レビュー:Michael Jackson's Journey from Motown to Off the Wall

スパイク・リーが語るのは、スーパースターのソロ・アーティストとしてのジャクソンのステータスを確固たるものとし、その後の「Thriller」による大ブレークへと導いたランドマークとなる1979年のアルバム「Off The Wall」である。

「Don't Stop 'Til You Get Enough」の最初の数小節は、20世紀のポップ・ミュージックにおける最も象徴的なサウンドの一つだ・・・もったいぶるようなイントロのビート、ささやくようなスターウォーズ風の歌詞("The force, it's got a lot of power") 、そして「Woooh!」というファルセットが、ついつられてしまいそうな渾然一体となったホーンとパーカッションのファンクの栓を抜く。スパイク・リーは、「Michael Jackson's Journey from Motown to Off the Wall」によって、もはや古典となったこれらの曲を私たちが最初に聴いたころに連れ戻す。このドキュメンタリーは、後年タブロイドによって不当にその天賦の才を曇らされてしまった一人の創造的アーティストのレガシーを回復しようとするスパイク・リーの称賛に値する試みの一つである。

本ドキュメンタリーは、サンダンス映画祭でのプレミアの後、Showtimeで2月5日にオンエアが開始される。モータウンで育った世代のファンたち、そしてCBSレコードへ移籍しアーティストとしての頂点の時代を見て育った世代のファンたちは虜になるだろうことは間違いない。また、2012年に同じくスパイク・リーが製作した、ジャクソンのアルバム「BAD」の25周年を記念した「BAD25」と同じように楽しめる姉妹編という側面もある。

ジャクソンに対するスパイク・リーの興味は彼の音楽を評価することを越え、彼がブラック・カルチャーにおける重要人物で、多くの黒人アーティストたちと主流の間にある隔たりに橋をかけたのだということを確認するというところに至っている。「Off The Wall」が最初の1年で600万枚を売り上げていたにもかかわらず、音楽業界には当時依然として暗黙のうちに人種差別が存在し、ジャクソンの数々の受賞はブラックR&Bというカテゴリーに限られていたということを驚きをもって改めて思い知らされた。

スパイク・リーのアプローチは印象的だ。彼は、仲間であるアーティストやプロデューサー、ソングライター、エンジニア、アレンジャーらに加え、ジャクソン家のメンバー(両親と2人のきょうだい)、モータウンのボス、ベリー・ゴーディと対話しており、偉大なポップソングがどのように作られるのかということに対する鮮やかな洞察がいたるところで語られる。クエストラブやマーク・ロンソン、ケニー・ギャンブルとレオン・ハフらの鋭いコメントもあり、また、多くの当代のアーティストたちがジャクソンに深い感謝の意を表している。ファレル・ウィリアムスは「このレコードがなければ僕の音楽は存在していないよ。『Off The Wall』のおかげで僕は自分のファルセットに気が付いたんだからね」と語っている。

サウンドトラックとしてのジャクソンの音楽の幼いころの消し去れない記憶という極めて私的なレベルに立ち入る者もいる。一部の熱弁はややくどくなってはいるが(例えばリー・ダニエルズの自慢話は長すぎる)。

本ドキュメンタリーの骨格を成しているのはアルバム全曲の分析だ。湿っぽいポール・マッカートニーのカバー「Girlfriend」などのマイナーな曲は触れるにとどめ、その他の傑出した曲に時間を割いている。ジャクソン作の「Don't Stop」、「Working Day and Night」、「Get on the Floor」、それにロッド・テンパートンが貢献した「Rock With You」にアルバムタイトルにもなった「Off The Wall」などがそれにあたる。これらのアップテンポのヒット曲は、ロンソンをしてこのレコードを「DJの夢」と言わしめている。

スローなグルーヴの曲については、「I Can't Help It」についてスティーヴィー・ワンダーが、ジャクソンは「淑女層」という静かなる嵐の中へ足を踏み入れたのだと述べている。さらにソングライターのトム・バラーは、ジャクソンが「She's Out of My Life」に注ぎ込んだまっすぐな思いを称賛している。ちなみにこれは、マイケルの繊細さを取り上げてエディ・マーフィがよく言っていた愉快なジョーク、「ティト、ティッシュちょうだい」につながっている。

だが、こうしたことに引き付けられるのは、スパイク・リーの細部まで行き届いた注意力によるものだ。テレビが壊れたので暇つぶしにきょうだいで歌い始めたとジャクソンが語る古いインタビューを手始めに、素晴らしいアーカイブ素材(これが素晴らしい!)を交えつつ、初期の数年間についてスパイク・リーはまとめている。自然な肌の色に手術をする前のジャクソンを見ると妙にジーンとくる。後年の彼を決定づけていた現実によって、人を引き付ける力が落ちていたということを痛切に思い出すのだ。

スパイク・リーは ジョー・ジャクソンが子供たちをプロとして成功させるために無理をさせた範囲について、それが躾と言えるのだろうかという議論の余地がある面については掘り下げることは避けている。その代わり、彼は、早くから貧乏になるつもりはないと宣言したマイケルの類まれなる活力や志に焦点を合わせている。ベリー・ゴーディらは、モータウン・ファミリーの先輩アーティストたちの技術のあらゆる側面について観察し学んでいた若きマイケルの疲れを知らない好奇心について語っている。彼は自他共に認める完璧主義者になっていくのである。

おそらく、家族の摩擦にスパイク・リーが最も近づいたのは、1980年のインタビューでジャクソンに自分自身を語らせているところだろう。映像の終わり近くからの抜粋では、彼はソロになってきょうだいたちを置き去りにすることについては悪いとは思っていないと語っている。彼の創造への渇望がソロになることを促したという事実に対して彼は悪いとは思っていないし、彼の芸術性や才能がグループのそれをはるかに上回っていたことに誰も異論は挟めないだろう。

ドキュメンタリーでは、一人立ちの第一歩として、1973年のオスカーのテレビ放送での「Ben」のパフォーマンスを指摘している。1975年のモータウンからCBSの子会社エピック・レコードへの脱出は、苦痛ではあったが必要な別離であったとして描かれる。ウォルター・イェットニコフは、当時社長として3週間この仕事に取り組んでいたが、A&R(契約や育成)の担当者たちから突き上げられるまで、この仕事はパスしたいと思っていたと告白している。

ザ・ジャクソンズ(ベリー・ゴーディがジャクソン・ファイヴの名称を手放さなかったため、彼らはこの名前で知られるようになった)は依然として、彼らを題材としたテレビ・アニメのシリーズからくるかわいらしいイメージを振り払おうと苦労していた。だが、ギャンブル&ハフが2枚の過渡期のアルバムをプロデュースし、それらが彼らのサウンドをよりアダルトにすることに貢献した。この変遷は、アメリカン・バンドスタンドでジャクソンズがパウダーブルーのサテンのジャンプスーツを着て「Shake Your Body (Down to the Ground)」を歌っている素晴らしい映像で見事に説明されている。

また、マイケルの独特のダンス言語の発展についてもこのドキュメンタリーでは触れられている。リーはこれらの要素の起源を、ニコラス・ブラザーズやジェームス・ブラウン、ジャッキー・ウィルソン、フレッド・アステアに求めている。サミー・デーヴィス・Jrやジーン・ケリーへの古いインタビューからは、自分たちのダンススタイルの痕跡がジャクソンのムーヴの中に見られることを彼らは光栄に思っていることがわかる。ミスティ・コープランドはジャクソンの素晴らしいフットワークについて語り、コービー・ブライアントはジャクソンのダンスを見たことがプレイ中の動きに影響を与えていると認めている。

「Off The Wall」への重要な足がかりとなったのは、シドニー・ルメットの1978年の映画「The Wiz」への出演だ。この映画は批判が多かったものの、ブラック・アメリカにとっては大きな出来事であった。(白人のジョエル・シュマッカーが当時、黒人向けの脚本執筆においてはハリウッドでは頼りにされており、「The Wiz」を始め、「Sparkle」や「Car Wash」などの脚本を手掛けていたことを覚えておられるだろうか。彼自身も驚いていたようだ)。ミスキャストと言わざるを得ないダイアナ・ロスの脇で、ジャクソンの独特のエネルギーと全身バネのフィジカルが、不出来な映画の中で彼のナンバーをひときわ輝かせていた。

さらに重要なことは、このドキュメンタリーが、ジャクソンと、彼にとってなくてはならないコラボレーターだったクインシー・ジョーンズを結びつけていることだ。ジャズの巨匠がディスコ/ファンク/R&Bをプロデュースするというのは異例なことであったが、彼の洗練されたリズムは、その後8年の間にリリースされた「Off The Wall」、「Thriller」、「BAD」の3作というジャクソンの決定的なレガシーの形成に大いに貢献したのである。最初の「Off The Wall」、そして最後の「BAD」をやりつくしたスパイク・リーは、1982年のモンスターに対する敬意を私たちに示してくれるだろうか?ぜひお願いしたい。

■'Michael Jackson's Journey from Motown to Off the Wall': Sundance Review

Spike Lee contextualizes the landmark 1979 album that cemented Jackson's status as a superstar solo artist and propelled him on to an even bigger breakthrough with 'Thriller.'

The first bars of "Don't Stop 'Til You Get Enough" are among the most iconic sounds in 20th century pop — that teasing entry beat, those half-whispered Stars Wars-esque opening lyrics ("The force, it's got a lot of power") and that signature falsetto "Woooh!" that uncorks a whole mess of infectious funk from the horns and percussion. Spike Lee takes us back to the first time we heard that classic in Michael Jackson's Journey From Motown to Off the Wall, which continues the director's admirable bid to reclaim the legacy of an innovative artist whose genius was often unfairly overshadowed in his later years by tabloid attention.

Following its Sundance premiere, the documentary begins airing Feb. 5 on Showtime, and no doubt will be devoured by fans who grew up on Motown, and on the decade of artistic apotheosis that followed Jackson's departure to CBS Records. It's also an equally entertaining companion piece to Bad 25, Lee's 2012 film that marked the quarter-century anniversary of Jackson's album of that name.

Lee's interest in Jackson goes beyond an appreciation of his music to acknowledge what an important figure the performer remains in black culture, bridging the divide that continued to separate many black artists from mainstream acceptance. It's startling to be reminded that the music business was still tacitly segregated at that time, and despite Off the Wall selling six million copies in its first year alone, Jackson's awards recognition was confined to the black R&B categories.

The director's access is impressive. He talks to fellow artists, producers, songwriters, engineers and arrangers, as well as select Jackson family members (both parents, two brothers) and Motown godfather Berry Gordy. Throughout, there are illuminating insights into how a great pop song is built. There's notably incisive commentary from Questlove, Mark Ronson and Philadelphia hitmakers Kenny Gamble and Leon Huff, while a number of contemporary artists acknowledge their deep debt to Jackson. Pharrell Williams says, "My music would not be here without that record," while The Weeknd confesses, "I found my falsetto because of Off the Wall."

Others weigh in strictly on a personal level, about indelible memories of Jackson's music as the soundtrack to their youth, though some of this rhapsodizing becomes a touch repetitive. (A little of Lee Daniels' preening goes a long way, for instance.)

The main body of the doc is a track-by-track analysis of each song on the album, skimming over minor entries like the drippy Paul McCartney cover, "Girlfriend," to spend more time on the many standouts. Those include the three tracks written by Jackson — "Don’t Stop," "Working Day and Night" and "Get on the Floor" — and Rod Temperton's contributions, "Rock With You" and the title song. Those up-tempo hits prompt Ronson to describe the record as "a DJ's dream."

As for the slower grooves, Stevie Wonder discusses Jackson's move into the quiet storm "boudoir demographic" with his song "I Can't Help It." And songwriter Tom Bahler applauds the sincere emotion Jackson poured into "She's Out of My Life," which segues hilariously into Eddie Murphy's classic riff on Michael's sensitivity: "Tito, get me some tissues."

But what makes all this so absorbing is Lee's meticulous attention to context. Starting with a vintage interview in which Jackson shares how the brothers began singing together just to goof off when the TV broke down, he recaps the early years with some fabulous archive material. (Those outfits!) It's strangely touching to see Jackson with his natural skin color and pre-surgery features, a poignant reminder of the deteriorating grip on reality that defined his later years.

Lee declines to dig into the more controversial aspects of his subject's upbringing, ignoring questions surrounding the extent to which Joe Jackson pushed his children to succeed professionally. Instead, he focuses on Michael's singular drive and ambition, declaring early on that he was not going to be poor. Gordy and others talk about the adolescent Jackson's tireless curiosity, watching and learning about every aspect of the craft from senior artists in the Motown family. By his own definition and that of others, Jackson became a perfectionist.

Perhaps the closest Lee gets to family friction is in allowing Jackson to speak for himself in a 1980 interview, excerpted near the end of the film, where he says he feels no guilt about leaving his brothers behind when he went solo. He makes no apologies for the fact that his creative hunger compelled him to move forward alone, and certainly no one can dispute that his artistry and talent far eclipsed that of the group.

The film pinpoints Jackson's performance of "Ben" on the 1973 Oscars telecast as the first time he stepped out on his own. The exit from Motown to CBS subsidiary Epic Records in 1975 is depicted as a wrenching but necessary separation, with Walter Yetnikoff admitting that he was just three weeks into the job as president at the time and wanted to pass on the deal, until the A&R guys twisted his arm.

The Jacksons, as they then became known when Gordy refused to let go of the 'Jackson 5' name, were still struggling to shake off the cutesy image of their cartoon series. But Gamble and Huff produced two transitional albums that helped them hone a more adult sound. That shift is superbly illustrated in a stupendous American Bandstand clip of the Jacksons doing "Shake Your Body (Down to the Ground)," wearing powder-blue satin jumpsuits.

That clip also shows the development of Michael's distinctive dance language, elements of which Lee traces to the Nicholas Brothers, James Brown, Jackie Wilson and Fred Astaire. Archival interviews with Sammy Davis Jr. and Gene Kelly reveal that they were flattered to observe traces of their dance styles in Jackson's moves. Misty Copeland speaks about his amazing footwork, while Kobe Bryant admits that watching Jackson dance influenced his court moves.

A key stepping stone to Off the Wall was Jackson's appearance in Sidney Lumet's 1978 film of The Wiz, which despite its critical hammering, was a huge event for black America. (Who remembered that the very white Joel Schumacher back then was Hollywood's go-to guy for black screenplays, writing Sparkle, Car Wash and The Wiz? Even he still seems surprised.) Appearing alongside an uncomfortably miscast Diana Ross, Jackson's unique energy and spring-loaded physicality made his numbers bright spots in a very patchy movie.

More important, the film connected Jackson with his most essential collaborator, Quincy Jones. While the jazz maestro was an unconventional choice to produce a disco/funk/R&B album, his rhythmic sophistication helped Jackson shape his defining legacy, with the one-two-three smash succession of Off the Wall, Thriller and Bad, released over an eight-year period. Having surveyed the first and last of those albums, maybe Lee will next give us a comprehensive salute to the 1982 monster centerpiece? Here's hoping.

Source: billboard.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ