ジェーン・フォンダのMJの思い出

誰がそんなこと考えただろうか。ジェーン・フォンダが、マイケル・ジャクソンと素っ裸で泳いだことがあると白状したのだ!

77歳になる彼女はハリウッド・レポーター誌にこの告白を行った。80年年代の初めころ、亡きキング・オブ・ポップが「黄昏」のセットに彼女を訪ねた時のことだという。

フォンダの回想によれば、伝説的女優のキャサリン・ヘプバーンは、フォンダがセットの訪問を受けていることを知って不機嫌だった。

「最初に許可を求めた時、彼女はいい顔をしませんでした。でもスタッフが、『マイケル・ジャクソンですよ。お分かりですか?』と言うと、彼女はとげとげしくなりました」とフォンダはスクリーンのアイドル、ヘップバーンについて続けた。「つまり、彼女はお高くとまっていて、とても気分屋だったんです。他人に対して厳しかったんですよ」。

フォンダによると、マイケル・ジャクソンはニューハンプシャーのセットにある彼女の家に移動したという。

「彼は10日ほど滞在していきました。私たちは一緒に住んでいたんですよ。彼とは素っ裸で泳ぎに行きましたよ・・・そう、グレタ・ガルボも一緒にね!」

そして最初は許していなかったヘプバーンも、最後には許した上に若きマイケル・ジャクソンに助言を贈ったとフォンダは明かした。

「(マイケルは)映画スターになりたいと思っていました。『The Wiz』を終えた直後でした。彼はテープレコーダーを持参していました。私は彼を毎日セットへ連れて行きましたが、シーンの合間に彼女は椅子に腰かけて彼のために椅子を持ってこさせ、そして話を聞かせていました。どの話もレッスンだったのです」。

そのレッスンの一つは、サイレント映画のスター、ローレット・テイラーについてだった。ヘプバーンは、テイラーがキャリアを重ねるにつれて「魔法」を失っていったと感じていた。

「彼女はマイケルに言いました。『彼女はハングリーさを失ったのですよ』とね。マイケルのような若くて急上昇中のスターにとって、それは素晴らしい格言ですよ」とオスカー女優フォンダは言葉を選んで続けた。「ハングリーさを失ってはいけないのです。ぞんざいにやってはいけません。当然だと思ってはいけません。わかりますか?」

■Jane Fonda Recalls Memories Of Michael

Who would have thought?! Jane Fonda has made the amazing admission that she once went skinny dipping with Michael Jackson!

The 77-year-old actress made the revelation to The Hollywood Reporter, saying that the event, which took place in the early 1980s, occurred when the late King of Pop came to visit her on the set of On Golden Pond.

Fonda recalled that legendary actress Katharine Hepburn had not been pleased when she learned that Fonda was receiving set visits.

“When I first asked her permission, she was not happy,” Fonda recalled in interview. “But then the crew said, ‘You don’t understand, it’s Michael Jackson.’ She was very prickly,” she continued, of screen idol Hepburn. “I mean, she was a snob, she was very moody, she was very judgmental.”

Fonda explained that the “Thriller” singer had moved into her house on the New Hampshire set.

“[He] came and stayed for 10 days,” she told the outlet. “We lived together. I went skinny-dipping with him – also, by the way, with Greta Garbo!”

And although Hepburn had been disapproving initially, Fonda revealed that in the end, she came to accept, and even mentor the young singer.

“[Michael] wanted to be a movie star. He had just finished doing The Wiz, and he had a tape recorder with him, and every day I would bring him to the set, and in between scenes she would sit down in a chair and pull over a chair for him and tell him stories,” Fonda continued. “And every story embedded a lesson.”

One lesson Hepburn imparted to Jackson was about silent film star Laurette Taylor, who the actress felt had lost “the magic” as her career progressed.

“She said to Michael, ‘She wasn’t hungry anymore.’ What a great thing to say to a young, rising star like Michael,” Oscar-winner Fonda said, thoughtfully. “You gotta stay hungry. Don’t ever phone it in. Don’t ever take it for granted. You know what I mean?”

Source: US Magazine & MJWN
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ