ロブソンとセイフチャックの審理は5月に延期

ウェイド・ロブソン、ジェームズ・セイフチャック、そしてマイケル・ジャクソン・エステートの弁護士らはロサンゼルス郡上級裁判所ミッチェル・ベックロフ判事の元に火曜日に出頭する予定であったが、その期日が5月に延期された。現時点では理由についての情報は得られていない。

ロブソン(32)とセイフチャック(36)の両者は子供の時にマイケルから性的虐待を受けたと主張している。言い分を判事に証明するために法廷で使用する予定の情報の一部が審理開始に先立ってメディアにリークされている。

彼らには大きなハードルを越える必要がある。両者とも、2009年のマイケルの死後1年以上経ってから提訴しており、法律で定められた期限を過ぎているからである。

エステートの弁護士ハワード・ワイツマンはロブソンによる遅すぎる主張を「言語道断かつ哀れを誘うもの」と評している。

■Robson and Safechuck Los Angeles Superior Court hearing pushed back to May 2015

Legal teams for Wade Robson, James Safechuck and the Michael Jackson Estate were scheduled to appear before Los Angeles Superior Court Judge Mitchell Beckloff on Tuesday.
However, the court date was pushed back to May. At this point we have no information about the reason for the delay.

Robson (32) and Safechuck (36) both allege Michael abused them when they were children. In the run-up to the hearing several details they will use in court to try to prove their claims to the judge are leaked to the media.

They must overcome a major hurdle. Both their claims were filed more than a year after Michael’s 2009 death, missing the statutory deadline.

Howard Weitzman lawyer for the MJ Estate has labelled Robon’s delayed allegations as “outrageous and pathetic”.

Source: LMJ
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ