1975年、キング・オブ・ポップ、キングストンで喝采を浴びる

キング・オブ・レゲエとキング・オブ・ポップがステージを占拠したことがあることをご存じだろうか?ボブ・マーリーの人生の中のこの小さなブックマークについておそらく最も素晴らしいことは、将来のメガスター2人が同じステージで顔を合わせ、パフォーマンスするという可能性は極めて低く、その価値は計り知れないということだろう。

1975年。ボブ・マーリーが、ロンドンのライシアム・シアターで1975年7月に二晩続けて録音されたライヴ・アルバムからのシングル「No Woman, No Cry」で国際的にブレークした年である。マイケル・ジャクソンのジャマイカ初訪問は、ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズのショーでパフォーマンスするためのジャクソン・ファイヴとしてのものであった。

マイケルとジャーメインはすでにソロで成功していたにもかかわらず、ジャクソン・ファイヴ(二人のほかにマーロン、ジャッキー、ティト、そして後にランディ)は1975年には下降線をたどっていた。一年後にはモータウンを離れることになり、グループは契約違反でモータウンから訴えられることになる。しかしこのようなことは、愛するボブ・マーリーとマイケル・ジャクソンのパフォーマンスを観るという機会に恵まれたジャマイカの熱狂的ファンにとっては些細なことであった。ソロ・アーティストとして、ジャクソン・ファイヴがジャマイカを初訪問するころにはすでに数百万枚のレコードをジャクソンは売っていた。

当初は1975年2月15日に予定されていたショーは、キングストンのナショナル・アリーナで3月8日に開催され、初代ウェイラーズのオリジナルメンバーのボブ・マーリー、ピーター・トッシュ、バニー・ウェイラーに加え、カールトン・バレット(ドラムス)、アストン・"ファミリー・マン"・バレット(ベース)、アル・アンダーソン(リード・ギター)、リー・ジャフィー(ハーモニカ)、そしてボビー・エリス(トランペット)とリチャード・"ダーティー・ハリー"・ホール(サックス)のブラスセクションが登場した。そのほかにはマーシャ・グリフィスやボンゴ・ハーマンそしてI・スリーも出演している。ジャクソン・ファイヴはウェイラーズ登場の1時間半前にステージに登場し、素晴らしいフットワークとヒット曲で素晴らしいパフォーマンスを見せた。

ショーは6時間以上も続き、ウェイラーズは朝の4時まで演奏していた。ファンたちはマーリーやトッシュ、リヴィングストンが良く見えず、少しでもよく見ようと10ドル席の観客は警官のバリケードを突破して15ドルの席に乱入した。

1975年3月11日にジャマイカ・グリーナー紙に掲載されたバルフォード・ヘンリーのレビューによると、座席やオーディオの技術的問題のためにショーは予定から2時間遅れて開始されたという。コメディアンのラニー・ウィリアムズは、開演遅れでイライラしている観客を温めるという不運な仕事を任されてしまった。

だがウェイラーズが午前4時に演奏を終えても観衆は踊るのを止めず声援を送り続け、すべてのことは忘れ去られていた。ジャマイカ・グリーナー紙のバルフォード・ヘンリーが書いているように、「ショーが終わっても数百人のボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズのファンたちはナショナル・スタジアムで踊り続け、、もっと演奏を続けろと叫んでいた」のである。

Bob-Marley-The-Wailers-dream-concert.jpg

■The King of Pop Holds Court Inna Kingston, 1975

WERE YOU AWARE that the King of Reggae once occupied the stage alongside the King of Pop? What is perhaps most amazing about this small bookmark in Marley’s life is that the odds of two future megastars meeting and performing together on the same stage are so infinitesimal that they are incalculable.

The year was 1975, the same year that Bob Marley breaks internationally with the hit single “No Woman, No Cry” from his Live! album which was recorded over two consecutive nights at London’s Lyceum Theatre in July 1975. In Michael Jackson’s very first trip to Jamaica, Motown’s Jackson Five visited the island to perform a show headlined by Bob Marley and the Wailers.

Despite Michael and Jermaine’s solo successes, the Jackson Five, which also included brothers Marlon, Jackie, and Tito – and later Randy – were on the decline in 1975, and would leave the Motown label just one year later resulting in the group being sued by Motown for breach of contract. This meant little to the adoring fans in Jamaica who relished the opportunity to see Michael Jackson perform alongside their beloved Bob Marley. As a solo artist, Jackson had already sold several million records by the time the group made their first visit to Jamaica.
The show, which was initially scheduled for February 15, 1975, was held at Kingston’s National Arena on March 8, 1975 and featured the Wailers original line-up of Bob Marley, Peter Tosh, Bunny Wailer along with Carlton Barrett (drums), Aston “Family Man” Barrett (bass), Al Anderson (lead guitar), Lee Jaffe (harmonica) and a brass section of Bobby Ellis (trumpet) and Richard “Dirty Harry” Hall (saxophone). Also on the bill were Marcia Griffiths, Bongo Herman, and the I-Three. The Jackson Five took the stage nearly an hour and a half prior to the Wailers and gave a tremendous performance with their fancy footwork and hit songs.

The show lasted for more than six hours with the Wailers playing until 4:00 a.m. The fans couldn’t get enough of Marley, Tosh, and Livingstone with the audience in the ten dollar section being forced to break through police barriers into the fifteen dollar seats in order to get a better glimpse of the stage.

According to a review of the show by Balford Henry which was published in the Jamaica Gleaner on March 11, 1975, poor seating organization and technical audio problems resulted in the show starting almost two hours after the scheduled start time. Comedian Ranny Williams had the unfortunate task of warming up a crowd already frustrated by the late start.

All was forgotten as the Wailers wrapped their set just after 4:00 am with the crowd still dancing and cheering for more. As reported by Balford Henry in his review of the show in the Jamaica Gleaner, the show ended with “hundreds of Bob Marley and the Wailers fans still dancing inside the National Stadium clamouring for more.”

Source: bobmarley.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ