ホログラム裁判の最新情報

2014年のビルボード・ミュージック・アワードに登場したマイケル・ジャクソンのホログラムが3件の特許を侵害しているとホログラム技術の企業が法廷で主張している。

Hologram USA、Musion Das Hologram、Uwe Maassの3社は、2012年の音楽祭コーチェラで登場したトゥパック・シャクールの3-Dホログラムの製作に使われた技術を有していると主張している。

3社は、マイケル・ジャクソン・ホログラムの使用中止については認められなかったが、Dick Clark Productions、マイケル・ジャクソン・エステート、MJJプロダクションズ、Pulse Evolution、Pulse Entertainmentらに対する連邦裁判所での訴訟を継続している。

連邦地方裁判所のグロリア・M・ナヴァーロ判事は金曜日、3件めの特許(特許番号8,328,361)についても特許侵害の中に含めるよう訴状を修正することを原告らに認める判断を下した。

原告側は、被告ウィリアム・ジェームズ・ロックとイアン・オコンネルは、3社が有している一連の特許の中に含まれている3件目の特許の所有者を「不正に隠した」と主張している。

3社によれば、この特許は、マイケル・ジャクソンの動くイメージを製作する際に被告らが使用した他の2件の特許と一続きのものであり、被告らは「メディアや顧客になるかもしれない者たちに対し、マイケル・ジャクソンのホログラムを生成するために使用された技術を自分たちが所有しているとうその声明を発表した」という。

さらに被告の一人ジョン・C・テクスターについては、マイケル・ジャクソン・ホログラムの製作にあたって3社の特許を使用したと主張している。テクスターはPulse EntertainmentのCEOである。

原告らは、マイケル・ジャクソン・ホログラムが、3年前にトゥパック・シャクールのホログラムを製作する際に使用された特許化されたMusion Eyelinerの技術を侵害しており、また、テクスターはホログラムのショーを製作する手伝いをしたと主張している。

マイケル・ジャクソンのホログラムはラスベガスのMGMグランド・ガーデン・アリーナの観客を前に新曲「Slave to the Rhythm」を歌い、数人のダンサーらともにダンスを披露した。このパフォーマンスはABCで全国中継された。

今回の訴訟では、原告側はこの特許技術について、「等身大のフルカラー3次元動画を創り出すためのビデオ投影の素晴らしい新技術であり、このシステムで使われるイメージはすべて3-Dのものを使用しつつも、3-Dのステージ・セットに対して2-Dのイメージとして投影される」と説明している。

この技術なしにはマイケル・ジャクソンのホログラムは製作しえなかっただろうと原告は主張している。

今回の特許侵害は、この特許の2つの構成要素についてそれらが使用されているということが注目されている。そのうちの一つは、ホログラム・イメージが投影されるスクリーンを保持するための研磨コーティングを有していることである、とナヴァーロ判事は1月23日に下した裁定の中で書いている。

被告側は、使用した装置には研磨コーティングは用いられておらず、したがって特許の侵害もしていないと主張している。そして、被告らが特許侵害について認識があったと原告側は立証することができないとして、訴状修正の動議を棄却するよう求めた。

しかしナヴァーロ判事は、修正動議は「本特許に関する権利は原告らに属しているとの主張は納得しうるものである」、そしてPulse Entertainmentは「これらのすべての特許に対する知見を有している、なぜなら彼らはトゥパック・シャクールのホログラムの件で、2012年に本ホログラム技術の許諾を行っているからだ」との結論に達した。

ナヴァーロ判事は修正動議を認め、棄却するようにとの動議については認めなかった。そして原告3社Hologram USA、Musion Das Hologram、Uwe Maassに対し、訴状修正のために2月2日までの猶予を与えた。

Michael-Jackson-Slave-To-The-Rhythm-640x360.jpg

■Update To Court Decisions On MJ’s Hologram
The Michael Jackson hologram that appeared in the 2014 Billboard Music Awards violated three patents, hologram technology companies claim in court.

Hologram USA, Musion Das Hologram and Uwe Maass claim to own the technology used to create a 3-D Tupac Shakur hologram that appeared during the 2012 Coachella music festival.

They were unsuccessful in their attempt to stop the use of the Michael Jackson hologram but continued their Federal Court action against Dick Clark Productions, Michael Jackson’s estate, MJJ Productions, Pulse Evolution, Pulse Entertainment and others.

U.S. District Judge Gloria M. Navarro on Friday ruled the plaintiffs can amend their complaint to include violation of a third patent, U.S. patent number 8,328,361.

The plaintiffs claim defendants William James Rock and Ian O’Connell “fraudulently concealed” ownership of the patent that was assigned in the same series of patents owned by Hologram USA, Musion Das Hologram and Uwe Maass.

They say the patent is a continuation of two others that defendants used to create the moving image, after which they “made false statements to numerous media outlets and potential customers that they own the technology used to generate the Michael Jackson hologram.”

They claim that defendant John C. Textor, a former business associate, used the patented technology to produce the Michael Jackson hologram.

Textor is CEO of lead defendant Pulse Entertainment.

The plaintiffs claim the Michael Jackson hologram infringed upon the patented Musion Eyeliner technology used to create the Tupac Shakur hologram three years ago, and that Textor, working for another company, helped produce that hologram show.

The Michael Jackson hologram sang a new song, ‘Slave to the Rhythm,’ and performed with several stage dancers to a full audience at the MGM Grand Garden Arena in Las Vegas. The performance was broadcast nationally on ABC.

In the lawsuit, the plaintiffs describe the patented technology as “an amazing new technique of projecting video to create the illusion of life-size, full color, 3D moving images. All of the images used in this system are three-dimensional, but are projected as two dimensional images into a three-dimensional stage set.”

Without the technology, they claim, the Michael Jackson hologram could not have been created.

The new patent infringement regards the use of two retention members, one of which has an abrasive coating, to hold the screen onto which the hologram image is projected, Judge Navarro wrote in her Jan. 23 order.

The defendants claimed the device they used did not have an abrasive coating, and therefore did not infringe upon the patent. They claimed the plaintiffs cannot establish that they were aware of the additional patent infringement, and sought dismissal of the motion to amend the complaint.

But Navarro found that the motion to amend “sufficiently alleges that plaintiffs were assigned the rights” to the patent and that Pulse Entertainment “had knowledge of all the patents at issue because they had licensed the hologram technology in 2012″ for the Tupac Shakur hologram.

Navarro granted the motion to amend the complaint and denied as moot motions to dismiss and stay. She gave Hologram USA, Musion Das Hologram and Uwe Maass until Feb. 2 to amend the complaint.

Source: Court House News & MJWN
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ