ソニーがMJ番組をめぐってケーブル・チャンネルを訴える

(要旨)TVガイド・チャンネルでジャクソンの死後放送されたマイケル・ジャクソン・トリビュート番組が、ジャクソンの作品を無許可で使用していたとして、ソニー・ミュージック・エンターテインメントが火曜日に告訴した。

このケーブル・エンターテインメント・チャンネルは、番組中に使われたコンテンツの一部の著作権を保有しているソニーに対し許可を求めることも補償を行うこともなかった。マンハッタン連邦裁判所に提出された著作権侵害の訴状によると、この番組はジャクソンの死後の混乱の中で繰り返し放送された。

訴えは、TVガイドがこの番組の放映を中止すること、ソニー・ミュージック・エンタテインメントに対する損害を補償することを要求している。ソニー・ミュージック・エンタテインメントはソニーの子会社である。

「ジャクソン氏の悲劇的な死による混乱の中、これを不法に利用しようと、TVガイドはTVガイド・チャンネルにおいて1時間のテレビ番組を制作・放送した。その中で9つの貴重なミュージック・ビデオがそのまま使用されていた」と訴状は主張している。

TVガイド・チャンネルの番組「Michael Jackson: His Musical Legacy」と「Michael Jackson: the Life and Times of the King of Pop」には、「ビート・イット」、「ビリー・ジーン」、そして「スリラー」などのジャクソンの有名なミュージック・ビデオが含まれていた。以下原文。
thriller_2.jpg ■Sony Sues Cable Channel Over MJ Programming
(26-1-2010) Michael Jackson tributes that aired on the TV Guide channel following the singer's death last year featured Jackson's works without authorization, Sony Music Entertainment charged in a lawsuit filed on Tuesday.

The cable entertainment channel did not seek authorization from or compensate Sony, which holds the copyright for some of the content featured in the documentaries. The shows aired repeatedly in the aftermath of Jackson's death, according to the copyright infringement lawsuit filed in Manhattan federal court.

The lawsuit demanded that TV Guide cease its broadcast of the documentaries and pay unspecified damages to Sony Music Entertainment, which is owned by Sony Corp.

"In a crass effort to exploit, and in the immediate aftermath of, Mr Jackson's tragic death, TV Guide produced and repeatedly broadcast on its TV Guide channel a one-hour television show depicting the entirety of nine valuable music videos," the lawsuit said.

TV Guide channel's shows "Michael Jackson: His Musical Legacy" and "Michael Jackson: the Life and Times of the King of Pop" included some of Jackson's most famous music videos, including "Beat It," "Billie Jean," and "Thriller."

Source: MJFC / Reuters
関連記事