「Scream」 ジミー・ジャムへのインタビュー

偉大なプロデューサーというのは偉大な翼のようなものだ。偉大なプロデューサーはあなたの最も良いところを際立たせ、人があなたを気に入るようにしてくれる。必要であればお世辞を言い、必要でないならば真実を言う。そしてこの即席のたとえ話を真実だと私たちが思うならば、ジミー・ジャムとテリー・ルイスは世界最高のサポートチームを編成するだろう。

伝説のソングライター&プロデュース・デュオの顧客名簿はさながらグラミー賞の紳士録だ。30年あまりの活動期間中、彼らは、ジャネット・ジャクソンやマイケル・ジャクソン、プリンス、ルーサー・ヴァンドロス、アッシャー、ビヨンセ、マライア・キャリー、シャギー、グウェン・ステファニー、TLC、カニエ・ウェストらと仕事をしてきた。基本的に、こうしたアーティストたちは、PC Musicの音楽を楽しむフリにうんざりし、心地よいクラシックが聴きたくなってくるホームパーティの朝6時にかけるような音楽だ。彼らは5iveとも仕事をしたことがあるとはいえ、それについてはあまり言わない方がよいだろう。

それはともかく、ジャムとルイスは最近ジャネット・ジャクソンと仕事に戻り、アルバム「Unbreakable」のレコーディングを行った。そこで私たちはジミー・ジャムに話を聞き、これまで手掛けた最高に忘れえぬ作品について語ってもらった。それは、彼の黄金の指が触れたものの幅の広さゆえに「基本に不可能」と彼に言わせるような作業だった。ともあれ、彼がこの作業に挑戦し、そして以下のような話を聞くことができた。

ジャネット・ジャクソンとマイケル・ジャクソン、「Scream」(1995年)

ジミー:マイケルは僕たちにジャネットと曲をやりたいとずっと言っていたんだ。だからジャネットがスタジオにやってきて、みんなでアイディアを5、6個準備したんだ。マイケルに選んでもらうようにね。そのうちの一つが「Scream」になったのさ。

あの日、マイケルがスタジオにやって来た。とても静かで、バングルやジュエリーを山ほど身につけ、ハードシューズを履いていたよ。どれも、スタジオにはもちこまないようなものばかりだったね。彼は内気な感じでとても静かで、「続けてよ、頭から流して」と言ったんだ(ジミーはマイケルの声をパーフェクトに真似てこういった)。彼はいきなりタスマニア・デビルに変身したかのようにスタジオ中で踊り、手をたたき、足を踏みならしたんだ。普通なら、「ヘイ、マイクの前に立ってくれよ」と言うところだね。でも僕らは、「君が好きなようにしているのを見ているから」という感じだったよ。ジャネットはこの日彼女のボーカルをレコーディングすることになっていたんだけど、この状況を見て僕らの方を向いてこう言ったよ。「私のボーカルはミネアポリスでやるわ」って。

そんなことはそれまで一度も見たことはなかったよ。そしてそれ以降も一度も見ていない。僕は素晴らしくて感動的なスタジオ作業を長い間経験してきたけど、その日のニューヨークは大地震だったね。それがマイケルさ。マイケルの力だよ。彼はリサ・マリー・プレスリーと結婚したてだった。僕らは彼女に、2人がどうして惹かれ合ったのかと聞いたんだ。ショービジネスの世界にいて有名な家族の出身だという共通点以外で。彼女によると、マイケルは彼女がそれまで会った誰よりも優しいということだったよ。それには本当に感動したな。だって僕が彼に対して思っていたことと全く同じだったから。

■FROM USHER TO "SCREAM": WE SPOKE TO JIMMY JAM ABOUT THE GREATEST SHIT HE'S EVER MADE

A great producer is like a really great wing buddy: They accentuate all your best points and they make other people love you. They’ll pay you compliments when you need them, and the truth when you don’t. And if we take this hastily-constructed analogy as gospel, then Jimmy Jam and Terry Lewis would truly make the world’s greatest wingmen. They could get you laid at a Toploader gig.

The legendary songwriting and production duo’s roll call reads like who’s who of Grammy-brandishing alumni, and in their 30-plus years in the game they’ve worked with (amongst others): Janet Jackson, Michael Jackson, Prince, Luther Vandross, Usher, Beyonce, Mariah Carey, Shaggy, Gwen Stefani, TLC, and Kanye West. Basically, all the artists you bang on at 6 AM at a house party once everyone is too tired and too fucked to keep pretending that they truly enjoy PC Music, and everyone just wants soothing classics. Hell, they even worked with 5ive once, but the less said about that the better.

Anyway, Jam and Lewis recently went back into the studio with Janet Jackson to record her Unbreakable record, so we got to sit down for an hour with Jimmy Jam himself to chat about some of the most memorable shit he’s ever contributed to; a task that, due to the breadth of what his golden fingers have touched, he says is “basically impossible.” Still, he tried, and this is what came out of it.

JANET JACKSON AND MICHAEL JACKSON - "SCREAM" (1995)

Jimmy: Michael had told us he wanted to do a song with Janet, so she came to the studio and we came up with five or six ideas to take to him, one of which would become "Scream."

Michael comes into the studio that day very quietly, wearing a bunch of bangles, jewelry and hard shoes – all the things you’re not supposed to have in a studio. He's all timid, very quiet, and says [Jimmy affects a perfect Michael voice], “Go ahead, play it from the top.” Straight away he turned into some sort of Tasmanian devil; dancing all around the studio, clapping, snapping, stomping his feet. Normally you’d say something like, “Hey, you gotta stay on the mic.” But we were just were like, “We’re just gonna watch this while you do your thing.” Janet—who was supposed to be recording her vocal the same day—saw this, turned to me and said, “Erm, I think I’ll do my vocal down in Minneapolis.”

I’d never seen anything like it before. I’ve never seen anything like it since. Over the years I’ve had some wonderful and moving studio experiences, but there was an earthquake in New York that day, and it was Michael. The force of Michael. He had just got married to Lisa-Marie Presley at that point. We asked her what brought them together, besides the fact they had showbiz in common, famous families and everything. She said he was the kindest person she’d ever met. That really struck me because that’s exactly what I thought about him too.

Source: noisey.vice.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ