エディ・マーフィ、MJとのデュエットについて語る

コメディアンで俳優、ミュージシャンのエディ・マーフィがガーディアンのインタビューを受け、ニューシングル「Oh Jah, Jah」やリック・ジェームスとの曲作り、映画「ビバリーヒルズ・コップ4」の撮影に長い時間がかかっていることなどについて語った。30分間のインタビューではこの他に、マイケル・ジャクソンとの友情や二人が1993年に作ったシングル「Whatzupwitu」についても語っている。


「最近ローリング・ストーン誌に『僕はくだらない音楽なんか作れない、くだらない音楽というものがわからないから』とお話になりましたね。でも、あなたの1993年にマイケル・ジャクソンと作った『Whatzupwitu』についてはほとんど酷評でした」と話しを向けられ、エディ・マーフィはこう答えている。

「僕は雲の中でマイケル・ジャクソンと踊ったんだ。『Whatzupwitu』がくだらないと思われたって、雲の中でマイケル・ジャクソンと踊っている映像がある人はそう多くはないよね。僕は未来永劫、そういう映像を持っているんだ」と答えている。

確かに!

「それからあなたはマイケルとは古くからの知り合いで、ご自身のスタンドアップ・コメディで彼のモノマネをしていますね、共演の10年前ですが」との問いかけに対しては、

「そう、僕はマイケルとはあの曲ができるかなり前からの知り合いさ。面白いのは、『Delirious』でマイケル・ジャクソン・ネタをやった時、彼をネタにしたのは僕が初めてだったんだ。悪意は全くない。あれは、彼がとてもセンシティブだということに尽きるんだよ。それから歌った。マイケルは『Delirious』を気に入っていたし、遊び心に溢れて面白いものだったんだ」と答えている。

「Delirious」でのMJジョークについては、「Saturday Night Live」で本人を前にしてスティーヴィー・ワンダーのモノマネをしたことと比較して、どういう思いでやっていたのかと尋ねられている。エディ・マーフィはこう答えている

「マイケルとスティーヴィーについては僕は知っていた。僕は彼らと付き合いがあった。僕はからかったりすることができたんだよ。彼らは決して怒るようなことはなかったよ。今の人たちがやっているようなことと比べれば、全く悪意のないことがわかると思う。話を戻すけど、何かを嫌うのは自由だし、『Whatzupwitu』はくだらないと多くの人が思っているかもしれない。そして、それが音楽がクールな理由なんだよ。つまりさ、みんな音楽に対しては理屈抜きの反応をするのさ。気に入った場合でも気に入らなかった場合でもね。聞いたとたんに反応が出るんだよ」。

このビデオでは、エディ・マーフィとマイケル・ジャクソンは空中に立っている。エディはタイトなシャツ、マイケルは子供のように喜んでいる。羽が生えたハートが飛び交い、学校の制服を着た子供のコーラス隊が二人の周りを行進しながら歌っている。この歌が気に入ろうと気に入るまいと、大勢のマイケルを雨のように降らせたり、空飛ぶマイケルの大群や宙に浮く傘のマイケル、マイケルの周りに次々にいろいろなものが現れるなどの映像はとても楽しいものであり、マイケル・ファンは思わず微笑まずにはいられない。なぜ彼がこのビデオを製作して歌ったのか、すべてはキング・オブ・ポップの表情が物語っている。

「Whatzupwitu」のビデオはこちら:


■Eddie Murphy Talks About His Duet With Michael Jackson

Eddie Murphy, comedian, actor and musician was interviewed recently by The Guardian on his new single ‘Oh Jah, Jah,’ making music with Rick James and why Beverly Hills Cop 4 is taking so long. During the 30 minute interview he also talks about his friendship with Michael and the single ‘Whatzupwitu’ that they did together in 1993.

When he was asked, “You recently told Rolling Stone: ‘I can’t make a wack track because I know what wack is.’ But most people panned your 1993 single with Michael Jackson, Whatzupwitu.”

Eddie replied with,

“You know, I was dancing around in the clouds with Michael Jackson. However wack anyone thought ‘Whatzupwitu’ was, there’s not a lot of people that have footage of themselves dancing around in the clouds with Michael Jackson. I do have that for ever.”

He certainly has a point there!

To the statement, “And obviously you’d known Michael, and imitated him in your stand-up about a decade before collaborating,”

Eddie said,

“Yeah, I knew Michael for years and years before that track came out. What’s interesting, when you watch that routine from ‘Delirious’ when I’m doing Michael Jackson jokes, that was actually the first time anybody even did a joke about him. It’s not mean-spirited at all, it’s just all about how he was so sensitive. And then I sang. Michael loved ‘Delirious,’ it was playful and fun.”

He was also asked how did doing Michael Jackson jokes on ‘Delirious’ compare to Saturday Night Live, where he imitated Stevie Wonder while he stood right beside him. Eddie had this to say,

“Michael and Stevie were people that I knew, and they were part of my social circle. I was able to play around and poke fun – they would never get mad. If you look at it, and compare it to the stuff that people are doing now, it’s totally not mean-spirited. And going back to what I was saying, people are allowed to not like something. And maybe a lot of people did think ‘Whatzupwitu’ was wack, and that’s what’s cool about music: you have a visceral response to it, and you either like it or you don’t, as soon as you hear it.”

The video shows Eddie and Michael standing in the middle, Eddie in his tight vest and Michael with a childlike glee while love-hearts are flying around on little love-heart wings and a children’s choir in matching vests are marching around them in school uniform and singing. Like the song or not, making it rain Michael or creating armies of flying Michaels, umbrellas of hovering Michaels, and things appearing randomly on Michael looks like a lot of fun and had to have made many Michael Jackson fans smile. The happy look on the King of Pop’s face really says it all about why he did this video and song.

Watch ‘Whatzupwitu’ here:

Source: The Guardian & MJWN
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ