「Black or White」でラップを歌った謎の男に会う

数年前、私はマイケル・ジャクソンの「Black or White」を車のラジオで聴いた。ラップ部(See, it’s not about races, just places, faces, where your blood comes from is where your space is・・・の部分)に差し掛かった時、この歌でラップを歌っているのが誰なのか知らなかったことに私は気がついた。グーグルで調べると、L.T.B.とクレジットされている人物であることが分かった。ネットで見てみたところによると、彼はそれ以前も、あのヴァースを歌って以降も何も業績がないらしい。

このことを友人に話すと、その友人はこの曲のプロデューサーでラップ部の歌詞にもクレジットされているビル・ボットレルにメールを出して、L.T.B.についてもっと教えてほしいと頼んだ。

ボットレルはその日のうちに返事をくれ、L.T.B.のものだというGメールアドレスを教えてくれた。私はそのアドレスにメッセージを送り、インタビューを申し入れたが返事はなかった。

L.T.Bについての謎はその後数年間、私の脳裏から離れなかった。曲を聞けばいつでも頭をもたげた。そのことが脳裏に浮かぶといつも私はインターネットであの謎のラッパーが誰なのか探り出そうとしたが、何も発見できなかった。20カ国以上でナンバーワンとなり、1991年にビデオが初めてテレビ放映された時に5億人が見たという記録を作ったミュージック・ビデオもあるという事実にもかかわらず、ネット上のL.T.B.の存在は「Black or White」のリストとヤフー知恵袋上の彼が誰なのかをめぐる未解決のスレッドに限られている。

先週、この歌をまた聴いた。このことをまた考え、そしてボットレルにもう一度頼もうと決めた。あのラップについて話す気はないかと。「それは可能だ。長い話ではない」と彼はメールで返事をよこした。

翌日電話でボットレルと話をすると、彼は、L.T.B.という名前を偽名として使い、自分があのラップを歌ったと認めた。彼の説明によれば、私の友人が彼にメールを送った時、私たちをだまそうとL.T.B.という他人のふりをして彼のメールアドレスを提示したという。「だまそうと思ったのでね」。だが、ばれそうだと思いそれ以上のことはしなかったと彼は説明した。「すでに知っている人がたくさんいるので、ジョークも通じないだろうと思いました」。

これが「Black or White」のビデオだ。マコーレー・カルキンがリップシンクしている問題のラップ部は4分35秒あたり。

ボットレルが90年代の最も有名なラッパーの一人になるまでのいきさつは、彼がマイケル・ジャクソンと共作、共同プロデュースした「Black or White」にはミドル部に大きな穴があったということから始まる。「取り掛かって数日後のことです。この歌のコアの部分に取り組んでいました。ヴァース、コーラスがありました。当初はマイケルはそれを歌っていたのです。私たちが取り組んでいたのはこのミドル・セクションの大きな隙間でした。何カ月もそのことが私たちの頭の中にありました」。

ある朝自宅にいる時、ボットレルの頭に、ジャクソンがこの曲に込めたテーマからヒントを得た歌詞とともに、ラップというアイディアが浮かんだ。ボットレルは一時穴埋めかつジャクソンに聴かせるためのラップを録音した。「彼がそれを気に入ったのです」とボットレルは私に言った。

ボットレルの当初のプランは彼のパートを本物のラッパーに歌ってもらうというもので、LL・クール・Jかヘヴィ・Dをジャクソンに提案した。両者ともこのアルバムの別の曲でスタジオで仕事をしていた。

しかしジャクソンはボットレルのレコーディングを使うと主張した。ボットレル自身は全く気に入っていなかったという。「僕はソングライターでありレコード・プロデューサですから。僕はラッパーではありませんし、このパートでラップを歌っている白人男になるつもりなどなかったのです」。

だがジャクソンは譲らなかった。おそらく、それは彼が白人でラッパーではないからではないか、とボットレルは考えている。「僕が白人で、曲の内容に合ったラップを歌った。それで彼の頭の中で、すべてが一つになったのです」。

だからボットレルは、それでも気に入らないので偽名を使おうと決めたと認めた。彼はテレビ番組「Leave It to Beaver(ビーバーちゃん)」を参考に、L.T.B.という名前を選んだという。

ボットレルのラップへのジャクソンの信頼は結果として適切であった。この歌が数100万枚売れ、アメリカ・チャートで7週間トップとなると、ボットレルのマネージャーにはフル・アルバムをやらないかと言うL.T.B.への電話がかかってきたという。

私が「Black or White」のラップの謎に数年間悩んでいたというのに、ボットレルは、L.T.B.が自分であると以前公表したことがあるという。それは、「世界最先端のレコーディング技術雑誌」と銘打った雑誌、「Sound on Sound」との2001年のインタビューである。だがボットレルが言うには、この雑誌が技術に重点が置かれているという性質上、彼の公表は取り上げられなかった(参考までにその雑誌から引用すると、「私はクレイマーのギターをメサ・ブギーのアンプにつなぎ、ベイヤーM160のマイクで音を拾いました。すると、彼の歌に合わせて演奏する時、あのざらついたサウンドが得られたのです」)。

私は音楽の専門家ではないが、曲の3分の2まで進んだ時点でラッパーにゲスト・ヴァースを歌わせたそれ以前の大ポップスターは私には思いつかない(今日では、リアーナの「Umbrella」やジャスティン・ビーバーの「Beauty and a Beat」など、よく聞くようになった)。私はボットレルに、彼が最初の人物かと尋ねた。すると彼は、考えたこともなかったが、彼以前に同じことをした人は思いつかないと答えた。

また彼は、この歌が最初にリリースされた時、ラップをカットしたバージョンを作る必要があったと述べた。ラジオ局の主流はラップをオンエアしないという方針で、ラップ部をカットしなければこの歌もオンエアされなかったからだ。「このレコードがドアを開けたかもしれません。これはいつものプロセスなんです。わかりますか?その後2年間で変わったのです。とても早い」。

知らないうちに最も影響力のあるラッパーの一人になっていたのかもしれないということでは?と示唆すると彼は笑ってさえぎった。
「やめてください。その話には触れないで」。

Written by Jamie Lee Curtis Taete

mj45.jpg ■Meet The Mystery Man Who Rapped ‘Black or White’

A couple of years ago, I heard the song ‘Black or White’ by Michael Jackson on the radio in my car. When it got to the rap (” See, it’s not about races, just places, faces, where your blood comes from is where your space is, etc…”) I realized that I had no idea who had done the rapping on the song. After googling, I saw that it was credited to someone called L.T.B. who, according to what I could see online, had done nothing before or since dropping that verse.

A friend of mine who I mentioned this to emailed the producer of the song, Bill Bottrell, who is also credited with writing the lyrics to the rap, and asked him for more info on L.T.B.

Bottrell responded the same day and provided a Gmail address that he said belonged to L.T.B. I sent a message to the address asking for an interview, but never received a response.

The mystery of L.T.B. sat in the back of my brain for the next couple of years, rearing its head whenever I heard the song. Each time it crossed my path, I would take to the internet again to try and figure out who the mystery rapper was, but was never able to find anything. Despite the fact that he had rapped on a song that was number one in over 20 countries, with a music video that broke records by being watched by 500 million people on its initial broadcast in 1991, L.T.B.’s internet presence is limited to personnel lists for ‘Black or White’ and unresolved Yahoo Answers threads asking who he is.

Then, last week, after hearing the song again, I thought **** **, and decided to try hitting up Bottrell again to ask if he’d talk to me about the rap. “I can do that,” he emailed back. “It’s not a long story.”

When I spoke to Bottrell on the phone the next day, he admitted that he was the one who had actually performed the rap, using the name L.T.B. as a pseudonym. He explained that, when my friend had emailed him, he had given us another email address of his with the intention of pretending to be another person named L.T.B. to **** with us. “I was gonna do a ruse,” he explained, but had backed out when he realized it would most likely fail. “I think there are a lot of people who already know and the joke wouldn’t have worked so well,” he said.

The video for “Black or White.” The rap, as lip-synced by Macaulay Culkin, comes in around 4:35.

The story of how Bottrell became, in a way, one of the most popular rappers of the 90s started because ‘Black or White,’ a song he had co-written and was producing with Jackson, had a big hole in the middle. “After the first few days of working on it, we really had the core of the song, the verses, the chorus, and Michael sang it really early on,” he told me. “All we had was this big gaping middle section, that sort of just sat that was and on our minds for many months.”

The idea for the rap popped into Bottrell’s head one morning while he was at home, with lyrics inspired by the themes Jackson had covered in his parts of the song. Bottrell recorded a version of the rap which he intended to serve as a temporary filler and played it to Jackson. “He just loved it,” Botrell told me.

Bottrell’s initial plan with the rap was to get an actual rapper to record over his part, and suggested to Jackson that they use LL Cool J or Heavy D, who were both in the studio working on other tracks for the album.

Jackson, however, insisted that they use Bottrell’s recording, something the producer told me he wasn’t entirely comfortable with. “I’m, you know, a songwriter and record producer,” he said. “I’m not a rapper, and I did not intend to be a white guy who’s rapping on there.”

But Jackson insisted—possibly, Bottrell thinks, because he’s white and not a rapper. “The fact that I’m white and I did that rap kind of speaks to the content of the song. So in his mind, it all came together.”

So Bottrell agreed, but, still not entirely comfortable with it, decided he wanted to use a pseudonym. He went with L.T.B. as a reference to the show Leave It to Beaver. “It’s a white suburban kid, I’m making fun of myself,” he said.

Jackson’s faith in his rapping turned out to be well-placed. After the song sold millions of copies and spent seven weeks at the top of the US charts, Bottrell says his manager started getting calls asking L.T.B. to do a full album.

Though I’ve been confounded by the mystery of the rapping on “Black or White” for years, Bottrell told me that he has, in fact, publicly revealed that he is L.T.B. before. That was in a 2001 interview with Sound on Sound, a publication that describes itself as the “world’s premier music recording technology magazine.” But, Bottrell said, the revelation flew under the radar due to the technical nature of the publication. (Sample quote: “I just hooked up a Kramer American guitar to a Mesa Boogie amp, miked it with a Beyer M160, and got that gritty sound as I played to his singing.”)

I’m no music expert, but I can’t think of an earlier example of a huge pop star having a rapper come into their song for a guest verse about two-thirds of the way through the track (something that has become pretty ubiquitous today, on everything from Rihanna’s “Umbrella” to Justin Bieber’s “Beauty and a Beat”). I asked Bottrell if he had been the first person to do this, and he said, though he had never really thought about it before, he couldn’t think of a song where someone had done this before him.

He also explained that, when the song had first been released, he had to make an edited version with the rap cut out because mainstream radio stations had no-rap policies and wouldn’t play the song otherwise. “I believe this record might have opened some doors,” he explained. “It’s always a process, right? I think it changed over the next two years, very quickly.”

When I suggested that this might mean that Bottrell might be, without realizing it, one of the most influential rappers of all time, he cut me off with a laugh. “Stop.” he said. “No. Don’t even go there.”

Written by Jamie Lee Curtis Taete

Source: The Vice Channels & MJWN
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ