レビュー:Michael Jackson's Journey From Motown to Off the Wall(LAタイムズ)

la-et-st-jackson-doc-review-20160204-002.jpg

スパイク・リーの「Michael Jackson's Journey From Motown to Off the Wall」は、分かりやすくとか正確にということは困難なのだろう。これは、子供スターでプレティーンのアイドルが、ジャクソン・ファイヴからジャクソンズを経て、世界を征服したソロ・アーティスト、マイケルその人へとなっていく過程の物語である。

どのアーティストも少なくとも二つの人格からできている。結びついているようで別々である。すなわち、アートを創る人格とそれ以外のことをする人格である。それらを混同することはありえない。そして私たちは、アート面の人生について読むことを好む。そのアートでアーティストの人生を美しく飾りがちである。だが時として、人生とはかかわりなく、あるいは何の関係もなく生み出されるアートというものも存在する。

マイケル・ジャクソンは、その両方が混とんとなった子供であり、そして混とんとなった大人になったのかもしれない。しかしまた、彼は自分自身を知り、技能をいうものについて多くを考え、質問し、プランを立てるアーティストでもあった。

スパイク・リーはマイケル・ジャクソンについての、アーティストについての、音楽を作るだではなく世界を征服することに突き動かされた一人の人間についてのドキュメンタリーを作った。ここで心配されるような理由からではない。「僕は全く新しいキャラクターというものを手に入れたいんだ」と彼は1979年に書いている。ソロ・キャリアが正式に始まる直前、きょうだいたちとのツアーの最中でのことである。「僕は全く違う人間になる必要がある。人々は僕のことを、『ABC』や『I Want You Back』を歌った子供とは思わないのが理想だね・・・・僕は素晴らしい俳優になるべきだし、シンガーやダンサーになるべきだ。世界を驚かせるような。僕はこれからはインタビューは受けない。僕はマジックになる」。

『I Want You Back』を歌ったあの子・・・歌っていたのが11歳だったこと、バブルガム・ミュージックではなく大人の曲だったという事実にもかかわらずこの曲は私の中では今でも史上最高のシングルの候補である・・・は、もちろんここにいる。

私たちは彼(と影が薄かったきょうだいたち)を追う。インディアナ州ゲーリーからデトロイトのモータウン(ヒッツヴィルUSAと言われた)まで。彼は工場のようなその場所を用もないのにうろついていた。「舞台袖に座って学んでいたんだ・・・食べつくしたんだよ」。

そしてモータウンからエピック・レコードへ。ここではジャクソン・ファイヴ改めジャクソンズが、製作面での自立を模索した。

それは上昇軌道ばかりではなかった。すなわち、山と谷があったのだ。大人への移行の不安定さ、新しいレコード会社での歌い方に対する混乱、そしてマイケルが「自分の仕事が信じられず『本当に?本当に?』を繰り返す」と評する人々の難しさ。

また一方では、「ABC」から「Dancing Machine」、「Shake Your Body (Down to the Ground)」の未来へ向けたスリリングなドライブでもあった。マイケルと弟のランディが書いたこの曲は、「Off The Wall」からの喜びに満ちた第一曲目でありファーストシングルでもあるマイケル単独作「Don't Stop 'Til You Get Enough」へと不可避的につながっているように思われる、ジャクソンズ・トラックである。この曲や同じアルバムのその他の自作曲(「Working Day and Night」、ベーシストのルイス・ジョンソンとの共作「Get on the Floor」)とともに、あたかもある種の宣言、そしてこのようにして作っているのだと表明しているかのようだ。

曲を構成要素にまで噛み砕くことができるミュージシャンやプロデューサー、ソングライター(裏方もいれば、レコードを買っていただけの子供たちもいる)らを映像に取り入れることにより、スパイク・リーは彼なりの讃え方をスマートに、かつ湿っぽくならずに保っている。彼は見るものを興奮させ、その瞬間を感じさせ、何が新しかったのかに目を向けさせ、何が重要であったのかを見せてくれる。マイケル自身が父親からの虐待について語っているものの、ここでは触れられていない。スパイク・リーは心理学よりも芸術性に関心があるのだ。何がその傷をつけたのかよりも、その傷が何を作ったかの方に関心があるのである。

そしてこれは、その後続くおよそ30年のほんの断片だ。「Off The Wall」は1979年の8月、ジャクソンの21歳の誕生日の数日前にリリースされた。

スパイク・リーの作品は、こうであったかもしれない別の歴史、全く違ったものとなりえた人生の基礎となるべきものかもしれない。

見終えた後の心には、外見の変化ともタブロイドの糾弾とも薬物中毒とも無縁のマイケルが残るだろう。

ここには将来のことは出てこない。歌とダンス以外ではまだ知られていない一人の人物だ。「Thriller」ですら出てこない。後年の、複雑さと勝利の数々はこの作品にはなじまない。ただ、あなたを揺さぶりたい(rock with you)、それだけなのである。

■Review Spike Lee's 'Michael Jackson's Journey From Motown to Off the Wall' really shakes it down

The title of Spike Lee's "Michael Jackson's Journey From Motown to Off the Wall," an exhilarating new documentary premiering Friday on Showtime, could not be any plainer or more accurate. It's the story of how a child prodigy and pre-teen idol became a world-conquering solo artist, from the Jackson 5, to the Jacksons, to the man who was Michael.

Every artist is at least two people, intertwined yet also separate — the person who makes the art and the person who does everything else. It's impossible not to confuse them, and we like to read the life in the art, just as we tend to let the art glorify the life; but sometimes the art is made in spite of the life, or made without regard to it.

Michael Jackson may have been a mixed-up kid who became a mixed-up adult, but he was also an artist who knew his stuff, who thought a lot about craft, asked questions, made plans.

Lee has made a documentary about that Michael Jackson, the artist, a person driven, for reasons not worried over here, not only to make music but also to conquer the world. "I want a whole new character," he wrote in 1979, while on tour with his brothers, just before his solo career properly began. "I should be a totally different person. People should never think of me as the kid who sang, 'ABC,' 'I Want You Back.'…. I should be a new incredible actor, singer, dancer that will shock the world; I will do no interviews; I will be magic."

That kid who sang "I Want You Back" — still my candidate for greatest single of all time, and notwithstanding the fact that the singer was 11 and that it was a grown-up song, not a bubble-gum novelty — is here too, of course.

We follow him (and his overshadowed brothers) from Gary, Ind., to Detroit — Motown, Hitsville U.S.A. — where he hung around the factory floor, "just sitting in the wings and learning — I ate that up."

And from Motown to Epic Records, where the Jackson 5, now the Jacksons, went in search of creative self-determination.

It wasn't a perfectly upward trajectory; there were peaks and valleys — the rocky transition into adulthood, uncertainty about their signing at their new record company, the difficulty of, as Michael says here, "people not believing in your work, saying, 'Are you sure? Are you sure?'"

And yet, it's a pretty thrilling drive toward the future, from "ABC" to "Dancing Machine" to "Shake Your Body (Down to the Ground)," written by Michael and his younger brother Randy, a Jacksons track that seems to lead ineluctably to Michael's wholly owned "Don't Stop 'Til You Get Enough," the joyous first track and single from "Off the Wall." Taken with his other compositions on that album — "Working Day and Night," and "Get on the Floor," written with bassist Louis Johnson — it sounds like a manifesto and a working method.

Lee has assembled his film out of interviews now and archival, well-chosen photos and rare footage, musical clips from "Soul Train" and "American Bandstand," and a wealth of onstage performances.

By loading his film with musicians and producers and songwriters who can take a song down to its components — some of whom were behind the scenes, some of whom were then just kids buying the records — Lee keeps his celebration smart and not soppy. He gets you excited, makes you feel the moment, see what was new in it, why it mattered. Though Michael himself spoke of his father's abusiveness, it's not gone into here; Lee is less concerned with the psychology than the artistry, with what caused the scars than the patterns they made.

And this is a slice of a life that went on for an additional three decades: "Off the Wall" was released in August 1979, a couple of weeks before Jackson's 21st birthday.

Lee's film might be the foundation for an alternative history, a life in which things could have turned out differently.

It leaves you with a Michael as yet free from cosmetic alterations, tabloid accusations, chemical addictions.

There are no flash-forwards to that other, future person, a person all but unrecognizable except in his singing and dancing; there is not even "Thriller." Those years, those complications and triumphs are not for this piece. It just wants to rock with you.

Source: latimes.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ