レビュー:Michael Jackson's Journey From Motown to Off the Wall(RogerEbert.com)

「マイケルは私が会った中では最もピュアな才能の持ち主だったかもしれません。彼には失敗する能力というものがないのです」-「The Wiz」でのマイケル・ジャクソンについて、監督シドニー・ルメット

マイケル・ジャクソンは、その異次元の才能を携え、魂に訴えるパフォーマーとしては常に最高であった。ジェームス・ブラウンやジュディ・ガーランド、ジャッキー・ウィルソンその他、ごく少数のしびれるようなライブ・パフォーマーたちの中にあって、ジャクソンのステージでのペルソナとパフォーマンスの力はビッグバンと似ていた。つまり、膨張に終わりがないのだ。人々は彼に個人的に反応し、そして、彼のスタートがとても幼かったため、一つの世代は彼と共に成長し、彼と同じ心境を持ち、彼の変化を畏敬の念を持って見ていた。スパイク・リーのドキュメンタリー「Michael Jackson’s Journey From Motown to Off the Wall」は、タイトルそのままに感情的だ。ドキュメンタリーの中でインタビューを受けているコービー・ブライアントはこう言っている。「人はたやすく横道にそれるものさ。みんな彼の肌の色についてとやかく言う。この人の本質や背景には注目しないんだ」。マイケル・ジャクソンの生涯を覆うタブロイドの狂乱を避け、彼の早すぎる死については触れられないことから、このドキュメンタリーは歓迎すべき矯正であり、誤りを正しつつ讃えるという積極果敢な試みである。「横道」にはそれないのである。マイケル・ジャクソンの作品と、彼が作品にどのように取り組んでいたか、ということについてのドキュメンタリーだ。1979年のアルバム「Off The Wall」の、おそらくは最も楽しい全曲解説だ。知らなければ先週リリースされたものかと思うほど、今でもラジオでオンエアされている。

ドキュメンタリーの骨格はジャクソンの生涯の初期(モータウンでジャクソン・ファイヴとして一歩を踏み出し、エピックへ飛躍し、ソロ・スターへと漕ぎ出すマイケル、そして『Off The Wall』での頂点へ)を示すことである。彼とともに育った世代にはよく知られたことかもしれないが、スパイク・リーは新しい世代に伝わる形で提示している。もしマイケル・ジャクソンと同じくらいビッグな、重要な・・・・(知れば知るほどそれはあり得ないが)・・・アーティストがいるとすれば、そのアートが達成したことの理解を伝えるということは必要不可欠なことである(特に、彼のことをタブロイドに載っているサングラスの変な男としてしか知らない子供たちに伝えることは重要だ)。スパイク・リーが、「彼がやったことを見たか?彼が後続のためにどれほどのスペースを作ったか見たか?あなたのためのスペースをだよ?それを讃えるんだ」と言うような映画が必要なのである。

フォーマットとしては、このドキュメンタリーは極めて標準的だ。コンサートやアニメーションやインタビューなどの過去の映像、美しい写真、それにたくさんのインタビューである。クインシー・ジョーンズ、モータウンのベリー・ゴーディ、フィラデルフィアのソウル・プロデューサー、ギャンブルとハフ、エピックのロン・アレクセンバーグ、マーロン・ジャクソンとジャッキー・ジャクソンらが、世界現象としてのジャクソン・ファイヴの大ブレークの背景を、モータウン時代とエピック時代それぞれについて語ってくれる。

ジャクソンの共同作業者というプロフェッショナルたちの記憶と対をなすのはマイケル・ジャクソンにインスパイアされた人々の声であり、スパイク・リー自身もそれに含まれている。リー・ダニエルズ(「彼は僕が望んだ全て」)、デヴィッド・バーン、マーク・ロンソン、ロージー・ペレス、ジョン・レグイザモ、クェストラブ、ミスティ・コープランド、コービー・ブライアント、ファレル、ジョン・レジェンド・・・・自分にとってマイケル・ジャクソンが意味するところ、自分の仕事をさらによいものとするためにより挑戦し、よりハードに仕事をする後押しをマイケルがいかにしていたか、という思いを彼らが語る。

このような証言のコーラスを聞くと、一つの違うストーリーが浮かび上がってくる。才能というのは一つだ。マイケル・ジャクソンは明らかに才能があった。だが彼は、単に歌い方動き方を知っているだけの原石的天才というわけではなかった。子供の時にすでに彼は仕事に対し(そして周囲のモータウンの巨人たちに)好奇心と、そして彼らから学ぼうという貪欲な欲望をもって接していたのである。彼自身が、成功するカギは「聞くこと」だと語っている。このドキュメンタリーは歌と同様にダンスについても讃えている。ジャクソンは奇跡のダンサーだ。ニコラス・ブラザーズやフレッド・アステア、ジーン・ケリー、サミー・デイヴィス・Jrが大好きで、一度見ただけで彼らのルーティーンを完璧にマネすることができた。彼のダンススタイルとなったものは、文化の中にその長いルーツを持ち、彼のムーヴはアメリカのダンスの歴史全体を包括するものなのである。

ドキュメンタリーの中でもっとも楽しいセクションは、"フック"、リズムセクション、ホーン、ギターなど、「Off The Wall」各曲の徹底分析だ。アルバムに参加したミュージシャンたちがその様子を回想し、現代のミュージシャンたちは、この独特のサウンドが自分の作品に及ぼしたインパクトを語る。このドキュメンタリーを見て、そしてアルバムを通して聴き終わった瞬間は、とてもリッチで、かつ得るところがあるものであった。私はマイケル・ジャクソンと同世代である。アルバムは全て持っている。ドキュメンタリーやコンサート、ミュージック・ビデオ、テレビ出演、第45回アカデミー賞での14歳の彼の「Ben」のパフォーマンス。こうしたものを見ると、使い古された言い回しに聞こえるかもしれないが、彼を失ってどれほどのものを私たち失ったのかよくわかる。

このドキュメンタリーでクリスタルのごとくクリアとなったマイケル・ジャクソンのキャリアのほかの要素として、マイケル・ジャクソンに才能があることを知っていた音楽業界の人間でさえ、彼がこれほどビッグになるとは予想できなかったという事実がある。かわいい子供スターたちのどれほどが、マイケル・ジャクソンのような巨大な大人のスターになるだろうか。そんなこと誰が想像できたか。ジャクソン・ファイヴに対する認知は、彼らは大成功したが、「パッケージ化された」商品であり、商業活動だというものだった。エピックの人間の多くは彼らをエピックに迎えたいとは思っていなかった。今では馬鹿げているように聞こえるが、彼らの代理人は戦わなければならなかったのだ。

自分のやっていることを愛しているアーティストというのはどんな風に見えるのか。マイケル・ジャクソンのキャリアというのはその好例である。高いハードルではあるが、そうであるべきだ。自分の作品に対しそういう接し方をしなければ、なぜそんなことをするのか。これは本ドキュメンタリーで何度も提示されるし、おそらく最も心を込めた部分であろう。今日のミュージック・スターたちがどれほど自分のやっていることが好きであると、ましてや愛していると言えるだろうか。このドキュメンタリーは、マイケル・ジャクソンがテーブルに乗せたものは何だったのか、それを再認識させる重要なドキュメンタリーである。それは才能ではなく、愛だったのである。マイケル・ジャクソンを見るオーディエンスはそれを感じている。彼の音楽を聴けばそれを感じている。ロージー・ロペスがインタビューで涙を浮かべる理由はそれだ。彼女の人生にどれほどの喜びを彼がもたらしてくれたか。その「感謝の気持ち」を語るシーンだ。私たちの注がれる、見事に調査され、美しく紡がれた祝辞のコーラス。スパイク・リーのドキュメンタリーの本質は愛に基づく行為なのである。

mj103.jpeg ■Michael Jackson’s Journey From Motown to Off the Wall

"Michael may be the purest talent I've ever seen. He's incapable of a false moment."
- Director Sidney Lumet, on Michael Jackson in "The Wiz."

Michael Jackson, along with his almost otherworldly talent, was always one of the most emotional performers. In the pantheon with James Brown, Judy Garland, Jackie Wilson, and a handful of other electric live performers, Jackson's onstage persona and performing ability was akin to the Big Bang, there was no end to the expansion. People responded to him personally, and, because he started out so young, a generation grew up with him, identified with him, watched in awe at his transformations. Spike Lee's documentary "Michael Jackson’s Journey From Motown to Off the Wall," premiering on February 5th on Showtime, is as emotional as its subject matter. Kobe Bryant, interviewed in the documentary, says at one point, "It's easy for people to get sidetracked. They talk about his complexion. They don't focus on what this man was, and how he was that." What with the tabloid frenzy of Michael Jackson's life, not to mention his early death, Lee's documentary is a welcome corrective as well as an almost aggressive act of redress and celebration. It does not get "sidetracked." It's about Michael Jackson's work, and how he worked. Maybe most pleasingly, it's a track-by-track history lesson of Jackson's 1979 album "Off the Wall," an album that still gets so much radio play today that if you didn't know better you might think it was released last weekend.

The plot points of Jackson's early life (the rise of the Jackson 5 on Motown, their jump to Epic, Michael emerging as the solo star, culminating in Off the Wall) may be well-known to those who grew up in that era but Lee presents it in a way that passes the information on to a new generation. When there is an artist as big as Michael Jackson was, as important, as ... improbable, really (and it's more improbable the more you learn), it's essential that an understanding of the achievement of that art is passed on (especially to kids who may only know him as the weird man in sunglasses on the cover of every tabloid). A film like Lee's says: "See what he did? See how much space he created for others? For you? Honor that."

Format-wise, the documentary is pretty standard: fun archival footage of concerts and cartoons and interviews, beautiful still photographs, and lots of interview subjects. Quincy Jones, Motown's Berry Gordy, Philadelphia soul producers Gamble and Huff, Ron Alexenburg at Epic, Marlon and Jackie Jackson, all provide background for the Motown years, the Epic years, for the explosion of the Jackson 5 as a worldwide phenomenon.

Counterpointed against the professional memories of Jackson's colleagues, are the voices of those inspired by Michael Jackson, including Lee himself. Lee Daniels ("He's everything I aspired to be"), David Byrne, Mark Ronson, Rosie Perez, John Leguizamo, Questlove, Misty Copeland, Kobe Bryant, Pharrell, John Legend ... all weigh in with memories of what he meant to them, how he pushed them to be better in their own work, try harder, work harder.

What happens as you listen to the chorus of voices is that a different kind of story starts to emerge. Talent is one thing. Michael Jackson obviously had that. But he was not just a raw genius who knew how to sing and move. Even as a child, he approached his work (and the Motown giants around him) with curiosity, inquisitiveness, and an insatiable desire to learn from them. He himself said that the key to success was "listening." The documentary pays tribute to his dancing as well as his singing. Jackson was a prodigy dancer, obsessed with The Nicholas Brothers, Fred Astaire, Gene Kelly, Sammy Davis, Jr., able to replicate their routines perfectly after watching them only once. What became his recognizable dance style had long roots in the culture, and his moves incorporated the whole history of American dance.

One of the most gratifying sections of the documentary is the in-depth "Off the Wall" discussion, song by song by song: the "hooks," the rhythm sections, the horns, the guitars. Musicians reminisce about playing on that album, and contemporary musicians talk about the impact that this or that specific sound had on their own work. It's so rich and so informative that the moment I finished watching the documentary I listened to the album front to back. I grew up with Michael Jackson. I have all the albums. It may sound trite, but watching all of the footage in the documentary, the concerts, music videos, television appearances, his beautifully simple performance of "Ben" at the 45th Academy Awards, at age 14, drives home just how much we lost when we lost him.

The other element of Michael Jackson's career that becomes crystal clear in the documentary is the fact that nobody—not even music industry people who thought Michael Jackson was talented—could perceive just how big he was going to get. How many cute child-stars go on to become as huge an adult star as Michael Jackson? Who could even envision something like that? The perception of the Jackson 5 was that they were very successful, but they were a "packaged" commodity, a novelty act. A lot of the people at Epic didn't want them on the label. Campaigns on their behalf had to be fought all along the way, as insane as that sounds now.

Michael Jackson's career is a powerful example of what it looks like when an artist loves what he does. It's a high bar, but that's as it should be. If you don't approach your work like that as an artist, why do it? It's a concept brought up again and again in the documentary, perhaps its most emotional component. How many music stars today barely seem to like what they're doing, let alone love it? The documentary is a reminder, and an important one, about what Michael Jackson brought to the table, and it was more than talent, it was love. That is what audiences felt when they watched Michael Jackson, and when they listened to his songs. It's why Rosie Perez almost tears up in her interview, talking about her sense of "thankfulness" to him because of how much joy he brought to her life. Exquisitely researched, beautifully put together, with that celebratory knowledgeable chorus of voices pouring over us, what Spike Lee's documentary really is is an act of love.

Source: RogerEbert.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ