Twitterより #MJOTW2016

ボーカルとしては、彼は飛び跳ねるような、そして弾むようなボーカルです。誰かが教えられるようなものではありません・・・彼はこのことを知っていた。そしてここまで来たのです。DNAの中にそれはあったのです」-バレリー・シンプソン

「マイケルが学んだのは、偉大になるということ。トップにならなければならない。仕事をしなければならない、ということなんです」 - ジョー・ボーゲル

「彼はいつも、人生を決める場面にいた」 - ジョン・レグイザモ

「見てみると・・・僕がちょこちょこ出てくるね。でも彼はそれを拡張した。変更した。色をつけた。彼自身のものとなるまでね」 - サミー・デイヴィス・Jr.

「彼は僕のあらゆることにインパクトを与えた。間違いない。彼はコート上のゲームの進め方にも影響を与えた。今でも、そして学び方にいたるまで、彼は僕にインパクトを与えたんだ」 - コービー・ブライアント

「音楽には色はないし、また持つべきではないんだ」 - マイケル・ジャクソン

「彼は音楽によって突き動かされている。彼は音楽というものを愛している」 - ケニー・ギャンブル

「『Off The Wall』の良さを知ろうと思ったら、まず最初にしばらくの間、音楽だということを忘れよう。そしてその音を、サウンドについてのみ話をしよう。このアルバムの音は、今現在のどのアルバムにも対抗できる。以上」 - ロドニー・ジャーキンス

「『Off The Wall』は間違いなく、僕も歌えるかもと感じさせてくれたやつさ」 - ザ・ウィークエンド

「彼が書いている最中にリズムに乗っている時、それは本当にキャッチーでリズミカルなダンス・ソングだといってもいいだろうね」 - ジョン・レジェンド

「僕は完全というものを深く信じているんだ。僕は決して満足しない」 - マイケル・ジャクソン

「悪魔の声のようなものが聞こえるあのイントロ、あれをもう一度聞くことになる。そう、『Thriller』だね」 - ジェイソン・キング

「誰だって、『She's Out Of My Life』といえばエディ・マーフィだろ?80年代に育ったら誰だってそうさ。最初に『Delirious』を見たんだから・・・」 - レモン・アンダーセン

「僕はこのアルバムを本当に信頼している。そもそも、僕はマイケル・ジャクソンを信頼しているよ」 - スティーヴィー・ワンダー

「彼は黒人音楽をある場所へ引き上げた。そこで黒人音楽は人間の音楽になったのさ」-ファレル

「僕は信じているし、感じている。僕はある理由のためにここにいる。それが僕の仕事。人々のためにパフォーマンスすることがね」 - マイケル・ジャクソン

「『Off The Wall』は永遠さ。あれは1979年だったけど、このレコードにとっては始まりに過ぎなかったんだ」 - ロドニー・ジャーキンス

「マイケル・ジャクソン、そう、彼は偉大なエンタテイナーだった。偉大なダンサーだった。そして偉大なシンガーだった。良いシンガーではない。偉大なシンガーだった」 - LA・リード

ソース:Michael Jackson's official twitter
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ