「We Are The World」30周年、5つの事実

1985年1月28日、マイケル・ジャクソン、ライオネル・リッチー、ハリー・ベラフォンテらの呼びかけで、アメリカのポップ・ミュージックの大物たちが一堂に会し、アフリカの飢餓を終わらせるという一つの目的を持った歌をレコーディングしてから30年が経った。

ティナ・ターナー、ボブ・ディラン、シンディ・ローパー、ウィリー・ネルソン、レイ・チャールズ、スティーヴィー・ワンダー、ブルース・スプリングスティーンといった当時の大スターたちが「We Are the World」のために集まり、2000万枚以上を売り上げ、グラミー賞3冠を含む多くの賞を受賞した。最も重要なのは、人道的援助のために6300万ドルが集まったことだ。



「We Are The World」30周年を称え、People誌がこの世紀のレコーディングにまつわる驚くべき5つの事実についてまとめた。

1.レコーディングの前夜まで、この曲は完成していなかった
共作者のジャクソンとリッチーが歌詞とメロディを完成させたのは締め切りの前日の晩だった。リサ・D・キャンベル著「Michael Jackson: The King of Pop」で紹介されているが、ジャクソンは後にそのいきさつについてこう語っている。「僕は素早くやるのが好きなんだ。ライオネル・リッチーに知らせないで進めたんだよ。待てなくてね。僕は出かけて行って、その晩のうちに完成した曲を持って出てきたんだ。ドラム、ピアノ、ストリングス、そしてサビの部分の歌詞だよ」。

2.レコーディングはアメリカン・ミュージック・アワード(AMA)と同じ晩に行われた
「We Are The World」のレコーディングに加わった多くのスターたちは、わずか数時間前にはお互いにライバルだった。シンディ・ローパー、ティナ・ターナー、ライオネル・リッチーは第12回AMAの会場からスタジオに直行した。ライオネル・リッチーはAMAのホストを務め、シンディ・ローパーとティナ・ターナーはライブステージに立っていたのだ。マイケル・ジャクソンはガイドボーカルのレコーディングのためにAMAは欠席したが、それにもかかわらずAMAでは2つの賞を受賞している。

3.レコーディングされたのは「We Are the World」だけではなかった
「We Are the World」は、社会活動家/エンタテイナーのハリー・ベラフォンテの発案によるものだった。お気に入りのアーティストたちによるスーパーグループをレコーディングのために集め、利益をすべて慈善事業に寄付するというのはベラフォンテの夢であった。彼の尽力を称え、スタジオの中のスターたちは彼のヒット曲「Day-O (The Banana Boat Song)」を即興で歌い始めたのである。

4.シンディ・ローパーの宝石がソロ・テイクの一つを台無しに
レコーディングの晩のモットーは「各自のエゴは入口で預けておく」であった。だがシンディ・ローパーの場合、アクセサリーを預けておく方が良かったかもしれない。それでも、彼女はその晩の衣装では圧勝していた。

5.サイン交換をしなかったものは誰一人としていなかった
「集団ヒステリーが起きたんだよ。みんながみんなのサインを欲しがったからさ」とライオネル・リッチーは指摘する。「他の人のファンになるものなんだなと思ったよ」。

ケニー・ロジャースはこう振り返っている。
「誰もが、思い出になるような記念品を欲しがっていたんだ。僕らは楽譜を持っていたから、それに他のアーティストにサインしてもらったんだよ。サインをもらわずに帰った人は誰もいないと思うよ」。

メイキング映像はこちら。


■‘We Are The World’ At 30. Five Facts
It’s been thirty years since 45 of the biggest names in American pop music came together, led by Michael Jackson, Lionel Ritchie, Harry Belafonte and Quincy Jones on January 28th 1985, to record a song with one purpose: ending famine in Africa.

‘We Are the World’ attracted all the biggest starts of the day including Tina Turner, Bob Dylan, Cyndi Lauper, Willie Nelson, Ray Charles, Stevie Wonder and Bruce Springsteen to name a few, and it went on to sell over 20 million copies and won numerous awards, including three Grammys. Most importantly it raised a huge $63 million for humanitarian aid.

In honour of the song’s 30th anniversary, People Magazine have compiled these five amazing facts about the extraordinary circumstances of its recording:

1. The song wasn’t fully written until the night before recording.
Jackson and Richie – who co-wrote the song – finished the lyrics and melody on the night before their deadline. “I love working quickly,” Jackson later said of the process as quoted in Michael Jackson: The King of Pop by Lisa D. Campbell. “I went ahead without even Lionel knowing, I couldn’t wait. I went in and came out the same night with the song completed – drums, piano, strings, and words to the .”

2. The recording took place the same night as the American Music Awards.
Many of the stars who joined forces to record “We Are the World” were competitors just hours earlier. Lauper, Turner, and Richie were among those who came straight to the studio from the 12th annual AMAs. Richie actually hosted the award show, and Lauper and Turner had both given live performances. Jackson skipped the awards to record the guiding vocals to the song – but still managed to win two AMAs despite his absence.

3. “We Are the World” wasn’t the only song the stars sang that night.
‘We Are the World’ was the brainchild of activist/entertainer Harry Belafonte. It was Belafonte’s dream to gather a supergroup of his favorite artists to record a song that’s proceeds could be donated entirely to charity. In honor of his efforts, the entire room of stars broke out into an impromptu rendition of Belafonte’s classic hit, “Day-O (The Banana Boat Song.)”

4. Lauper’s jewelry ruined one of the solo takes.
The motto of the evening was “check your ego at the door” – but in Lauper’s case, checking her accessories might have been more helpful. Still, she definitely won outfit of the evening.

5. No one left without swapping autographs.
“Mass hysteria broke out because everybody wanted everybody else’s autograph,” Richie of one point in the night. “I realized that there was a room of everybody being fans of everyone else.”

As Kenny Rogers remembers,

“Everyone wanted a memento that we could all keep ourselves. And we had the sheet music so we had all the other artists sign it. I don’t think there was one out there who didn’t get everyone to sign it.”

Watch the original ‘making of’ documentary:

Source: People & MJWN
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ