フリードマン:スパイク・リーのドキュメンタリー ジャクソンズから去ったことについて、MJには罪悪感はなかったことが明らかに

スパイク・リーのドキュメンタリー「Michael Jackson’s Journey from Motown to Off the Wall」はShowtimeで2月5日にオンエアされる。必見である(注:本記事は1/21付)。スパイクからマイケルへのこの贈り物は、「Thriller」以前、そして後の狂乱の中での音楽の天才としてのマイケルを完璧に再興するものである。

ここでのマイケル・ジャクソンはチンパンジーやネバーランド、そして結局は彼を疲弊させることとなった風変わりな数々の以前の彼である。率直なところ、スパイクのこのドキュメンタリーを見て、「Thriller」と「Bad」の成功がモンスターを作り上げたのだとこれまで以上に確信した。キング・オブ・ポップになるには過ぎたことだったのだ。だがそれを論ずるには別の作品がある。

このドキュメンタリーは、ジャクソン・ファイヴについてのストーリーは手短に済ませ、その後、グループがエピック・レコード移籍のためにモータウンを離れ、マイケルがソロ活動へ独立する過程を探る。兄弟たちへのインタビューはマーロンとジャッキーの2人だけだ(そして2人は雄弁であり、勝ち組である)。キャサリン&ジョセフ・ジャクソン夫妻へのインタビュー加え、サミー・デイヴィス・Jrやフレッド・アステア、ジーン・ケリーらのアーカイブ映像も登場する。



マイケルの第二の人生を立ち上げたソロ・アルバム「Off The Wall」のプロデューサーとして、クインシー・ジョーンズはもちろん大きな役割を果たしている。後半は「Off The Wall」のメイキングに費やされ、そのルーツについてスパイクは細かく見ていく。マイケルはジャクソンズの最後のヒット曲「Shake Your Body」を書き、フィラデルフィアのギャンブル&ハフと仕事をしている。

ベリー・ゴーディやスザンヌ・ド・パッシーを初めとするたくさんのインタビューが登場する。スティーヴィー・ワンダーは「I Can’t Help It」を書いた時の話をしている(グラディス・ナイトがここに入っていればと思う。彼女がジャクソン・ファイヴを見出したのだ。フランク・ディレオへの言及も一切ない)。だが、マイケルと仕事をした多くの人々が登場する。エンジニアのブルース・スウェディーン、ミュージシャンたち、そして現在のスターであるクェストラブやジョン・レジェンド、ファレルらである。

70年代後半から「Thriller」直前までのマイケルの映像やインタビューも注目である。整形手術は鼻だけかもしれない。肌の色はまだ黒く、白くなる兆候はない。マイケルの目は澄んでおり、彼が音楽とキャリアで挑戦しようとしていることについて明確に話している。彼はまだ世界とつながっている。マニアはまだやって来ていない。

視聴者を吹き飛ばすシーンもある。一つはマイケルの弁護士の一人、カレン・ラングフォードだ。1979年の手書きのメモを読み上げる。世界を目指したかつてのジャクソン・ファイヴではなく、MJという新たなアーティストになるつもりだと宣言する内容だ。さらには、後にマイケルの財政とキャリアを混乱させたマイケルの弟ランディ・ジャクソンが、一流のパーカッショニストとして楽しんでいる様子が映し出される。

だが、エンディングに向けて、インタビュアーのシルヴィア・チェイス対して語るマイケルを視聴者は見ることになる。彼は兄弟たちから去ることについて罪悪感はなかったのだ。自らの運命として見定めているものを遂行するために先に進むのだと彼は明言しているのである。彼は明らかに天才である。そして、はるかに超えた・・彼が言うように、「私は帰って来て欲しい(I Want You Back)」のだ。そこからトラブルは始まった。

しかしながらこのことについては他の作品に任せよう。この作品は、ダメージの日々を回復し、成長中の光り輝く若きエンタテイナーとしてマイケル・ジャクソンを提示しているのである。

■Spike Lee’s Michael Jackson Doc Uncovers 1980 Interview: No Guilt About Leaving Brothers Behind

Spike Lee’s documentary, “Michael Jackson’s Journey from Motown to Off the Wall” airs February 5th on Showtime and you must not miss it. Spike’s gift to Michael is a complete rehabilitation as a musical genius pre “Thriller” and the later drift into madness.

This Michael Jackson is before chimps and Neverland and all the eccentricities that eventually consumed him. Frankly, after watching Spike’s movie, I am more convinced than ever that the combined successes of “Thriller” and “Bad” created a monster. It was too much for Michael Jackson to be the King of Pop. But that’s for another movie.

This movie tells the story quickly of the Jackson 5, but then explores how the group left Motown for Epic Records, and how Michael spun off as a solo act. Only two of his siblings, Marlon and Jackie, are interviewed (and they are very articulate and winning). There are interviews with Katherine and Joseph Jackson, archival footage of Sammy Davis Jr, Fred Astaire, and Gene Kelly.

Quincy Jones plays a huge part, of course, as producer of “Off the Wall,” the solo album that launched Michael’s second life. The whole second part of the film is devoted to the making of “Off the Wall” once Spike very smartly details its roots– Michael writing those last Jacksons hits like “Shake Your Body” and working with Gamble and Huff in Philadelphia.

The huge number of people interviewed includes Berry Gordy and Suzanne dePasse, to start. Stevie Wonder shows how he wrote “I Can’t Help It.” (I wish Gladys Knight had been included; she found the Jackson 5. Also missing is any reference to Frank DiLeo.) But then you’ve got all the people who worked with Michael like engineer Bruce Swedien, many of the musicians, plus lots of current stars like Questlove, John Legend and Pharrell.

The film is notable for its archival footage and interviews with Michael from the late 70s through just before “Thriller.” The plastic surgery is maybe just the nose. The skin color is still black, no sign of bleaching. Michael is clear-eyed and quite articulate himself about what he’s trying to do with his music and his career. He’s still a whole person attached to the world. The mania is yet to come.

There are moments that will blow you away. One is Karen Langford, one of Michael’s lawyers, reading a handwritten 1979 note from Michael declaring his intention to become a new artist named “MJ” with no Jackson 5 past intent on ruling the world. Another is seeing Randy Jackson, Michael’s brother who later become embroiled in his finances and career, rocking out as a major percussionist.

But you do see Michael, toward the end, telling interviewer Sylvia Chase that he had no guilt about his leaving his brothers behind. He is quite definite that he’s going to move forward to fulfill what he sees as his destiny. He’s clearly a genius, and way beyond — as he says — “I Want You Back.” And that’s where the trouble began.

But that’s for another film. This film undoes years of damage, and presents Michael Jackson as a brilliant young entertainer in the making. Great work.

Source: Showbiz411.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ