スティーブン・ラッセル・ハーツの思い出

著名人たちがキング・オブ・ポップの思い出話を聞くことがあるが、それがどんな大スターであっても、もっと大きなスターに会うと感激し、恐縮してしまうようだ。

スティーブン・ラッセル・ハーツ(マルチ・プラチナ・アルバムの実績もあるR&Bグループ「TROOP」のリードボーカルであり、グラミー賞受賞歴もあるソングライター/プロデューサーでもある)も、マイケル・ジャクソンと会った時はまったく同じであった。

これは、スティーブンがソウル・トレインのインタビューでマイケルに会うチャンスがあったかどうか尋ねられた際の、彼の人生における特別な時間について、語らずにはいられなかったことである。

「ああ、2001年にマイケル・ジャクソンと会ったよ。9.11の直後だったね。ニューヨークへいく途中で彼に会ったんだ。僕はB2Kというグループと仕事をしていて、「Why I Love You」や「Gots Ta Be」という曲のプロデュースをしていたんだ。当時そのレーベルで働いていた親友と、僕はオフィスにいたんだけど、彼のボスがマイケル・ジャクソンをその部屋へ連れて来たんだよ。僕は『なに?』って感じだったよ(笑)。その時部屋にいたのは4人。彼が入って来た時、全員が小さな女子みたいに黙っちゃってね(笑)。彼はとても小柄な感じで、ナイスで、謙虚だったよ。気取った野郎みたいに歩き回るなんてことは全くなかったね。つまり、この人は地球上で最大の男だというのに、とても謙虚で優しいしゃべり方なんだ。クールだよ。彼と握手できてとても幸せだった。僕はできるだけ長く彼の手を握っていようとしていたよ(笑)。ああ、マイクがそこにいたんだ。マイケル・ジャクソンは僕のすべてだった。あれは僕の人生最良の日だったね!」

スティーブンは昔からのマイケル・ジャクソン・ファンで、故郷パサデナの学校でマイケルの曲を真似ることでそのキャリアをスタートした。別のインタビューでは、マイケル・ジャクソンのようになりたいと思って育ったと語っている。マイケルの影響は大きな役割を果たしており、レコーディングする曲の選曲にもそれは度々現れている。スティーブンとTROOPのメンバーはジャクソン・ファイヴの「All I Do Is Think Of You」のカバーをビルボードのR&Bチャートでナンバーワンまで押し上げている。そしてスティーブンは「Rock With You」の素晴らしーカバーも発表している。

マイケル・ジャクソンのクラシックをカバーするには、まず声が重要だ。それに、敬意を払うアーティストへの熱意も必要である。スティーブン・ラッセル・ハーツはその両方を兼ね備えている。「Rock With You」を歌う彼を聴けばそれは明らかだ。今回のインタビューでマイケルについて尋ねれた彼の話は、「彼が僕を作った!」という言葉に集約されている。

スティーブンのアルバム「So Random」に収められた「Rock With You」を聴いたことのない方のために:

スティーブン・ラッセル・ハーツ、「Rock With You」

現在スティーブンはスタジオ・レコーディングで素晴らしい作品を作っている最中で、TROOPとしてはアメリカで行ったコンサートが大成功を収めている。マイケルの他の曲でスティーブンが素晴らしいカバーを聞かせてくれることを期待したい。

スティーブン・ラッセル・ハーツの「Rock With You」やその他の曲は、iTunesおよびアマゾンで購入可能。

■Steven Russell Harts Remembers Michael

You hear celebrities talking about their memories of meeting the King of Pop all the time and it seems that no matter how big a star they are themselves, they all seem a little starstruck and humbled when they meet the biggest star of them all!

Steven Russell Harts, a man with a golden voice himself, the lead vocals of the multi-platinum recording R&B group TROOP (Total Respect Of Other People) and a Grammy Award-winning songwriter and producer for some of the biggest names in the music industry was no different when he met Michael Jackson. This is what Steven had to say in an interview with Soul Train when he recalls that special time in his life when asked if he ever got the chance to meet Michael.

“Yes, I met Michael Jackson in 2001; It was right after 9/11. I met him on my trip to New York. I was working with the group B2K and I had produced the songs ‘Why I Love You’ and ‘Gots Ta Be.’ I was in the office with a good friend of mine who was running the label at the time, and his boss brought Michael Jackson into the room, and I was like ‘WHAT?!!!’ (laughs). There were four guys in the room at the time and all got quiet like little girls (laughs) when he walked in. He was so petite, so nice, so humble, and not at all walking around all cocky like. I mean this dude is the biggest guy on the planet, and so humble, soft spoken, real cool. I was so happy when I shook his hand. I held his hand for as long as he would let me (laughs). Shoot, that’s Mike right there! Michael Jackson was my everything. It was one of the best days of my life!”

Steven has been a life long Michael Jackson fan and started his career while still at school in his hometown Pasadena imitating and performing his idols songs. He has stated in another interview that while growing up he wanted to be just like Michael Jackson. Michael’s influence has played a big part in where music and his talent has taken Steven and at times even in his choice of songs that he has recorded. Steven and the rest of the members of TROOP took the Jackson 5’s song ‘All I Do Is Think Of You’ with their own rendition right up to number one on the US R&B Billboard charts and Steven has also done a brilliant cover of Michael’s legendary ‘Rock With You.’

To be able to cover a Michael Jackson classic, firstly you need an amazing voice, and then you need a whole lot of passion for the Artist that you are paying tribute to. Steven Russell Harts has a whole lot of both and you can hear it clearly when he sings ‘Rock With You.’ Three touching words that sums it all up from Steven in a recent conversation with the man when asking him about Michael are, “He made me!”

For those that may not already have heard Steven’s cover of ‘Rock With You’ from his ‘So Random’ album, you can listen to it here.

‘Rock With You’ – Steven Russell Harts

At present Steven has been doing some great things in the recording studio and together with TROOP has been bringing down the house with concerts in America. Hopefully we will get to hear another beautiful cover by Steven of one of Michael’s songs soon.

Steven Russell Harts cover of ‘Rock With You’ and his other music are available from i tunes and Amazon.

Source: Paula Katsikas and MJWN with special thanks to Steven Russell Harts
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ