ジャクソン5とバッハのファンキーな共演!

1770年代と1970年代を衝突させたらどうなるか?ピアノ・ガイズがジャクソン・ファイヴとバッハでそれをやった。ジャクソン・ファイヴの古典「I Want You Back」とバッハの輝かしい名曲5曲のマッシュアップを製作したのである。そして、「I Want You Back」の楽しくてファンキーなカバー、そしてビデオが完成した。

彼らの説明はこうだ。

「1770年代のハープシコードを、1970年代のトークボックスに真正面からぶつけたらどうなるか?J・S・バッハとジャクソン・ファイヴが出会い、ジャムセッションをしたら?調和するだろうか?見当がつくだろうか?こうしたことは、これらのリックを録音し、そしてフィルムを作っている時に、私たちが自問した現実離れした疑問である。私たちは、ダンディなカツラとファンクでサイケな最先端の衣装でギグをやってみることにした。どんなことが起きるか見てみようとしたのである。

ジャクソン・ファイヴのファンキーな「I Want You Back」をバッハの名曲5曲とマッシュアップした「I Want You Bach」を紹介しよう。

これらのサウンドは、ご覧の楽器で作られたものだ。トークボックス(70年代によくつかわれたがチェロと一緒に使われたことは一度もない!)で作った「I Want You Back/Bach」という言葉が織り込まれている。どうなっているか説明しよう。スティーヴが、フットペダルがつけられたマイクロ・スピーカーを通してチェロを演奏している。このサウンドは管を通り、そして彼の口まで届く。彼はその音を実際の言葉に整形している。私たちが知る限り、エレキ・チェロやグランドピアノ、ハープシコード、バロック・チェロ、トークボックス、そしてキックドラムでギグが行われたことは一度もない。これは70年代のバトルである。1770年代と1970年代だ。

フィル(ジョン・シュミット)が特注のハイブリッド・グランドピアノの鍵盤をなで、スクービー(スティーヴン・シャープ・ネルソン)が5弦のエレキ・チェロをキックドラムとともに刻む。逆に、サー・レジナルド(同じくスティーヴ)が1700年ころのレプリカのバロック・チェロを弾き、デューク・ジョアン(ジョン・シュミット)がハープシコード(ヘイルセンター・シアターが設計)を弾いている。ビデオ中のほとんどは、沈むピアノとチェロの土台からスクービーとフィルのディスコ衣装、そしてジョアンとサー・レジーのスカーレット・ピンパーネルの正装のローブまで、ヘイルセンターから提供を受けている。

この映像は4Kの解像度で撮影され(1080pから飛躍的に発展し、新たな「HD」となった)、静止映像へのズーム・イン/アウトに自由度と柔軟性が向上した。このため、私たちはジョンとスティーヴが2種類のジャムセッションをしているというイリュージョンを創り出すことができたのだ」。

ピアノ・ガイズはこの種のカバーやビデオ製作を数多く行っており、一方でマイケル・ジャクソンがクラシック音楽をいかに愛していたかはファンなら知っている。だから、マイケルがピアノ・ガイズの創造性を大いに評価したであろうことは間違いない。

「I Want You Bach」はこちら。


■The Jackson 5 & Bach Get Funky!

What if the 1770’s collided with the 1970’s? The Piano guys have done exactly that with The Jackson 5 and Bach by taking the Jackson 5 classic ‘I Want You Back’ and mashing it up with 5 illustrious themes written by J.S. Bach. The result is the fun and funky cover and video ‘I Want You Bach.’

Here is their story behind the song:

“What if the harpsichord from the 1770s hit headlong into the talk box from 1970s? What if J.S. Bach and Jackson 5 met up and just jammed? Would they jive? Can you dig it? These are the kind of far out questions we asked ourselves as we laid down these licks and cut this film. We decided to put together a gig with two wigs in dandy attire and two hep-cats in some funkadelic threads to see if it would fly.

Presenting… ‘I Want You Bach’ – Jackson 5’s funky ‘I Want You Back’ mashed-up with 5 illustrious themes written by J.S. Bach.

All the sounds you hear were created by the instruments shown – including the words “I Want You Back/Bach” simulated by a “talk box” (popularly used in the 1970’s, but never with a cello!) Here’s how it works: Steve plays cello notes through a micro speaker built into a foot pedal, the sound then travels through a tube and into his mouth where he shapes the notes into actual words. To our knowledge the likes of electric cello, grand piano, harpsichord, Baroque cello, talk box, and kick drum have never gigged together. Until now. It’s totally the battle of the 70’s – the 1770s and the 1970s.

Phil is tickling the ivories of a custom-built hybrid grand piano, while Scooby shreds on a custom 5-stringed electric cello complete with a sidecar kick drum. Conversely, Sir Reginald is playing a circa-1700-replica Baroque cello and Duke Johann is playing an actual harpsichord that was built and designed by Hale Centre Theatre. In fact, nearly everything you see in this video was provided by Hale Centre Theatre – from the sinking Piano/Cello platform down to the disco duds of Scooby and Phil opposite the Scarlett Pimpernel robes arrayed upon Johann and Sir Reggie.

We filmed this using 4K resolution (a huge step up from 1080p and quickly becoming the new “high def”), allowing for more freedom and flexibility to zoom in and out of static shots, which helped us create the illusion that two different versions of Jon and Steve were jamming together.”

The Piano Guys definitely did a lot of work making this cover and video and we know how much Michael loved Classical music, so I am sure that Michael would have greatly appreciated their creativity.

Listen to “I Want You Bach” here:

Source:The Piano Guys & MJWN
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ