トラヴィス・ペインらとザルディが和解

マイケル・ジャクソンの元マネージャーと振付師は十分手に入れるまで止めない。

2人は自らマイケル・ジャクソンに紹介した衣装デザイナーと、100万ドル近い額で和解した。デイリー・ニュースの取材で、この額は訴えていた額のおよそ2倍であることがわかった。

元マネージャーのクリストファー・デマーズと振付師のトラヴィス・ペインによると、彼らはネスター・(ザルディ)・ゴコが、ジャクソンの最後のツアー用の衣装デザインという大きな仕事を得る手助けをしたという。なおこのツアーは実現しなかった。

マイケル・ジャクソンは2009年6月に薬物過剰投与で亡くなっている。

ジャクソンと17年間にわたり仕事をしたペインとデマーズは、この人気デザイナーをその年の初めにマイケル・ジャクソンに紹介し、ジャクソンに対しては彼を起用するよう進言した。マイケル・ジャクソンがザルディを起用した際、ロイヤルティの20%を支払うことでザルディは彼らと合意した。

ザルディはスワロフスキーのクリスタルを使った衣装を創り出し、LEDライトを使って観客を驚嘆させるはずであった。彼は、ジャクソンの「Billie Jean」用にデザインしたLEDを埋め込んだタキシード・パンツにまつわる話を何度となく話している。

ザルディによれば、亡くなる2週間前にマイケル・ジャクソンはそのタキシード・パンツを試着し、カラフルに光るライトに喜んで、「こんなやつが欲しかったんだよ」と話していたという。

だが、ビヨンセやブリトニー・スピアーズ、レディー・ガガらの衣装デザインも手掛けたザルディは、ジャクソンの死後にトラヴィス・ペインらに支払うのを止めたため、ペインらは、ザルディには48万ドルを支払う義務があると主張して昨年訴えた。

「私たちは友好的に解決すべく努力しましたが、彼は自分から申し出た支払いを何度も怠ったのです」とデマーズは述べた。

ザルディが、ラスベガスで上演中のトリビュート・ショー、シルク・ドゥ・ソレイユ「Michael Jackson ONE」のロイヤルティの50%を支払うと同意したため、訴訟は取り下げられた。

100万ドルという和解額は、「Michael Jackson ONE」が他のラスベガスのショー並みに20年間続くという仮定が元になっている。

「この推定額は妥当かもしれないし、控え目かもしれません」とデマーズとペインの弁護士デイヴィッド・トラクテンバーグは述べた。

ザルディからはコメントは得られなかった。弁護士のエドワード・ハーンスタッドはコメントを拒否している。

デマーズは、金銭トラブルが解決してほっとしたと語った。

「ザルディとは25年来の知り合いです。彼は世界最高の才能をもつ一人です」とデマーズは述べている。

■Michael Jackson’s team settles suit against costume designer

Michael Jackson's manager and choreographer didn’t stop until they got enough.

The pair have settled a lawsuit against a costume designer they introduced to the late superstar for close to $1 million — roughly double the amount they’d sued for, the Daily News has learned.

Jackson manager Christopher Demers and choreographer Travis Payne said they helped Nestor (Zaldy) Goco score a lucrative deal to design outfits for Jackson’s final tour, which never took place.

The singer died of a drug overdose in June 2009.

Payne, who worked with Jackson for 17 years, and Demers introduced the popular designer to the “Beat It” singer earlier that year and urged Jackson to hire him. When he did, they struck a deal with Zaldy to be paid 20% of his royalties.

Zaldy created costumes that dripped with Swarovski crystals and would have dazzled audiences with LED lights. He has repeatedly told the story about a pair of tuxedo pants with LED lights that he designed for Jackson’s “Billy Jean” number.

Zaldy says that two weeks before he died, Jackson tried them on and was delighted with the flashing, colorful lights, telling him, “It’s everything I ever wanted.”

But Zaldy, who’s also designed costumes for the likes of Beyoncé, Britney Spears and Lady Gaga, stopped paying the pair at some point after Jackson died and they sued last year, saying Zaldy owed them as much as $480,000.

“We tried to settle this amicably several times,” Demers said. “But he repeatedly defaulted on his own proposed settlements. This was a mess.”

They agreed to drop the suit when Zaldy agreed to give them 50% of his royalties on the Las Vegas Jackson tribute show, Cirque du Soleil’s Michael Jackson ONE.

The $1 million settlement figure is based on an assumption that Michael Jackson ONE, like many Vegas shows, will have a 20-year run.

“The estimate is probably pretty good, but it may be conservative,” said David Trachtenberg, the attorney for Demers and Payne.

Zaldy could not be reached to comment and his lawyer Edward Hernstadt declined to comment.

Demers said he is relieved that the financial dispute is over.

“I’ve known Zaldy for over 25 years. He is one of the most talented people in the world,” Demers said.

Source:NEW YORK DAILY NEWS
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ