トミー・”O”・オーガン・インタビュー

トミー・”O”は5歳でギターを始め、当時は楽譜ではなく聴き覚えでプレイしていた。彼はジャネット・ジャクソンの「Rhytm Nation」ツアーのギタリストを務め、またアッシャーやTLC、ボビー・ブラウン、スラッシュらとも仕事をしている。さらにジャクソンズの「Unity」ツアーへはリードギタリストとして参加している。またスタジオでのレコーディングに関しても、ライオネル・リッチ―やジミー・ジャム、テリー・ルイス、ランディ・ジャクソン、そして偉大なる故レイ・チャールズといったアーティストたちと仕事をしている。

こんにちは、トミー・”O”!あなたほどのミュージシャンがMJWNとお話ししていただけるなんて素晴らしいです。ありがとうございます!

トミー・”O”:光栄だよ!

最初のギターは何でしたか?それから最初の覚えた曲は?

トミー・”O”:最初のギターはギブソン・レスポール・デラックスだよ。最初にプレイしたのは「Batman」さ!

多くのアーティストからインスパイアされたとお伺いしましたが、私が興味があるのは(AC/DCの)アンガス・ヤングのことです。彼からはどのようなことをインスパイアされましたか?

トミー・”O”:僕はアンガス・ヤングの演奏方法がシンプルなところが好きなんだ。彼の感覚はエクセレントだし、ステージでの存在感やパフォーマンスはとてもエキサイティングだよ。

プレイする曲あるいは聴く曲としてお好きな曲は何ですか(マイケルと関係あるなしを問わず)?

トミー・”O”:「Wanna Be Startin’ Somethin」だね。

「This Is It」でマイケルと仕事をするようになった経緯を教えてください。

トミー・”O”:マイケル・ベアデンから話があったんだ。彼が僕をオーディションして、僕のスタイルを気に入った。プレイの仕方とかステージでの存在感とか。そんなわけであのギグをやることになったのさ!

「This Is It」で使っていたギターは何ですか?それを選んだ理由は?

トミー・”O”:AKAIの特注品を使っているよ。いろいろな音楽のスタイルの使えるからさ。

「This Is It」コンサートでロンドンに持っていく予定だったギターはどれくらいですか?

トミー・”O”:12本持っていく予定だったんだ!

マイケルはどのギターを使えとか、どのアンプを使えとかいうような指示をしていましたか?

トミー・”O”:いいや。素晴らしいサウンドであれば僕が何を使おうと彼は気にしなかったよ。マイケルがギターやアンプについて何か言ったなんて聞いたことないね。彼はずっと最高のミュージシャンを雇ってるんだから!

あなたが通常使うアンプを教えてください。例えばスタジオで使うものは?またその理由は?

トミー・”O”:私物のアンプを使っているんだ。どんな曲でも、スタジオでもライブでも、自分のサウンドを保ちたいからね。

「This Is It」ではエフェクターは使いましたか?どのようなエフェクターですか?

ああ、BOSSペダルとか、ヒュース・アンド・ケトナーとか、AKAIのエフェクター・ペダル、ディレイ、コンプレッサー、ディストーションとかいろいろだね。

マイケルは自分の曲の演奏やソロの部分について自由にやらせくれましたか?注文をつけることはありましたか?

トミー・”O”:マイケルはみんなそれぞれのパートについて自由にやらせてくれていたよ。彼が要求したのは、曲のCDを聴くことだけだったよ。そして僕らがそれを自分自身のやり方でプレイできること。ソロは自由だったね。

マイケルとのリハーサルで問題がありましたか?面白い話は?お話できる範囲で構いません。

トミー・”O”:あるよ(笑い)。「Thriller」の時にステージを歩き回ることになっていた大きなクモがあったんだけど、彼はそれに乗れると思っていたんだ。だけどそういう作りにはなってなかった。ショーのためのリモコンのクモで、僕らは大笑いしたし、マイケルも笑っていたよ!

マイケルとの仕事で好きな瞬間は?

トミー・“O”: マイケルと仕事をするというのは、毎日の1分1秒が光栄なことだったよ。そして楽しかった!彼が楽しくしてくれたのさ!彼はいつも、愛情と思いやりにあふれていたね。

ギターは何本持っていますか?気に入っているのは?

トミー・“O”: 数え切れないなあ。よくわからないよ!恵まれない人とかファンとかにあげちゃうんだけど、メーカーが宣伝とかで送ってくれるんだ。気に入っているのは僕のスタイルに合っているやつだね。フィーリングとかサウンドとかを作り出すのがやりやすいから。

今現在取り組んでいることは?

トミー・“O”:今現在は、スタジオにこもってソロ・デビューの仕上げているところなんだ。とてもエキサイティングだよ。僕のウェブサイトでその一部を聴けるよ。楽しめると思う!それからファンのみんなに僕を知ってもらうこと、僕が何を表現したいのか知ってもらえるようにプロモーションもやっているよ。それは僕の人生経験についてのものだけど、僕は今まで幸運にも得られた機会についてとても感謝しているんだ。

ギターを始めたばかりのギタリストたちに何かコツのようなものを教えていただけるとすれば、どんなことでしょうか?

トミー・“O”: いろいろな音楽、いろいろなスタイルを聴くこと。いろいろな人の音色やギターソロを学ぶこと。可能な限り歌やコードについて学ぶことだね。

マイケルが亡くなって5年半ほどになります。彼は自分が遺したものを誇りに思っていると思いますか?

トミー・“O”:もちろんだよ!

それでは最後です。マイケルのファンたちには伝えたいことはありますか?それからマイケル・ファンへのメッセージがあればお願いします。

トミー・“O”: ショーに来てくれたら光栄だよ。僕の音楽を楽しんでくれたら、ツイートしてくれたら、フェイスブックインスタグラムをフォローしてくれたら、それからウェブサイトを見て気に入ってくれたらとてもうれしいよ。とても光栄だし、できるだけ多くの人と会ったり話したりするのが大好きなんだ。おかしいんだけどさ、いつもショーの後、セキュリティがマネージャー・チームに、会場を閉めるから僕を外に連れ出すようにって言う羽目になってるんだ!

僕からのメッセージは、夢を追い続けること、あきらめないこと、一度でもチャレンジすれば成功することだってある!

トミー・”O”については上に挙げたリンクまで。

This-Is-It-Michael-Jackson-mjs-this-is-it-16805422-1000-6992.jpg

■Interview With Tommy ‘O’ Organ

Tommy ‘O,’ one of Michael’s guitarists from ‘This Is It’ has been kind enough to talk to Callum Ross of MJWN about his guitars, his music, and of course Michael!

I have been a keen guitarist now for many years and have worked as a lead guitarist for a few bands, so can you imagine the delight when the team suggested to me that I would get a chance to interview guitar legend Tommy ‘O’ Organ, one of Michael’s guitarists from ‘This Is It.’

Tommy ‘O’ first picked up a guitar at the age of five and plays by ear, not by reading music, which is the way I like to play. He was a guitarist on Janet Jackson’s ‘Rhythm Nation’ tour and has worked with Usher, TLC, Bobby Brown and Slash to name but a few. He also toured as lead guitarist with the Jacksons on their ‘Unity’ tour and has completed numerous studio recordings with artists such as Lionel Ritchie, Jimmy Jam and Terry Lewis, Randy Jackson and the late great Ray Charles so there was plenty to ask about…not forgetting about Michael of course! :-)

Hi Tommy ‘O’! It’s great to have such an accomplished musician willing to speak to us here at MJWN. Thank you!

Tommy ‘O': I’m honoured!

What was your very first guitar and what was the first song you ever learnt to play?

Tommy ‘O': My very first guitar was a Gibson Les Paul deluxe and the first song I ever played was ‘Batman!’

I hear that you were inspired by many artists, but I’m curious to know what it was about Angus Young (of AC/DC) that inspired you?

Tommy ‘O': I like Angus Young’s simplicity in the way he plays and his feel is excellent and his stage presence and performance is very exciting.

What is your favourite song (whether Michael related or not) to play and to listen to?

Tommy ‘O': ‘Wanna Be Startin’ Somethin”

Michael Jackson's "This Is It"

How did you get the chance to work with Michael on ‘This Is It?’

Tommy ‘O': Through Michael Bearden. He auditioned me, then he liked my style, the way I played and my stage presence – so I got the gig!

What guitar did you predominantly use for ‘This Is It’ and why?

Tommy ‘O': I use a specially made guitar by Akai. I used it because it was versatile to all styles of music.

How many guitars were you going to bring over to London for the ‘This Is It’ shows?

Tommy ‘O': I was going to bring twelve guitars!

Did Michael have control over which guitars you used for the set and did he have control over the amplification?

Tommy ‘O': No because if you sounded great he wouldn’t mind whatever you used. I never heard Michael once inquire about any guitars or amps because he had hired the best!

What amplification would you normally use, if you were in the studio for example, and why?

Tommy ‘O': I use my own personal amps because I like to keep my sound consistent to whatever songs I play on in the studio or live, for that matter.

Did you use any effects for the ‘This Is It’ tour? And if so, which ones?

Tommy ‘O': Yes I used a lot of Boss pedals, Hughes and Kettner effects, Akai effects pedals, several delay compression distortion pedals etc.

Did Michael give you plenty of flexibility over the way you played his songs and solo’s or did he ask you to play a certain way?

Tommy ‘O': Michael was pretty flexible on the way everybody played their parts. He just required that we listen to the CDs of the songs and the parts. And then I could play it my own way. All the solos were pretty free and open.

Were there any problems or funny moments you encountered whilst rehearsing with Michael that you can tell us about?

Tommy ‘O': Yes, (laughs) there was a big spider that was supposed to move across the stage on the song ‘Thriller’ and he thought he could get into it and ride in it, but it really wasn’t for that. It was a remote controlled spider just for show, so we all laughed and Michael laughed too!

What was favourite moment of working with Michael?

Tommy ‘O': Every moment of every day was an honor to work with Michael. And fun! He made it fun! He was also loving and caring, all the time.

How many guitars do you own and which is your favourite/s?

Tommy ‘O': Too many to count, I really don’t know! I rotate giving some away to less fortunate or to my fans and then companies/productions send me more for endorsements etc: My favorite is my signature guitars because, I helped create the look, feel and sound.

What are you currently working on?

Tommy ‘O': I am currently in the studio completing my solo musical debut which I am really excited about. You can listen to portions of my songs on my website – I know you’ll enjoy them! Also, I’ve been traveling to promote the music so that fans can get to know me and what I would like to express through my music. It’s about my life experiences and I am so grateful for all of the opportunities I’ve been blessed with.

If you could give any tips to guitarists who are just starting out, what would they be?

Tommy ‘O': Listen to music, all kinds of music, different styles and try to learn the notes, guitar solos from different people. Learn songs and chords the best you can.

It is now five and half years since Michael died…do you feel that he would be proud of his legacy?

Tommy ‘O': Of course!

And lastly Tommy, what do you want Michael’s fans to know about you and do you have a message for them?

Tommy ‘O': I want fans to know that I am humbled when they come to the shows, enjoy the music, tweet me, follow me on Facebook, Instagram, or visit the website and show love. I’m truly honored and love meeting and talking to as many people as I can. It’s funny because after shows, security always has to kindly ask my management team to get me out of the venue so that they can close down!

My message to everyone is to keep pursuing their dreams, never give up, success could be just one try away!

For more information on Tommy ‘O’ please use the links above or visit:

www.tommyoorgan.com

www.facebook.com/TommyOrganFanPage

Follow him on Twitter: @TommyOOrgan

Instagram: @tommyoorgan

Source: Callum Ross on behalf of MJWN with special thanks to Laura Chamberlain
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ