9.11を忘れない-マイケル・ジャクソン & フレンズ 「What More Can I Give」

「What More Can I Give」はマイケル・ジャクソンが書いた曲で、2001年9月11日のテロ攻撃の後にスターが集合したスーパーグループによってレコーディングされた。この曲のそもそもの着想は、90年代後半に南アフリカのネルソン・マンデラ大統領に会った際に得られたものである。あるコンサートでお披露目されることになっていたが、結局歌われることはなかった。

2001年の9月11日のテロ攻撃をうけ、マイケルは「What More Can I Give」を書き直した。マイケルとその他のアーティストたちは新しバージョンをすぐにレコーディングした。リーバ・マッキンタイア、アナスタシア、ニック・カーター、ビヨンセ、セリーヌ・ディオン、ルーサー・ヴァンドロス、マライア・キャリー、そしてアッシャーらが参加している。

世界が変わった日。9.11を決して忘れない。



■We will never forget 9/11 – Michael Jackson & Friends “What More Can I Give”

“What More Can I Give” is a song written by Michael Jackson and recorded by a supergroup of singers following the September 11 attacks in 2001. The inspiration for the song had initially come to Michael after a meeting with the President of South Africa Nelson Mandela in the late 1990s. The song was to be premiered at a Michael Jackson concert, but he never performed it.

Following the September 11 attacks in 2001, Michael rewrote “What More Can I Give”. Michael and other artists recorded the new version of the song shortly afterwards; this version included artists such as Reba McEntire, Anastacia, Nick Carter, Beyoncé, Celine Dion, Luther Vandross, Mariah Carey and Usher.

We will never forget 9/11. The day the world changed forever.

Source: LMJ / MJWN
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ