"スリラー"な新刊

巨大なアーティスト、マイケル・ジャクソンが残したものを修復する。スティーヴ・クノッパーは新著「MJ: The Genius of Michael Jackson」でそのような救済ミッションに取り組んでいる。

センセーショナルでカオスな裁判記録の海をさまよいたいのであれば他をあたっていただきたい。クノッパーの本は裁判の詳細を無視しているわけではない。ローリング・ストーン誌のエディターであり、タブロイド記者ではなく良心的な歴史家であるクノッパーは、それらから何がわかるのか、ということにのみ注力しているのだ。

際限なく複雑で、人を引き付けるこの題材について、彼の本は曇りのない冷静な視点で眺めている。クノッパーの主眼は、50歳で亡くなってから6年が経ったジャクソンの、20世紀後半のもっとも偉大なシンガーそしてダンサーとしての歴史上での地位を再評価することにある、と読者には注意しておくべきだろう(前半期はフレッド・アステアである)。すなわち、ポップ・ミュージックに対し長期にわたりインパクトを与えた世界的文化的現象は、ビートルズやエルヴィス・プレスリーに匹敵するものであるし、創造的先見性とその細部に徹底的にこだわる手法は、ビーチボーイズの奇人(そしてトラブルも同様に多い)、天才ブライアン・ウィルソンと同様に有名だ。クノッパーは後者の喩は取り上げないが、彼の分析手法に拠れば、両者を結び付けるのは容易だろう。

クノッパーが集めた400人以上のインタビューを追想し、観察する事によって、「MJ: The Genius of Michael Jackson」は、彼のストーリーの馴染みの側面について、巧みに詳述する。それは冷たく厳しいインディアナ州ゲーリーの製鋼工ジョー・ジャクソンで始まる。彼は5人の才能ある子供たちをR&Bの巡業に連れ出した。彼ら魅力的なジャクソン・ファイヴの子供たちは、70年代初頭までにはモータウンという音楽小屋の子供スターとなった。クノッパーの記述によれば、この時代すでに、マイケルは他の兄弟たちとは自分から隔たりを設けていたという。常に絵を描き、ダンサーやシンガー、そしてネズミまでも詳しく観察していたという若きマイケル最初期の逸話が紹介されている。こうして彼はロボット・ダンスをほぼ作り上げたのだ。

ジャクソンの生涯の転換点となったのは、ジャズ、ポップのアレンジャー、クインシー・ジョーンズとのパートナーシップだ。彼は初期のジャクソンのソロ・レコーディング、「Off the Wall(1979年)」、「Thriller(1982年)」、「BAD(1987年)」をプロデュースした。クノッパーが書いているように、これらの傑作を、そしてその後に続いた作品を形作ったのはジャクソン自身の努力、主には直観的な創造プロセスだ。

「彼は楽器を演奏することができませんでした」。「Thriller」に参加したあるスタジオ・キーボード奏者は振り返る。「彼はキーボードの音を出すことはほとんどできませんでした。彼は頭の中で、曲だけではなくアレンジまでも組み立て、やり通したのです・・・・。彼にはビジョンがあり、『そう、これだ』と言えるまで我慢できる忍耐がありました」。

ジャクソンの創作活動の浮き沈みを評価するにあたってクノッパーが見せるのは、厳しくかつ新聞記者的な詳しさであり、たとえば1983年のモータウン25テレビ・スペシャルで披露した「Billie Jean」でのムーンウォークは、フレッド・アステアをして翌朝に祝福の電話をかけさせた、というエピソードを紹介する。アステアは、「君は怒れるダンサーだ。僕も同じだよ」と言ったという。

「MJ: The Genius of Michael Jackson」は、マイケル・ジャクソンを糾弾するわけでもなく持ち上げるわけでもない。人は、彼が他者にとって謎であると同様に、彼は自分自身にとっても謎なのではと疑っている。そんなジャクソンについてのあらゆる質問に答えようとするわけでもない。だがこの本に提示されている疑問を差し挟む余地のない多くの答えの中でも特に重要なことは、境界を打ち破るジャクソンの才能の衝撃は世界に響き渡っているということだろう。

mj-book.jpg



■New MJ Book Is A ‘Thriller’

Steve Knopper is on a rescue mission: To restore Michael Jackson’s legacy as a significant artist with his new book ‘MJ: The Genius of Michael Jackson.’

Go elsewhere, in other words, if what you want from Knopper’s book is to wallow in the lurid farrago of indictments and trial records. Knopper’s book doesn’t ignores those details but Knopper, a contributing editor at Rolling Stone who is more conscientious historian than tabloid newshound, only deals with whatever can be substantiated.

His book has a clear-eyed composure regarding its endlessly complicated, compelling subject. It should also alert readers that Knopper’s principal objective is to re-establish Jackson’s historic stature, six years after his death at age 50, as the greatest song-and-dance man of the 20th century’s latter half (Fred Astaire owning the other); a global cultural phenomenon whose long-range impact on pop music was matched only by those of the Beatles and Elvis Presley; and a creative visionary whose meticulous studio coups were as notable as those of Brian Wilson, the Beach Boys’ similarly eccentric – and similarly troubled – genius savant. Knopper doesn’t use that latter analogy, though his mode of analysis makes it easy to make such connections on our own.

Through reminiscences and observations Knopper gathers from more than four hundred interviews, ‘MJ: The Genius of Michael Jackson’ deftly recounts the familiar aspects of the story, which begins with Joe Jackson, a cold, hard Gary, Ind., steelworker, pressing five of his talented young children into the rhythm-and-blues circuit. Those magnetic Jackson 5 kids become child stars of the Motown music stable by the early 1970s, though Knopper writes that even in those years Michael was distancing himself from his brothers. There are anecdotes scattered throughout the early chapters of the younger Michael incessantly drawing pictures and closely scrutinizing dancers, singers and even mimes – which is how he all but patented the Robot dance.

The turning point of Jackson’s life was his partnership with jazz-pop impresario-arranger Quincy Jones, who produced the three signature albums of Jackson’s solo recording career, 1979’s ‘Off the Wall,’ 1982’s ‘Thriller’ and 1987’s ‘Bad.’ As Knopper’s book cannily elucidates, it was Jackson’s own painstaking, mostly intuitive creative process that helped shape these masterworks – and those that followed.

“He couldn’t play an instrument,” one studio keyboardist who worked on ‘Thriller’ recalls. “He could barely play a few notes on a keyboard. He’d come up with not only elaborate songs but elaborate arrangements in his head and stick to them…He’d keep his vision and be as patient as he could until he’d finally say, ‘Yeah, that’s it.’”

Knopper shows similar critical and reportorial savvy in assessing Jackson’s creative peaks and valleys: The epochal ‘Billie Jean’ moonwalk on the 1983 Motown 25 TV spectacular which prompted a morning-after congratulatory phone call to Jackson from Astaire, who told him, “You’re an angry dancer. I’m the same way.”

‘MJ: The Genius of Michael Jackson’ does not attempt to condemn or ennoble its subject. Nor does it pretend to answer all your questions about Jackson, who one suspects was as much a mystery to himself as he was to others. But among the book’s many answers that can’t be questioned is the resonating impact of Jackson’s boundary-shattering talent.

Source: USA Today & MJWN
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ