ライオネル・リッチー : マイケルの死は"現実"とは思えない

ライオネル・リッチーは、友人マイケル・ジャクソンの死が"現実"とは思えないと語った。

彼はマイケルとは親友であり、6年前にマイケルが急性プロポフォール中毒で亡くなったことがまだ"現実"とは思えないという。

「今でも、彼が亡くなったことが理解できていないんだ。現実とは思えないんだよ。彼がいないというのは僕にとってはそれほど大きいことなんだ」。

ライオネルは、毎年誕生日が近くなると特別に悲しさを感じるという。というのも、2009年、彼はマイケルとお祝いするためにお祝い事を先延ばしにしていたからだ。マイケルは亡くなった時、ロンドン定住の「This Is It」50公演の準備をしていた。だが、その機会を掴むことはなかった。

「6月20日は僕の誕生日なんだ。僕はあの年のことを決して忘れないよ。僕はパーティーを延期することにしたんだ。マイケルがでかいツアーのリハーサル中たったから。彼はほんの1ブロック半向こうに住んでいて、僕は僕らの子供たちを勢ぞろいさせたいと思ってたんだ。だから彼にはパーティーは週末まで延期すると言っていたんだ。でもマイケルはその週に亡くなった。それ以来、毎年誕生日が近づくと、僕はあの日のことを考えてしまうんだ」。

65歳になるライオネルは、マイケルは幼くして有名となってしまったために普通の生活というものが決してなかったと認めている。

「彼は普通の子供のようにぶらつくとかサッカーするとか、学校へ行くとかファースト・キスとかは決してなかったんだ。彼には"現実"というものがなかった。『ねぇライオネル、サルを買ったよ』っていうのが彼の"現実"だったのさ」。

2人の友情は、2人がアフリカのために書き、いくつも賞を獲得したチャリティ・ソング「We Are The World」のレコーディングまでさかのぼる。1985年のことだ。

■Lionel Richie Says Michael’s Death Doesn’t Feel ‘Real’

Lionel Richie admits his friend Michael Jackson’s death still doesn’t feel ”real” to him.

The ‘Hello’ singer was close friends with Michael and admits his pal’s passing from acute Propofol intoxication almost six years ago still doesn’t feel ”real.”

He said:

”To this day, I can’t get it into my head that he’s dead. It still doesn’t seem real. It’s so huge to me that he’s not here.”

Lionel explained that he feels a special sadness around his birthday every year because in 2009 he delayed festivities in order to celebrate with Michael, who was preparing for his 50-date ‘This Is It’ London residency when he died, but never got the chance.

He added:

”It’s my birthday on June 20 and I’ll never forget that year – I decided to delay my party because Michael was rehearsing for his big tour. He only lived a block and a half away and I wanted our kids to get together so I told him I would put it off until the weekend. But that was the week Michael died. Every year since, when my birthday is coming up, I still think of that day.”

The 65-year-old star admits his friend never ever had a normal life because he found fame at such a young age.

He told HELLO! magazine:

”He never got to hang out as a normal kid, playing soccer, going to school, having a first kiss. He didn’t have a ‘real’. His ‘real’ was, ‘Hey Lionel, I bought a monkey’.”

The friendship between the two goes way back to 1985 with the recording of the multi award winning charity song “We Are The World” that was written by both for Africa.

Source: EXPOSE.ie & MJWN
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ