トーメとエステートの裁判が再開

マイケル・ジャクソンの元マネージャー、トーメ・トーメとエステートの闘争が、2年間の中断を経て法廷で再開される。2012年には両者の間に訴訟合戦が繰り広げられていた。

マイケル・ジャクソンの最後の日々におけるトーメの働きが、マイケルのカムバックのためのものか、あるいはMJの費用でトーメ自身が豊かになるためのものかで争われている。トーメは、バーレーンのシャイフとの間のいさかいの後の2008年の中ごろにマイケルのマネージャーになり、また、マイケルが2009年に亡くなる前には、復活ツアー「This Is It」の契約関連を含むマネジメントをしていたと主張している。この中には、自宅のネバーランドの差し押さえを回避するためのローンに関することも含まれている。トーメによれば、当時のマイケルの収入の15%を手数料として得ることになっていて、加えて、ネバーランドの件では仲介手数料を得られることになっているという。

一方でエステートの弁護士らは、トーメが「不当な金銭的補償」をするようにマイケルを操った、マイケルは2009年にトーメを解雇した、と主張している。

概要のみ説明すると、この2週間における審理の中で、ロサンゼルス郡上級裁判所のミッチェル・L・ベックロフ判事はネバーランドの問題についてのみ審理を再開することに同意した。残りは委員会の判断決定待ちとなっている。

「ネバーランドを救うために融資を得たことを根拠とするドクター・トーメの主張について審理を先に進める裁判所の決定がなされたことをうれしく思います」とトーメの弁護士ジェームズ・カリーはハリウッド・レポーターに対して語った。カリー弁護士によると、4月27日に決定した審理に向けて、ネバーランドに関する主張に対する略式判決への異議申し立てを火曜日に行うという。

一方、「審理の再開は受け入れられるものだと思います。私たちは範囲が絞られた問題に粛々と対処するのみです」とエステートの弁護士ハワード・ワイツマンはハリウッド・レポーターに対して語った。新しい動議を提出する前に、証拠開示手続きを完了させる計画であるという。

他の問題についての決定は、委員会より間もなく下されるものとみられている。ベックロフ判事は、本件をすべて包括する裁判を来年開始することとしたが、委員会の決定のタイミングが未定のため、その日程は「決めるには時期尚早である」と述べた。
thome-thome.jpg

■Former manager Tohme Tohme and Michael Jackson Estate go back to court
The legal battle between Michael’s former manager Tohme Tohme and the Michael Jackson Estate will resume in court soon after a two year stay on the case. Several dueling lawsuits had been filed against each other in 2012.

They dispute whether Tohme’s efforts in the final years of Michael’s life were to launch a comeback for him or to enrich himself at MJ’s expense. Tohme claims that he became Michael’s manager in mid-2008, following an alleged disput between Michael with a sheikh of Bahrain. Tohme claims that in the time before Michael’s death in June 2009, he performed services for MJ including overseeing his deal for the ‘This Is It’ comeback tour. This also included securing a loan to prevent foreclosure of his Neverland Ranch home. Tohme now says he is entitled to a 15 % commission on Michael’s revenue during that time plus a finder’s fee for the Neverland Ranch deal.

Attorneys for Michael Jackson’s Estate claim that Tohme manipulated Michael into agreements that gave him “unfair financial compensation” and that Michael fired him in March 2009.

Sparing you a lot of legal details… In hearings over the past two weeks, Los Angeles Superior Court judge Mitchell L. Beckloff agreed to lift the stay on only the issue of Neverland. The rest of the case awaits the Commission’s decision.

“We’re very happy the court ruled that Dr. Tohme’s claim based on his obtaining the financing to save Neverland can go forward,” Tohme’s attorney James Curry tells The Hollywood Reporter. He says he’ll file a motion for summary judgment on the Neverland claim on Tuesday for a hearing scheduled for April 27.

“I think the lifting of the stay is appropriate, and we’ll just proceed forward with a narrower task,” the estate’s attorney Howard Weitzman tells THR. He adds that the estate’s attorneys plan to complete more discovery before filing new motions.

The commission is expected to issue its decision soon on the other matters. Judge Beckloff set a trial for next year for the entire case, but he noted the date is “very premature” given the uncertainty of the Commission’s timing.

source: Hollywood Reporter / LMJ
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ