EOがディズニーインフィニティに登場?

マイケル・ジャクソンが登場する最後のビデオゲーム「Moonwalker」(1980年の同名映画を元に作られた)から25年、そして今、「Captain EO」が、今年発売の「ディズニーインフィニティ 3.0」としてビデオゲームで復活するかもしれない。

2015年6月19日のマイケルの命日に、ディズニーインフィニティの製作担当重役ジョン・ヴィニョッキが、もし努力が実ればディズニーインフィニティ3.0で「Captain EO」に会える、とツイートした。

「個人的に熱意を持ったプロジェクトです。承認が得られれば、同僚たちのサポートが得られます」。

80年代後半から90年代前半にディズニーランドやエプコットを訪れた人なら、両パークで上演されていたこの3-D映画を覚えているかもしれない。フランシス・フォード・コッポラ監督(「ゴッドファーザー」、「地獄の黙示録」)、ジョージ・ルーカス製作(「スターウォーズ」)の「Captain EO」は、1986年製作の3-DSF映画で、主役の「Captain EO」をマイケル・ジャクソンが演じた。1986年9月にエプコットとディズニーランドで上演が開始され、エプコットでは1994年、ディズニーランドでは1998年、「ミクロ・オーディエンス(ミクロアドベンチャー!)」と交代するまで上演された。

2009年のマイケル・ジャクソンの死を受け、ディズニーは2010年からリマスターされた本作を復活させ、今年になってクローズとなった。

本作は、Captain EOと寄せ集めのクルーがアンジェリカ・ヒューストン演じる「暗黒の女王」に贈り物を届けるというストーリーだ。女王の惑星に着陸すると、そこには、ねじれた鉄と噴出する水蒸気という古典的な、80年代によく見られたSF風の風景が広がっている。Captain EOとクルーたちは、ディズニー版「エイリアン」といった外見の暗黒の女王に、ある贈り物を届ける。それは、彼女の内面は美しいということを伝えることだ。クレイジーなダンス満載のバトルシーンが続き、そして「We Are Here To Change The World」だ。音楽が終わると、女王は若々しいアンジェリカ・ヒューストンへと変身し、同時に惑星も青々としたパラダイスへと変わる。本作は30分の長さに対し1分あたり170万ドルの製作費がかかっている。さらに劇場にはレーザーやスモークなどの3-D技術が導入されている。

ディズニー・インタラクティブはインフィニティ・シリーズで金鉱を掘り当てた。サンドボックス・ゲームに分類されるこのシリーズはフィギュア類とセットで販売されており、ベースに置いたりゲームの中でプレイすることもできる。たとえば「ジャック・スケリントン」では、ゲーム中の一部のモードでジャック・スケリントン役でプレイすることも可能だ。「Captain EO」に基づいたキャラクターは、Inquisitrが報じた通りすでにマーベルやスターウォーズを加えているディズニーインフィニティのラインナップのもう一つのキラー・コンテンツになる可能性がある。

ディズニーインフィニティ 3.0は2015年にPS3、PS4、Xbox360、Xbox One、Wii U、PC向けに発売される予定。(注:日本版の発売は未定)


■‘Captain Eo’ Part Of Disney Infinity 3.0?

It has been over 25 years since ‘Moonwalker,’ the last video game Michael Jackson appeared in based off his 1980’s film of the same name and now Michael’s ‘Captain EO’ may be returning to video games in the forthcoming Disney Infinity 3.0 due out later this year.

On the 25 June 2015, on Michael’s Anniversary, John Vignocchi, the VP of Production at Disney Infinity tweeted that, if successful in his endeavours, we will see Captain EO as part of Disney Infinity 3.0. He said,

“It is a personal passion project. I have the support of my peers if we can get it cleared.”

Visitors to Disneyland or Epcot in the late 1980’s and early 1990’s may remember the 3-D film featured at the two parks. Directed by Francis Ford Coppola (The Godfather, Apocalypse Now) and produced by George Lucas (Star Wars), Captain EO is a 1986 3-D science fiction film that starred Michael Jackson as the titular character. The film was shown at Epcot and Disneyland starting in September, 1986. It ran at Epcot until 1994 and Disneyland until 1998 where it was replaced by ‘Honey, I Shrunk The Audience’ at both locations.

Following Michael Jackson’s death in 2009, Disney brought back the 3-D film with a remastered picture from 2010 until earlier this year when both locations closed.

The film itself tells the story of Captain EO and his ragtag crew delivering a gift to the “The Supreme Leader” played by Angelica Houston. Upon landing at the Supreme Leader’s planet it is revealed to be nothing but twisted metal and steaming vents in the classic dirty sci-fi look popular in the 1980’s. Captain EO and his crew deliver the gift of telling the Supreme Leader, who looks like a Disney version of the Xenomorph from Alien, that there is beauty inside of her. A crazy dance infused battle ensues and to the music of ‘We Are Here To Change The World.’ When the music fades, the leader is transformed into a youthful Angelica Houston with the planet transformed into a lush, green paradise. The film boasted a $1.7 million a minute budget for its 30 min length, which also employed 3-D technology for the theatre including lasers, smoke clouds, and so on.

Disney Interactive has struck gold with its Infinity franchise. The sandbox game is sold with figures that sit on a base and are able to played with in the game. An example is if you own the Jack Skellington figure, you can play as Jack Skellington in some of the game’s modes. Having a character with a possible play set based around Michael Jackson’s Captain EO would be another killer IP to bring into the Disney Infinity line-up, which already includes the Marvel and Star Wars universe as the Inquisitr covered previously.

Disney Infinity 3.0 is slated to release in 2015 for the PS3, PS4, Xbox 360, Xbox One, Wii U, and PC.

Source: Inquisitr & MJWN マイケル・ジャクソンが登場する最後のビデオゲーム「Moonwalker」(1980年の同名映画を元に作られた)から25年、そして今、「Captain EO」が、今年発売の「ディズニーインフィニティ 3.0」としてビデオゲームで復活するかもしれない。

2015年6月19日のマイケルの命日に、ディズニーインフィニティの製作担当重役ジョン・ヴィニョッキが、もし努力が実ればディズニーインフィニティ3.0で「Captain EO」に会える、とツイートした。

「個人的に熱意を持ったプロジェクトです。承認が得られれば、同僚たちのサポートが得られます」。

80年代後半から90年代前半にディズニーランドやエプコットを訪れた人なら、両パークで上演されていたこの3-D映画を覚えているかもしれない。フランシス・フォード・コッポラ監督(「ゴッドファーザー」、「地獄の黙示録」)、ジョージ・ルーカス製作(「スターウォーズ」)の「Captain EO」は、1986年製作の3-DSF映画で、主役の「Captain EO」をマイケル・ジャクソンが演じた。1986年9月にエプコットとディズニーランドで上演が開始され、エプコットでは1994年、ディズニーランドでは1998年、「ミクロ・オーディエンス(ミクロアドベンチャー!)」と交代するまで上演された。

2009年のマイケル・ジャクソンの死を受け、ディズニーは2010年からリマスターされた本作を復活させ、今年になってクローズとなった。

本作は、Captain EOと寄せ集めのクルーがアンジェリカ・ヒューストン演じる「暗黒の女王」に贈り物を届けるというストーリーだ。女王の惑星に着陸すると、そこには、ねじれた鉄と噴出する水蒸気という古典的な、80年代によく見られたSF風の風景が広がっている。Captain EOとクルーたちは、ディズニー版「エイリアン」といった外見の暗黒の女王に、ある贈り物を届ける。それは、彼女の内面は美しいということを伝えることだ。クレイジーなダンス満載のバトルシーンが続き、そして「We Are Here To Change The World」だ。音楽が終わると、女王は若々しいアンジェリカ・ヒューストンへと変身し、同時に惑星も青々としたパラダイスへと変わる。本作は30分の長さに対し1分あたり170万ドルの製作費がかかっている。さらに劇場にはレーザーやスモークなどの3-D技術が導入されている。

ディズニー・インタラクティブはインフィニティ・シリーズで金鉱を掘り当てた。サンドボックス・ゲームに分類されるこのシリーズはフィギュア類とセットで販売されており、ベースに置いたりゲームの中でプレイすることもできる。たとえば「ジャック・スケリントン」では、ゲーム中の一部のモードでジャック・スケリントン役でプレイすることも可能だ。「Captain EO」に基づいたキャラクターは、Inquisitrが報じた通りすでにマーベルやスターウォーズを加えているディズニーインフィニティのラインナップのもう一つのキラー・コンテンツになる可能性がある。

ディズニーインフィニティ 3.0は2015年にPS3、PS4、Xbox360、Xbox One、Wii U、PC向けに発売される予定。(注:日本版の発売は未定)


■‘Captain Eo’ Part Of Disney Infinity 3.0?

It has been over 25 years since ‘Moonwalker,’ the last video game Michael Jackson appeared in based off his 1980’s film of the same name and now Michael’s ‘Captain EO’ may be returning to video games in the forthcoming Disney Infinity 3.0 due out later this year.

On the 25 June 2015, on Michael’s Anniversary, John Vignocchi, the VP of Production at Disney Infinity tweeted that, if successful in his endeavours, we will see Captain EO as part of Disney Infinity 3.0. He said,

“It is a personal passion project. I have the support of my peers if we can get it cleared.”

Visitors to Disneyland or Epcot in the late 1980’s and early 1990’s may remember the 3-D film featured at the two parks. Directed by Francis Ford Coppola (The Godfather, Apocalypse Now) and produced by George Lucas (Star Wars), Captain EO is a 1986 3-D science fiction film that starred Michael Jackson as the titular character. The film was shown at Epcot and Disneyland starting in September, 1986. It ran at Epcot until 1994 and Disneyland until 1998 where it was replaced by ‘Honey, I Shrunk The Audience’ at both locations.

Following Michael Jackson’s death in 2009, Disney brought back the 3-D film with a remastered picture from 2010 until earlier this year when both locations closed.

The film itself tells the story of Captain EO and his ragtag crew delivering a gift to the “The Supreme Leader” played by Angelica Houston. Upon landing at the Supreme Leader’s planet it is revealed to be nothing but twisted metal and steaming vents in the classic dirty sci-fi look popular in the 1980’s. Captain EO and his crew deliver the gift of telling the Supreme Leader, who looks like a Disney version of the Xenomorph from Alien, that there is beauty inside of her. A crazy dance infused battle ensues and to the music of ‘We Are Here To Change The World.’ When the music fades, the leader is transformed into a youthful Angelica Houston with the planet transformed into a lush, green paradise. The film boasted a $1.7 million a minute budget for its 30 min length, which also employed 3-D technology for the theatre including lasers, smoke clouds, and so on.

Disney Interactive has struck gold with its Infinity franchise. The sandbox game is sold with figures that sit on a base and are able to played with in the game. An example is if you own the Jack Skellington figure, you can play as Jack Skellington in some of the game’s modes. Having a character with a possible play set based around Michael Jackson’s Captain EO would be another killer IP to bring into the Disney Infinity line-up, which already includes the Marvel and Star Wars universe as the Inquisitr covered previously.

Disney Infinity 3.0 is slated to release in 2015 for the PS3, PS4, Xbox 360, Xbox One, Wii U, and PC.

Source: Inquisitr & MJWN
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ