998, Michael said to me:

The tabloids are a bunch of trash. I think there should be a way to destroy them. We should create a big burning, like in the stadiums around the world – pile them all together! You remember how they used to do the disco records, and just create a burning, to make people aware. It’s such an intrusion. It’s a horrible thing. They hunt you, and it’s terrible. It creates such ugliness. They never think about how the person feels about what they are writing.

There is a lot of other gossip one could discuss throughout Michael’s career, but Spike Lee’s documentary I am glad to say just focuses, like Thriller Live, on the music. It reminds us what a talent Michael Jackson was, and it shows us that hard work is one of the most important keys to whatever we want to achieve in life.

The documentary reminded me once again, what a great entertainer Michael was, how lucky I was to have known him, and how nobody should ever rest on their laurels, because there’s always more you can do.

In the words of MJ, “Don’t Stop Til’ You Get Enough!”


Thriller Live is currently is booking until the 4th September 2017 at The Lyric Theatre, London West End.

Source: THE METROPOLIST
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ