ネバーランドで驚いたウィルマー・バルデラマ

俳優のウィルマー・バルデラマは、映画で共演したマコーレー・カルキンが誘ってくれたキング・オブ・ポップのネバーランド滞在時にマイケル・ジャクソンと会った「魔法の瞬間」について決して忘れることはないだろう。「ザット'70sショー 」に出演した彼は、2003年当時、「パーティ★モンスター」をセス・グリーン、マコーレー・カルキン、そしてカルキンのガール・フレンドのミラ・クニスらと撮影中だった。カルキンが、マイケルが留守の間に彼の豪華な家にみんなで滞在することにしたのだった。

ところがバルデラマはマイケルの家に来ていることに気がつかず、バスケット・ボールのアイコンであったマイケル・ジョーダンに会うことになっていると思い込んでいた。彼はこう振り返っている。「僕らはでかい車に乗り込んだ。窓が黒いヤツだよ。数時間ドライブしてそこに着いたんだ。あの大きなゲートが目に入った。MJってイニシャルがあったよ。僕はマコーレーを見て、『おい、マイケル・ジョーダンの家かい?どうしてマイケル・ジョーダンを知ってるんだ?』って言ったよ。セス・グリーンは僕を見て、『ばかだな、僕たちはネバーランドにいるんだぜ』って言ったんだ。僕らは一週間ほどそこで過ごしたよ。あまりに非現実的な瞬間で、僕はただの、南米から来た小僧になってたっていうのが真実さ。憧れた瞬間だったよ」。

マイケルが戻って来たのは滞在最終日だったが、大掛かりに入って来たので彼の存在はすぐにわかったという。バルデラマの回想は続く。「旅の終わりに、僕とセスはゲストハウスにいたんだ。すると、象の鳴き声がすぐ外で聞こえたんだ。窓を開けるとそこには象がいて、オランウータンにキリンといった動物たちがいたよ。だから僕らは動物たちを見ていたんだ。スタッフたちもいて、『何が起こるんだ?なんで前庭にみんな集合してるんだろう?」って感じだった。そうすると長いリムジンが止まったんだ。マイケル・ジャクソンの到着さ。長くて赤いシャツに黒い帽子、そして傘とともに彼が車から出てきた瞬間は魔法みたいだったよ。『すげえ、マイケル・ジャクソンだ」って感じさ。彼は素晴らしかった、彼はスーパー・ナイスだった、スーパー・スイートだった、スーパー・ノーマルだった、スーパー・ウェルカムだった。これはクレイジーな思い出さ。なぜなら、彼は僕のヒーローだからね。彼のどの歌も一つのジェネレーションへのアンセムみたいなものさ。とてつもなくクレイジーだったのさ!」

neverland.jpg ■Actor Valderrama Awed By Neverland Meeting

Actor Wilmer Valderrama will never forget the “Magical Moment” he met Michael Jackson after his movie co-star Macaulay Culkin took the cast to stay at the King of Pop’s Neverland Ranch for a week. The former ‘That 70s Show’ star was filming Party Monster with Seth Green, Culkin and his then-girlfriend Mila Kunis in 2003, when the ‘Home Alone’ actor decided to treat them to a stay at his friend Michael’s lavish home while Michael was away.

However, Valderrama wasn’t aware he was visiting Michael’s mansion and became convinced they were going to meet basketball icon Michael Jordan instead. He recalls: “We get in this big car, blacked out windows and we go for a couple hours driving and we get there and I look at this big gate and the gate has the initials ‘MJ.’ I looked at Macaulay and I go, ‘Dude, we’re at Michael Jordan’s house? How do you know Michael Jordan?’ and Seth Green looks at me and he goes…’We’re in Neverland Ranch, doofus,’ and we spent a whole week there. The truth is it was one of those surreal moments where you’re this little kid from South America, it was an aspirational (sic) moment.”

Michael only returned home on the last day of their stay, and he made his presence known with a grand entrance. Valderrama continues, “At the end of the trip, Seth and I are in the guesthouse and we hear this elephant sound right outside and I open the window and there’s an elephant there and the orang-utans and giraffes and there’s all these animals lined up. So we’re looking at these animals lined up and the staff is there and we’re like, “What’s going on, why are they all in the front yard?” Well, this long stretch limo pulls up and Michael Jackson arrives and it was this magical moment when he gets out with the long, red shirt and the black hat and the umbrella and you’re just like…”Wow, that’s Michael Jackson.” He was amazing, he was super nice, super sweet, super normal, super welcoming. That memory is so crazy because he was one of my heroes. Every song is like an anthem to a generation, it was pretty crazy!”

Source: Contact Music & MJWN
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ