スラッシュ:ガンズ・アンド・ローゼズの仲違いはMJのせいだというのはデタラメだ

スラッシュとアクセル・ローズの仲違いの原因がマイケル・ジャクソンではなかったことが明らかとなった。最近のインタビューでスラッシュは、1991年にマイケル・ジャクソンと共演、レコーディングするというスラッシュの決断が二人の仲違いのきっかけだったとする元マネージャーの主張を否定した。

ワシントンDCのラジオ局DC101の朝の番組のDJエリオット・シーガルのインタビューに対し、スラッシュはこう語っている。

「彼のインタビューに不快な思いをしたたくさんの人たちからこのインタビューについては聞いているよ。インタビュー自体も聞いた。でもこのインタビューには何一つ真実はないと思う。つまりだね、その後もバンドは長い間ずっと一緒にやってきたんだ。大したことじゃなかったんだよ。もし誰かを不快にさせたのなら、出ていけばいいだけの話だったんだよ。だから、あれがオリジナルのガンズ・アンド・ローゼズが終わりになるきっかけだったとは思わない。・・・ああいう奴のデタラメは読みたくないし聞きたくない。だから無視してるのさ。それが良識というものだ」。

二週間前、1991年から2008年までガンズ・アンド・ローゼズのマネージャーだったダグ・ゴールドスタインが、マイケル・ジャクソンのアルバム「Dangerous」の「Black or White」と「Give It to Me」の2曲でプレイするというスラッシュの決断をバンドが納得できなかったのだと述べ、その理由として、当時ジャクソンに向けられていた児童性的虐待疑惑を挙げた。「私は彼に止めるように言いました。なぜなら、アクセルは2歳の時に父親から虐待されていたからです。アクセルはマイケル・ジャクソンに向けられた疑惑が本当だと信じていました。アクセルから見れば、それが唯一の問題でした。ドラッグやアルコールには目をつぶれても、児童虐待には我慢できなかったのです」とゴールドスタインは述べている。

■Slash: Guns N’ Roses Breakup Blamed on MJ Is ‘B.S.’

It turns out that Michael Jackson didn’t help break up Slash and Axl Rose. In a new interview, the guitarist refuted a recent claim by Guns N’ Roses‘ former manager that his decision to perform and record with Jackson in 1991 was the for the split between the two.

Speaking to Elliot Segal, the longtime morning DJ on Washington, DC’s DC101, he said, “I’ve been hearing a lot about this particular interview from a lot of people that he really pissed off. And I’ve heard that. And I don’t think there’s any truth to that. I mean, obviously, the band stayed together for years after that whole thing. And it wasn’t a big deal at the time. And if it did piss anybody off, it was something that went away. So I don’t think it had anything to do with the original Guns N’ Roses demise [...] I don’t wanna read or hear that guy’s B.S., so I just avoid it. That way I stay sane.”

Two weeks ago, Doug Goldstein, who managed Guns N’ Roses from 1991-2008, suggested that Rose never got over Slash’s decision to play on two songs from Jackson’s album Dangerous, “Black or White” and “Give It to Me,” because of the child abuse allegations against Jackson at the time. “I told him not to do it,” Goldstein said, “because Axl was molested by his father when he was two, and he believed the charges against Michael Jackson. He thought Slash would support him and be against all abuse. From the point of view of Axl, that was the only problem. He could ignore the drugs and the alcohol, but could never the child abuse.”

Read More: http://ultimateclassicrock.com/slash-michael-jackson-axl-rose/

Source: Ultimate Classic Rock / Dave Lifton / MJ-UPBEAT.COM
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ