トリビュート映画の製作を拒んだとしてエステートが訴えられる

シャラド・チャンドラ・パテルは、死を目前とした息子よりマイケル・ジャクソンのファンを題材とした映画を作る権利を譲渡されたが、マイケル・ジャクソン・エステートがホームビデオや音楽の権利を提供しようとしないと主張している。

彼の息子ラジュ・パテルはプロデューサーで(「ジャングル・ブック(1994年版)」や「ピノキオ ニュー・アドベンチャー」を製作)、マイケル・ジャクソンとは友人であったがすでに死亡している。彼は、息子がマイケル・ジャクソンと交わした契約にしたがってトリビュート映画を製作する機会を拒否されたために債権者請求を行使するとして、マイケル・ジャクソン・エステートをロサンゼルス上級裁判所で提訴した。パテルは、2005年にガンで死去した息子ラジュはかつてジャクソンと共同でNeverland Entertainmentという映画会社を所有していた、2002年の契約によって映画の利益は折半することになっていた、と主張している。

2003年に児童虐待でジャクソンが逮捕・起訴された際も、ラジュは忠実な友人かつビジネス・パートナーであり続けたと言われている。一連のスキャンダルが沈静化したのち、ジャクソンは、騒動の間も彼を支持した大勢のファンたちに捧げる映画を製作する希望を持っていたと言われている。そしてラジュが亡くなる3カ月前に交わされた契約では、「Messages to Michael, "a tribute to Michael and his loyal fans"」という映画を製作することになっていたという。その契約ではラジュあるいは"任命者"とジャクソンあるいは"任命者"が映画を作ると記されており、ラジュの死の直前に父シャラド(同じくプロデューサー)にその契約が譲渡されたとされている。

ジャクソンが亡くなってからの6年間、シャラドは映画制作のためにジャクソンの音楽や身の回りの品を提供してもらおうと試みたが、遺言執行人のジョン・ブランカとジョン・マクレーンはこれを拒絶している。

「マイケルは、多くが彼に背を向けた困難な時期に彼に味方した献身的ファンたちに捧げる映画を製作したがっていた。マイケルは親友であり映画製作者のラジュを信頼しており、映画を実現できると信じていた」と訴状には記されている。しかしブランカとマクレーンは「契約条件を無視した。マイケルのファンに対する思いを無視するのと同じことである。これは、単に彼らが大金でしか動かないからである」と訴状は続く。

パテルは、息子がジャクソンと交わした契約は、エステートの協力のもと映画を製作する権利を与えていると主張している。これに対し、エステートはソニーをパートナーに選び、2010年にドキュメンタリー映画「This Is It」を製作した。これにはジャクソンの未公開映像が使われていた。エステートは「This Is It」の収益の90%を得たとされている。契約のもとパテルと協力して映画製作された場合の折半よりも多い取り分である。

2010年、パテルはエステートに対して債権者請求を行ったが、5年後の今年9月に請求棄却で決着した。今回の訴状によれば、「シャラドは、現在はマイケル・ジャクソン・エステートが所有している合意事項の下、映画製作のために使用を約束された音楽やホームビデオ映像を含む、現存している素材を利用することを求めるものである」と訴状には記されている。

エステートからのコメントは得られていない。

パテルの代理人はハリウッドの著名な訴訟者ラリー・ステインである。エステートの代理人はハワード・ワイツマンである。

■Michael Jackson Estate Sued for Shutting Down Tribute Film 'Messages to Michael'

Sharad Chandra Patel claims he was assigned a contract from his dying son to make a movie about Jackson's fans, but the late entertainer's executors won't provide home video footage or music rights.

The father of a deceased producer and friend of Michael Jackson has sued the entertainer's estate claiming he's been denied the opportunity to make a tribute film to Jackson under a contract his son had with the late singer.

Sharad Chandra Patel, whose son Raju Patel produced Bachelor Party, a 1994 version of The Jungle Book and The New Adventures of Pinocchio and was a Jackson friend, filed suit Thursday in Los Angeles Superior Court to enforce a creditor's claim that was rejected by the Jackson estate. Patel alleges his son, who died of cancer in 2005, had a film company with Jackson called Neverland Entertainment and that a 2002 contract provides that all proceeds from their films will be split 50-50.

When Jackson was arrested and charged with child molestation in 2003, Raju is said to have stayed loyal to his friend and business partner. After the scandal subsided, Jackson is said to have wanted to make a film dedicated to the millions of fans who also stood by him during the controversy, and a 2005 contract signed three months before Raju died provided that Raju and Jackson would make Messages to Michael, "a tribute to Michael and his loyal fans." That contract, which includes language saying Raju "or his nominee" could make the film with Jackson "or his nominee," then allegedly was assigned from Raju to his father Sharad (who also is a producer) before the son died.

In the six years since Jackson died, Sharad has been trying to get access to Jackson's music and personal effects in order to make the film but has been shut out by estate executors John Branca and John McClain.

"Michael wanted to create a film tribute to the dedicated fans who stood by him during difficult times when many others turned their backs on Michael," the lawsuit reads. "Michael trusted his good friend and filmmaker, Raju, to make the film a reality." But Branca and McClain "have disregarded the terms of the agreement, as well as Michael's wishes for his fans, because [they] are simply motivated by the biggest payday."

Patel alleges his son's contract with Jackson entitles him to make the film with the Jackson estate's cooperation. Instead, the estate chose to partner with Sony on the 2010 documentary film This Is It, which included never-before-seen footage of Jackson. The estate is alleged to have collected "a 90 percent share of film profits" from This Is It, much more than the 50-50 split it would have obtained if it had cooperated with Patel's film under the contract with Jackson.

In 2010, Patel filed a creditor's claim against the estate. Five years later, on Sept. 3, it finally was denied. Now "Sharad is seeking access to pre-existing materials, including music rights and home video footage, promised under the agreement now owned by Michael's estate for use in the film," the complaint says.

THR has reached out to the Jackson estate for comment.

Patel is represented by well-known Hollywood litigator Larry Stein. The Jackson estate is represented by Howard Weitzman.

Source:billboard.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ