フリードマン:2013年のエステートの会計報告書は驚くべきもの 弁護士らが数百万ドル稼ぐ

多分それに値するのだろう。だが、マイケル・ジャクソン・エステートの弁護士や遺言執行人は数百万ドルを稼ぎ、大儲けしている。ジャクソンのヒット曲になぞらえるなら、彼らは満足するまでやめない。

エステートが提出した書類によると、2013年のエステートの法的費用(大部分はジョン・ブランカの事務所へ渡る)は270万ドルであった。

遺言執行人費用(ブランカ個人とジョン・マクレーンへ渡る)は380万ドルであった。2012年にはもっと高かった(445万4011ドル)。

提出書類によると、マイケルの会社MiJac Music Publishingが持っていた借入金は完済された。Sony/ATV Music Publishingに関する借入金は、個別の契約に基づき完済されつつある。

広報関係費(大部分はLAのSitricktという事務所に渡る)は80万ドル弱であった。これは2013年1月から12月までのもので、しかも2009年に亡くなった人物に対するものである。

エステートは現金で2500万ドルを有している。

2013年の純受領額は6700万ドルだった。

これを明らかにした地道な仕事は、dailymichael.comというウェブサイトによるものだ。このサイトはマイケル・ジャクソンのどんな些細なことでも逐一監視している。

一方2013年にマイケル・ジャクソンの子供たちと彼の母親が受け取ったのは815万1308ドルだ。加えて85歳になるキャサリン・ジャクソンは後見人費用として120万ドルを受け取り、コンサルティング費として130万ドルを受け取っている。共同後見人で子供たちとは従兄となるT.J.ジャクソンはたったの15万4071ドルだ。

ミセス・ジャクソンはこの大金を何に使っている?歴史を教訓とするなら、彼女は大勢の子供たち、孫たち、そしてジョセフ・ジャクソンに分け与えているだろう。彼女が必要とする経費は別に支払われており、加えて彼女はエステートに借入金がある。

マイケルの3人の子供たち、プリンス、パリス、そして”ブランケット"(最近はビギとして知られる)は430万ドルを手当てとして受け取っている。学費や洋服代、ガス代などはこれで賄われている。

ひどいと言う話ではないし、誰かが悪事を働いているという証拠もない。だが、2005年の4月にサンタマリアの裁判所のトイレから友人ロン・バークルに携帯電話で連絡をとっていたマイケルのことを私は考える。金がなかったマイケルは彼に借金を申し入れていたのだ。誰もが彼に対して担保権を行使していた。バークルはいつも彼を助けていた。あるいは破産したためバーレーンの王子から700万ドルを手に入れたマイケルのことを私は考える。あるいはサインをするために日本へ飛んだ彼のことを。

エステートが2500万ドルの現金を持っている?マイケルなら一週間で使ってしまっただろう。もっと早いかもしれない。

この会計報告は皮肉だ。そう、大勢の人々がマイケル・ジャクソンから数百万ドルを稼いでいる。そうでない人も大勢いるし、その中には危機に瀕している人もいる。同時に、もし生前マイケルがアドバイザーたちの言う事を聞いていれば、彼は稼ぐことができたしあれほど切迫したことにはならなかったというのは事実である。エステートと遺言執行人たちは、報酬は天文学的(この年だけでなく、マイケルが亡くなってからずっとだ)かもしれないが、マイケルの遺産をきちんと整備したのである。

picture-66118.jpg ■Michael Jackson Estate Accounting for 2013 Is An Eye Opener: Lawyers, Executors, Publicists Are Making Millions

They probably deserve it, but the lawyers and executors for Michael Jackson‘s estate are making millions and cleaning up. They won’t stop til they get enough, to paraphrase a Jackson hit.

In 2013, according to Estate papers just filed, legal fees for the Jackson estate– which go mostly to John Branca‘s firm– were $2.7 million.

Executor fees — to Branca personally and John McClain — came to $3.8 million. In 2012, the executor fee were actually higher– $4,454,011.

According to the filing, all of Michael’s loans on his MiJac Music Publishing have been paid off. His Sony/ATV Music Publishing loan is being paid off under a separate agreement.

Public relations fees — mostly to L.A. firm Sitrick–came to just under $800,000. For 2013, January-December. For a man who’s been deceased since 2009.

The Estate has $25 million in cash on hand.

Gross receipts in 2013: $67 million

The grunt work here is from a website called dailymichael.com which monitors every bit of Michael Jackson minutiae. They posted the papers. My hat is off to them.

Accordingly, Michael Jackson’s kids and his mother received $8,151,308 in 2013. On top of her $1.2 million guardianship fee, the 85 year old Katherine Jackson also received a $1.3 million consulting fee in 2013. Cousin T.J. Jackson, her co-guardian, received just $154,071.

What is Mrs. Jackson doing with all that money? If history is a lesson, she’s splitting it up among many of her children and grandchildren and Joseph Jackson. All her bills are paid separately plus she’s taken loans from the Estate.

Michael’s three kids– Prince, Paris, and “Blanket” aka Bigi– received $4.3 million in allowance. That covered school, clothes, gas, snake food, and pencils.

There’s nothing egregious here, no smoking gun to suggest someone’s doing something wrong. But I do think of Michael talking on his cell phone to his friend Ron Burkle from the urinal in the Santa Maria courthouse in April 2005, begging for a loan because he had no money. Everyone was foreclosing on him. Burkle always helped him out. Or Michael grabbing $7 million in cash from Prince Abdul of Bahrain because he was broke. Or flying to Japan to sign autographs for money.

The $25 million the Estate has on hand now? Michael would have blown through it in a week, maybe less.

The accounting here is ironic. Yes, a lot of people are now making millions from Michael Jackson. A lot of people also aren’t, some of whom are in dire straits. At the same time, it’s true that if Michael had listened to his advisers when he was alive, he’d have had money and not been so desperate all the time. The Estate and executors, though their fees are astronomical (not just this year but cumulatively since Michael died) have turned the Estate into a well oiled machine.

More to come… keep refreshing…

Source: showbiz411.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ