不法死亡訴訟は州最高裁へ?

マイケル・ジャクソンの母親キャサリン・ジャクソンは、コンサート・プロモーターAEGライブを相手取った不法死亡訴訟をカリフォルニア州最高裁 判所へ持ち込もうとしている。

控訴裁判所での再審理を棄却されたキャサリン・ジャクソンの次のステップは、さらに高位の裁判所であると、彼女の弁護士がデイリー・ニュースに対 して語った。

「私たちはカリフォルニア州最高裁に向かおうとしています。控訴裁判所はポイントとなるべき点を見落としています」とケヴィン・ボイル弁護士は述 べた。

ボイルによると、キャサリン・ジャクソンは、息子の死に対してAEGには責任があるとの立場を貫いているという。

彼女の弁護団は、1月22日にカリフォルニア州控訴裁判所に対し控訴の主張を行ったが、その1週間後に判事団は元の陪審員の評決を支持し、控訴審 手続きにおけるAEGライブと二人の重役らが要した裁判費用の支払いを認定した。

それに対しキャサリン・ジャクソンは、2月17日に審理を要求する手続きをとったが、それが棄却されたことが金曜日に裁判所のウェブサイトに公表された。

「私たちは敗者であり勝たないことになっているのです。しかし、私たちは法律的事実の下、勝利すべきであると考えています」とボイル弁護士は、先月のロサンゼルスでの1時間にわたる審理の後に述べている。

「キャサリンは息子を失ってとても悲しい思いをしています。そして正義を見たいと強く願い、希望通りの結果を待ち望んでいます」。

2013年の最初の異議申し立て(2013年11月)では、事実審の判事は、AEGの過失および雇用についての主張を誤って退け、また、問題のある評決用紙を陪審員に配布したと主張していた。

これに対しAEG側の弁護士は、AEGの重役らは、マイケル・ジャクソンのツアー専属医が、密室だった寝室で、通常は病院で投与される危険な麻酔薬を睡眠補助のために投与しているのではと疑う理由はなかったと主張した。

一方これとは別の刑事裁判では、コンラッド・マーレー医師は、適切な監視および救命装置を用いずにマイケル・ジャクソンにプロポフォールを致命量投与したとして過失致死罪で有罪評決を受けている。

■Katherine Jackson Taking wrongful death suit to Supreme Court?
Michael Jackson’s mom is heading to the California Supreme Court for the wrongful death claim against concert promoter AEG Live.

The music matriarch was denied a re-hearing of her appeal by a lower court Friday, so the next step is an even higher authority, her lawyer told the Daily News.

“We are going to the California Supreme Court. The Court of Appeals missed the point,” lawyer Kevin Boyle said.

Katherine Jackson remains committed to holding AEG responsible for her legendary son’s death, Boyle said.

One of her lawyers argued her appeal before the California Appeals Court on Jan. 22, but the panel of justices affirmed the original jury verdict a week later and awarded AEG and two executives their costs on appeal.

Katherine then filed her request for rehearing on Feb. 17, with the denial posting on the court website Friday.

“We’re the underdog and we’re not supposed to win. But I think we should win under the facts of the law here,” Boyle told The News after the hour-long Appeals Court hearing in Los Angeles last month.

“Katherine very much misses her son, and she very much would like to see justice done and is hoping for a favorable result,” he said.

Katherine’s initial appeal, filed in November 2013, claims the original lawsuit’s trial judge incorrectly dismissed negligence and employment claims, and allowed the jury to receive a faulty jury verdict form.

Lawyers for AEG have argued that concert executives had no reason to suspect Jackson’s tour physician was giving the “Thriller” singer dangerous doses of a hospital-grade anesthetic behind closed bedroom doors to help him sleep.

In a separate criminal trial, Dr. Conrad Murray was convicted of involuntary manslaughter for giving Jackson a lethal dose of propofol without proper monitoring and live-saving equipment.

Source: ndillon@nydailynews.com / NYDailyNews / MJ-UPBEAT.COM

Link: http://www.nydailynews.com/entertainment/gossip/michael-jackson-mom-lawsuit-calif-supreme-court-article-1.2132288
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ