「HIStory」20年:ブラッド・サンドバーグの回顧

話を始める前に。
1994年はその10年前よりもおそらく罪がありました。ルワンダでは残忍な虐殺がありました。サラエボはセルビアの攻撃を受けました。チェチェンはロシアからの分離問題を抱えていました。そしてアメリカはペルシア湾に派兵していました。

ナンシー・ケリガンはパイプで殴られ、O・J・シンプソンは世界で最もスローなカーチェイスの末、殺人で逮捕・起訴されました。カート・コバーンは悲劇的にも自らの手で人生を終わらせました。トム・ハンクスはフォレスト・ガンプになり、ホイットニー・ヒューストンの「I Will Always Love You」がこの年最高のレコードとなりました。ネルソン・マンデラは南アフリカ初の民族間選挙で大統領に選出されました。

これらはすべて、私たちが、「HIStory」と呼ばれるアルバムをニューヨークでレコーディングしていたのと同じ年の出来事です。

マイケルはとてもかわいらしいリサ・マリー・プレスリーと結婚しました(私たちにとっても完璧なサプライズでした)。私たちは彼女をスタジオに迎えて楽しみました。彼女は彼を幸せにし、彼も彼女に対して同じだったのだと私は思います。2人は一緒にいると楽しかったです。

マイケルは「Dangerous」以降の数年間、破壊的なストレスに耐えていました。彼の耐えたようなことに耐え、そして、彼のように喜びにあふれ、笑いと愛に溢れている。そんな人がたくさんいるとは想像できません。

アルバム製作をコツコツ進めている時は3カ月か4カ月のプロジェクトだと聞かされていました。私は素直にうなずいていましたが、もっと長くなることは知っていました。マイケルくらいの完璧主義者は急ぐということはないのです。

元々は数曲の新曲を加えた"Greatest Hits"になるはずでした。でも、素材があまりに強力でした。そしてマイケルは、これはもっと大きなプロジェクトになると何度も言っていました。ブラッド・バクサーが覚えていたのですが、ある日、彼とマイケルと私はヒット・ファクトリー(NYのレコーディング・スタジオ)のラウンジにいて、私がマイケルの方を見て言ったのです。「新曲でフルアルバムをやるべきですよ。良い曲があまりに多すぎます」。この瞬間に2枚組アルバムとなったというわけではありませんが、この問題について意見を言えたことを私はうれしく思っています。

1995年の春、ミキシングとマスタリングが終了しました。素晴らしい音楽作品であることは分かっていました。ブルース・スウェディーンとマイケルは完璧にとれもこだわりますから、私がCD工場に派遣されて製造プロセスを検査し、試聴のために最初のCDを何枚か持って帰りました。実際、私たちはCDやカセット、LPの最初の製品をテストしたのです。MDも。MD覚えてますか?

ヒット・ファクトリーに試聴装置を設置してもらい、私が一枚一枚検査しました。それまでに、私は15カ月近くもこれらの曲を聴いてきたのです。「Earth Song」と「Come Together」に至ってはほぼ10年間ですよ。

ニュージャージーのCD工場を訪問している時、オクラホマシティの爆破事件のニュースを聞きました。たくさんの人々が亡くなり、託児所の無垢の子供たちもその中に含まれていました。何という世界でしょう。

マイケルは困っている子供たちはみんな助けたい、直す必要があるものは直したいといつも言っていました。彼は夢見人でした。よりよい世界を夢見ていました。世界が笑い声と音楽で満ち溢れることを夢見ていたのです。そして1995年、私たちの世界への彼の貢献が、「HIStory」だったのです。

大ヒット曲の詰め合わせは、音楽的な大きさという意味で驚くべきものがありましたが、ディスク2はみんなが待っていたものでした。そして、マイケルが最初に聞いてほしかったのは妹ジャネットとのデュエットでした。マイケルには声を大にして言いたいことが山ほどありました。「Scream」はトップバッターとして最適だったのです。

「HIStory」がリリースされるころ、私とマイケルとの付き合いは11年になっていました。彼は、私が「Captain EO」で彼に初めて会ったころと同じ若者だったでしょうか?答えはイエスであり、ノーです。だいたいはイエスですが。彼は傷ついていた。彼は嘲笑されていた。彼はいじめられてきた。それでも彼は笑っていた。それでも彼はスタジオの窓から水風船を投げていたのです。自分の時間を惜しげもなく使っていました。ファンをスタジオに連れてきた時でもお腹がすいていないか気を配っていました。私に娘が生まれるたびに、きれいなギフト・バスケットを送ってくれました。彼はマイケルのままだったのです。

私はアルバムにあまりにもかかわり、その誕生に加わっていたので、アルバムの成長から、卒業して一般公開へ、というのは説明するのが難しいです。理解できていないかもしれません。マイケルはとても動きが早く、ハードに仕事をし、チームを、ミュージシャンやテクノロジーを可能な限りハードにけん引しました。でも彼はそれを笑顔を絶やさずにやっていました。仕事は喜びでした。チャレンジは楽しかった。もちろん、私たちは国中の14のスタジオを同時に使いこなすことができました(と思います)。もちろん、2つのスタジオで、200曲のデジタル・トラックを200台のムービング・フェーダーを並べてつなげるということもできました。ケーブルは何マイルにもなり、レコーディング関連の機器には数百万ドルをかけました。その詳細をお話しようと思ったら、数時間はかかってしまいます。

「They Don't Care About Us」は世界のたくさんの人々のアンセムとなりました。

「Stranger In Moscow」は今聞いても鳥肌が立ちます。私の好きなMJソングの一つです。

「Earth Song」は1994年から1995年にかけての私たちの世界を鮮やかに指摘しています。今でも強力です。

「2BAD」はマイケルが作った尋常ではないビデオを思い出します。
https://www.youtube.com/watch?v=UPUcbQcUyVU
彼がこのセットでダンスをするために、私は巨大なスピーカーを作りました。大音響で鳴らされたので、吹っ飛んだスピーカーを何個も取り替えました。音楽を感じるという彼の要望にこたえるためです。「壊れるくらいだ、ブラッド!」私はいまだ、この曲を普通の音量で聴くことはできません。大音量で聴くべきです。

「Childhood」、「Little Susie」、「Smile」はピュア・マジックです。

「HIStory」の曲はどれも、マイケルが言いたいことを代弁しているのです。彼は地獄を経験し、世界は「Off The Wall」のころほどやさしくありませんでした。彼は歳を重ねた。そして私が言ったように、彼には言いたいことが山ほどあったのです。それでも彼はマイケルでした。「Scream」でスタートし、「Smile」でアルバムを締めくくったのです。

どのプロジェクトも、曲も、ミックスも、デモも、ビデオも、ツアーも、ライドも、そしてマイケルと取り組んだどのスペシャルプロジェクトも私は誇りに思っています。でも特にアルバム「HIStory」は私の誇りです。素晴らしい時間でした。「HIStory」の一員となれたことを感謝しています。20年後に振り返るというのは、サンセットのタワーレコードの店頭に並んでいるのを初めて見た時と同じくらい誇らしいことです。

アルバム「HIStory」20周年おめでとう。そして、彼の歴史のほんの少しにでも私を加えてくれたことに、深く、心から、「ありがとう」。

ブラッド

ドイツ、スペインで会いましょう!
www.inthestudiowithmj.com/events

■20 Years
Let's set the stage.
In 1994 the world was not as innocent as perhaps it was a decade earlier. Rwanda was hit with a brutal massacre. Sarajevo was under attack by the Serbs, Chechnya was having some separation issues with Russia, and the US was sending the military to the Persian Gulf.

Nancy Kerrigan got beaten with a pipe, OJ Simpson was involved in the world's slowest car chase, arrested and charged with murder and Kurt Cobain tragically ended his own life. Tom Hanks became Forrest Gump and Whitney Houston won record of the year with "I Will Always Love You". And Nelson Mandela was elected president of South Africa in the country's first inter-racial election.

All in the same year that we were in New York recording an album called HIStory.

Michael married a very pretty Lisa Marie Presley (a complete surprise to us), and we all enjoyed having her in the studio. She made him happy, and I think he did the same for her. They were fun to be around.

Michael had been through a crushing amount of stress those previous years since Dangerous. I can't imagine many people going through what he went through, and coming out the other side with as much joy, laughter and love as he did.

As we plowed through the production of the album, we were told it would be a quick three or four month project. I good-naturedly nodded my head in agreement, knowing it would take much longer - Michael's level of perfectionism was not something to be rushed.

Originally it was to be a "Greatest Hits" with a couple new songs. But the material was so strong, and Michael had so much to say that it was becoming a larger project. Brad Buxer reminded me of the day that he, Michael and I were in one of the lounges at The Hit Factory, and I looked at Michael and said, "You need to just do a full album of new music - there is too much good stuff here." That certainly was not the moment that the double-album was hatched, but I am glad to have at least shared my opinion on the matter.

In the spring of 1995, after mixing and mastering were completed, we knew we were sitting on an amazing musical product. Bruce Swedien and Michael were so driven to perfection that I was actually sent to the CD plant to inspect the process and get some initial discs to take back to the studio for testing. In fact, we tested the first batch of CDs, cassettes, LPs and - Minidiscs. Remember those?

I had a full listening rig set up at Hit Factory, and I would evaluate one after an other after another. I had heard some of those songs for nearly 15 months by then. And in the case of "Earth Song" and "Come Together", nearly a decade.

During one of those visits to a CD plant in New Jersey, I heard the news of the Oklahoma City bombing, killing so many people including a daycare full of innocent children. What a messed up world.

Michael used to talk about wanting to help every child in need, wanting to fix things that needed to be fixed. He was a dreamer, and he dreamed of a better world. He dreamed of a world filled with laughter and music, and in 1995 his contribution to our world was HIStory.

The greatest hits assortment truly was jaw-dropping in its depth of musical enormity, but Disc 2 was what people were waiting for. And the first thing Michael wanted them to hear was the duet with his sister Janet. He had a lot of stuff to get off his chest, and "Scream" was a good place to start.

By the time HIStory was released, I had known Michael for about 11 years. Was he the same young man I originally met during Captain EO? Yes, and no. But mostly yes. He had been hurt, he had been mocked, he had been bullied. But he still laughed. He still threw water balloons out of the studio window. He still was generous with his time. He still insisted that we bring fans into the studio and made sure they were fed. He still sent my family beautiful gift baskets when each of our daughters was born. He was still Michael.

Being so close to these albums, being a part of their birth, their growth and their graduation/introduction to the public is hard to explain, almost hard for me to understand. Michael moved so fast, he worked so hard, he pushed the team, the musicians and the technology as hard as possible, but he did it all with a smile. The work was enjoyable. The challenges were fun. Of course we can manage 14 studios across the country at once (I think). Of course we can harness nearly 200 digital tracks of music and nearly 200 moving faders in two studios side-by-side with miles of cable and millions of dollars of recording equipment and have it all come together flawlessly - just give us a couple hours to work out some of the details first.

"They Don't Care About Us" has become an anthem for many people around the world.

To this day I get chills when I hear "Stranger In Moscow", one of my favorite MJ songs of all time.

"Earth Song" points out so vividly the world that surrounded us in 1994 and 1995, and it remains just as strong today.

"2Bad" always makes me remember the insane video Michael produced for it. https://www.youtube.com/watch?v=UPUcbQcUyVU I built a giant speaker rig for him to dance to on the set, and it was played so loud that I replaced many blown speakers to keep up with his desire to feel the music. "Hurt me, Brad!!" I still can't listen to the song a modest volume - it must be loud.

"Childhood", "Little Susie" and "Smile" are pure magic.

Each song on HIStory represents Michael wanting to tell you something. He had been through hell, and the world was not as soft as it was during "Off The Wall". He was older, and, like I said, he wanted to get some stuff off of his chest. But he was still Michael. He starts the record with a scream, but ends it with a smile.

I am proud of each of project, song, mix, demo, video, tour, amusement ride and special project I worked on with Michael. But I am especially proud of the "HIStory" album. It was an amazing time, and I am grateful and blessed to have been a part of it. Looking back twenty years later, I am just as proud as I was the first time I saw it for sale at Tower Records on Sunset.

Happy 20th Anniversary to the HIStory album, and a deep, sincere "thank you" to Michael for letting me be a small part of his history.

Brad

See you in three weeks in Germany and Spain!
www.inthestudiowithmj.com/events

Source: damienshields.com / In the Studio with MJ
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ