ファン同士の苦い争いのためにMJのメモリアルが撤去される可能性

マイケルの死の直後、ファンたちはドイツ・ミュンヘンのある像の前に花や写真、オーナメントなどを置いた。奇妙に思えるかもしれないが、この祭壇は、ルネッサンス期の作曲家オルランド・ディ・ラッソの像の足元に出来上がったものだ。

ディ・ラッソ像が、マイケルが何度か宿泊した有名なホテル、バイエリッシャー ・ホーフの前に建てられているということを知っていれば、理解するのはそれほど難しくない。マイケルはドイツをしばしば訪れたが、それは他のヨーロッパ同様、彼のファン・ベースの重要な部分を占めているからだ。

2009年、世界中にたくさんの祭壇が出現した。ファンたちは、マイケルの存在を感じに、マイケルに会いに、そして悲しみを分かち合い、ともに嘆き悲しむためにマイケルに関連のある場所を訪れた。その一部は現在も残っており、ファンたちによって維持されている。ディ・ラッソ像はミュンヘン市の南部中央の中心に建っている。この祭壇は、地元政府の基準を厳格に満たし、長い間大目に見てもらえていた。

だが残念ながら状況は変わるかもしれない。ホテルや地元コミュニティが反対しているのではなく、マイケル・ジャクソンのファンたちが苦い争いをしているからだ!

当局は、平穏を維持するために祭壇を撤去しなければならないかもしれないと言っている。バイエルン州の文化省が今月出した通達は、業を煮やした親のようなトーンで、「マイケル・ジャクソン・メモリアルに関係するファンのグループの平和的共生が不可能ならば、メモリアルは遺憾ながら撤去しなければなりません」と警告している。

「私たちは今までこのメモリアルの設置を大目に見ていました。でも警察からは、ファン同士のいさかいや、刑事告訴という話すらあることを聞いています」とバイエルン州文化省のスポークスマン、ヘニング・ギーセンはAFPに対して語った。

それらの告訴の一つで身体的危害を訴える訴状が、ミュンヘンを拠点とするファンクラブMJ's Legacyの代表者・設立者より提出された。彼女は敵対する熱狂的ファンにガラスのキャンドル・ホルダーを投げつけられたと主張している。ベルリンのターゲスシュピーゲル紙はこれを「大量のプロセッコ(ワインの一種)」で火がついた「ゲリラ戦」と評している。

「4人組のグループが私たちの仕事に反対するためにやってきました。このグループは私たちの飾りつけを撤去し、ポスターをはがし、私たちが植えた花を踏みつぶしたのです」と、毎日祭壇を訪れ世話をしているMJ's Legacyの代表者は言う。

当然ながら、反対側(MJ Memorial Munichというフェイスブック・ページを運営している)は違う話をしている。「MJ's Legacyは、メモリアルの飾りつけや維持を市から独占的に許可されていると考えているのです」とそのメンバーの一人は言う。「***は、私たちをここから追い出すためにありとあらゆることをしています。でも(MJ Memorial Munichの)大勢のファンは同意していないし、ここを訪れたいと思っています」。

争いが激化したため、地元メディアによれば、当局が介入し両グループの仲裁を試みたという。だが現在のところ結果が出ていない。

このメモリアルはミュンヘン市やバイエルン州から正式な許可を受けたものではないが、取り壊そうとする者はいなかった。月日が流れてランドマーク的なものとなり、外国人観光客必見のものとなっている。だが、争いを止めるためにもう一度警察が呼ばれれば、メモリアルはおそらく撤去せざるを得ないだろう。

現地ファンがこの事態を乗り越えられるよう祈りましょう。なぜなら、このようなことは間違いなくマイケル・ジャクソン・ファン・コミュニティーにとっての不名誉なのだから。

※プライバシー保護のため、個人名は伏せています。
germany.jpg

■Fans’ bitter battle might make authorities to take MJ memorial down in Germany

Just after Michael’s death fans put flowers, photos and ornaments at a statue in Munich, Germany. It might seem strange but this shrine was formed at the bottom of a statue of Renaissance composer Orlando di Lasso.

Well, if you know that the di Lasso statue stands in front of the famous Bayerischer Hof hotel where Michael stayed several times it isn’t so difficult to understand. Michael visited Germany quite often since it was an important part of his fan base as the rest of Europe is.

In 2009 a lot of shrines appeared around the world. Fans went to places that had something to do with Michael to feel his presence and to meet, share and mourn together. Some of those shrines remained and are still maintained by his fans. The di Lasso statue stands right in the middle of the southern center of the Munich city. It’s extremely decent of the local government to have tolerated this for so many years.

Unfortunately that might change. Not because the hotel or the community is against it but because Michael Jackson fans are in a bitter battle over it!

The authorities are saying the memorial might have to be removed to keep peace. A letter this month from the Bavarian state culture ministry in the tone of an exasperated parent warned that “if peaceful coexistence between the different groups of fans behind the Michael Jackson memorial is not possible, the memorial will unfortunately have to disappear”.

“We tolerated this memorial until now but have heard from the police about disputes among fans and there have even been criminal complaints,” a spokesman for Bavaria s culture ministry, Henning Giessen, told AFP.

One such complaint, for bodily harm, was filed by the president and founder of the Munich-based fan club MJ’s Legacy. She accuses a rival Jackson enthusiast of throwing a glass votive candle-holder at her. Berlin’s daily Tagesspiegel newspaper called it a “guerrilla war” fueled by “a lot of Prosecco”.

“For some time, a group of four people has come together to rally against our work,” said the president of MJ’s legacy, who makes a daily pilgrimage to the shrine to tend to it. “They remove our decorations, take down our posters and crush the flowers we plant.”

Not surprisingly, the opposing camp, which runs a Facebook page called MJ Memorial Munich, tells a different story. “The organization MJ’s Legacy thinks that it has exclusive permission from the city to decorate and maintain the memorial,” said one member.

” *** is doing everything she can to get us out of here but a lot of fans (from MJ Memorial Munich) don’t agree and want to keep coming.”

The battle has gotten so bad that it is reported by local media that authorities stepped in and tried to mediate between the two groups. So far without results.

Although the memorial never received formal approval by the Munich or Bavarian state authorities, no one has moved to dismantle it. Over the years it has become a kind of landmark and a must-see stop for foreign tourists. But if the police are called again to break up a dispute, the memorial will likely have to vanish.

Let’s hope these fans will work things out really soon because this is an absolute disgrace to the Michael Jackson fan community.

Note: We have not mentioned the names of the fans to protect their privacy.

Source: LMJ
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ