Earth Song、20年

「Earth Song」がUKチャートを席巻してから20年。「Earth Song」はリリースされるやナンバーワンへと一直線に駆け上がり、6週間にわたってその座を維持した。そして1995年のUKクリスマス・ナンバーワンとなり、4か月にわたってTop40に、しかも2カ月間は10位以内にとどまった。売り上げ枚数110万枚を記録し、イギリスでも最も成功したマイケル・ジャクソンのシングルとなった。

しかし、その魅力とは何だったのだろう。この時点ですでに、マイケルはそのキャリアの中で、世界をより良い場所にする手助けをしたいと願っていることは有名であった。「We Are The World」や「Man In The Mirror」、「Heal The World」といった曲はすでに彼のレパートリーの中に存在していた。この曲は、この10年で発表した4曲目の社会派の歌となったのである。だが、成功はタイミングによるものが大きかった。クリスマスは多くの者にとって自分を見つめ直す時である。つまり、人々が最もチャリティの気分になる時期なのだ。だから、このような強いメッセージをもつ曲を提供することによって、人々をチャリティに関心を持たせることになるのである。加えて、マイケルは彼を最も象徴するミュージック・ビデオを作った。

4つの地域で撮影されたこのビデオは1997年のグラミー賞にノミネートされた他、他の賞でも複数回受賞した。この後マイケルのショートフィルムを4本監督することになるニック・ブラントによるこのビデオは、動物虐待、森林破壊、公害、貧困、そして戦争のイメージを映しだす。そして曲の終りに向かって映像は逆回転で再生され、マイケルがあの力強いメッセージを叫ぶのだ。動物たちが生き返り、森林が成長する。このビデオに使われている効果は素晴らしい。ビデオは、マイケルが設立した「Heal the World Foundation」(現存せず)への寄付の方法を表示して終了する。ビデオには俳優ではなく映像が撮影された地元の住人が登場する。もちろん、「Earth Song」製作にあたって動物が傷つけられることなどなく、動物虐待の映像はドキュメンタリー・アーカイブより転用されたものである。この曲は、動物虐待を広く認知させたとして多くの動物保護団体より称賛された。

「Earth Song」の元々のタイトルは「What About Us」で、90年代初めにレコーディングされた。そのデモバージョンはインターネットにリークされたが、最も大きな違いは、エンディングのボーカルが、95年のHIStoryで我々が聴くことができる怒りのトーンよりも、高いファルセットで歌われているという点だ。このアンセムは、90年代のライブやテレビ出演での彼のトレードマークとなった。96年から97年の「HIStory」ツアーでは全てのショーで彼はこの曲を歌っている。歌っている最中、彼はクレーンに乗って観客の上に乗り出して、手すりにつかまりながらもほとんど身を投げださんばかりとなっていた。コンサートへ行った大勢のファンたちにとってしびれる瞬間であった。最後には実物大の戦車がステージへ突入し、そしてマイケルは、一本の平和の花で、戦争は不要であるということを世界へと示すのである。

ライブ・パフォーマンスとしての「Earth Song」はいろいろな意味で彼を悩ませた。1996年のBRITアワードは不名誉にも多くの批判を浴び、あるミュージシャンにステージを荒らされるという事件もあった。同じく1996年のソウルでのパフォーマンスでは、ファンがゴンドラに乗り込もうとした。マイケルはパフォーマンスを続けたが、落下するのを心配してしっかりとそのファンをつかんでいた。マイケルが立っていたブリッジが崩れ、プレス用のピットに落下したのは、1999年のミュンヘンでの「Michael Jackson and Friends」コンサートでこの曲を歌っていた時のことである。プロフェッショナルとしてマイケルはパフォーマンスを続けたが、後に病院へ搬送された。後にインタビューで、背中の痛みと関節痛を発症し始めたのがこの時であったと彼は述べている。

この曲が残したものは今も続いている・・・すなわち、シングルとしてはアメリカではリリースされていないにもかかわらず、ヨーロッパやライブ・パフォーマンスではメインとして扱われたため、彼のキャリアの中でも突出した曲となったのだ。はたして、幻となった「This Is It」コンサートのために彼が最後にリハーサルした曲が「Earth Song」となった。2009年6月25日の真夜中過ぎ。彼が亡くなった日だ。彼はこのチャリティー・アンセムのリハーサルを行った。そしてこれが、マイケル・ジャクソン最後のパフォーマンスとなった。

■Earth Song 20 Years Later

Today, marks the 20th anniversary of ‘Earth Song’ storming the UK charts. Upon its release it went straight to number one and stayed there for six weeks. It became the 1995 UK Christmas #1 and spent an incredible four months in the Top 40, over half of which was spent in the Top 10. With over 1.1 million copies sold, it became Michael Jackson’s most successful UK single of all time.

But what was it’s allure? Michael was already well known by this point in his career for wanting to help make the world a better place. With songs such as ‘We Are The World,’ ‘Man In The Mirror’ and ‘Heal The World’ already part of his repertoire. This made it the 4th socially conscious song he released within a decade. But part of the success was all down to timing. Christmas is a time of reflection for many; a time when people are most charitable. So to provide a song with such a strong message inspires people. Alongside this, Michael created one of his most iconic music videos.

Shot in over four geographical regions, the video was nominated for a Grammy in 1997 and won multiple other awards. Directed by Nick Brandt, who went on to direct four other short films for Michael, the video showed images of animal cruelty, deforestation, pollution, poverty and war, with all of that reversing as Michael screamed out the powerful lyrics towards the end of the song. The video effects used were amazing, with animals coming back to life and forests growing. The video closed showing information on how to donate to Michael’s (now defunct) Heal the World Foundation. Native civilians of local regions where filming took place appeared in the video and were not actors. Of course no animals were harmed in the making of ‘Earth Song,’ and any footage showing animal cruelty was taken from documentary archives. The song was praised for creating awareness of animal cruelty by many animal organisations.

‘Earth Song’ was originally titled ‘What About Us’ and recorded in the early 1990s, a demo of which has since leaked on the internet, with the main difference being the end vocals sung in a high falsetto than in the angry tone we hear on the 1995 ‘HIStory’ album. The anthem became a trademark of his live shows and TV appearances during the 1990s. He performed it at every show during the ‘HIStory’ world tour in 1996 – 1997. During the song he rose over the crowd on a cherry picker and practically flung himself off, holding on for dear life by gripping on to the handlebars. It was an electrifying moment for the millions of fans who went to the concerts. At the end a full size tank entered the stage and with a simple flower of Peace, Michael was able to show the world that war was unnecessary.

In many respects ‘Earth Song’ somewhat dogged him as a live performance. Infamously performing it to much criticism at the 1996 BRIT Awards, whilst the stage was ransacked by another musician. In 1996 during a performance in Seoul, a fan managed to get on to the cherry picker and whilst Michael continued to perform he also held on to the fan tightly, concerned he might fall. It was also during a performance of the song in 1999 at the ‘Michael Jackson and Friends’ concert in Munich, where a bridge Michael was standing on collapsed, crashing him down into the press pit. Whilst Michael continued as the professional he was, he was rushed to hospital afterwards and he cited in later interviews that it was this moment in his life where he started to experience back pain and arthritis.

There’s also a lasting legacy with this song…though it wasn’t released as a single in the USA, it’s dominance across Europe and his live performances, made it a stand out track of his career. Sure enough ‘Earth Song’ was the last song to be rehearsed by Michael for the never to happen ‘This Is It’ concerts. Shortly after midnight on June 25, 2009, the day he passed away; he rehearsed the charitable anthem, making it the final song ever performed by Michael Jackson.

Source: MJWN
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ