AEG裁判、控訴審に向けての審理

木曜日、マイケル・ジャクソンの母親の代理人弁護士が、コンサート・プロモーターAEGライブに対する新たな裁判に向けての主張を行った。しかし、マイケル・ジャクソンと、彼を死亡させたとして有罪評決を受けたコンラッド・マーレーの関係を重視する上訴審の判事らは懐疑的である。

キャサリン・ジャクソンの代理人らは、AEGライブは2009年6月のマイケル・ジャクソンの死に対して責任はないとした陪審団の評決に対して異議を唱えている。代理人らは、担当した判事が裁判前に過失責任、雇用責任を除外したのは不当だった、陪審員らは不適切な評決用紙を渡され不適切な注意事項を受けていた、と主張している。

5か月以上続いた裁判では、証言はジャクソンとマーレー医師(麻酔薬プロポフォールを致死量投与したとして過失致死罪で有罪)の関係について焦点が当てられていた。

上訴審の判事らからの尋問の多くは、ジャクソンとマーレーの関係、AEGとマーレーの契約、「This Is It」コンサートの準備中だったジャクソンのケアのための月15万ドルの報酬は誰が支払っていたか、という点に集中した。

判事らは、コンサートが計画される前からマーレーはジャクソンを診療していた点を指摘し、コンサート終了後はジャクソンから診療代が支払われることになっていたのかどうかを質した。

サンディ・クリーグラー判事とリチャード・M・モスク判事は、マーレーがプロポフォールをジャクソンに処方していることをAEGがどうやって知り得たのか疑問だと述べた。

1時間続いたヒアリングの終盤、クリーグラー判事は「この場合、AEGの過失とは何です?私にはこれがわかりません」とジャクソン家側代理人マーガレット・グリニョンに尋ねた。

一方モスク判事は、AEGが、マーレーがジャクソンに鎮痛剤あるいは通常の睡眠薬を投与していると疑っていたのであれば、それは一つのポイントにはなるとしたが、「それをプロポフォールにまで飛躍させるのは拡大解釈ではありませんか?常識を外れています」と述べた。

グリニョンは、それは陪審員が下すべき決定だと反論した。

AEG側のマーヴィン・プットナム弁護士は、マーレーがジャクソンの寝室でジャクソンにプロポフォールを投与したいたと予見しえたかどうかがこの裁判のポイントであると述べた。この薬物は病院設備の中でのみ処方されることになっている。

「AEGだけでなく世界中の誰もが、マイケル・ジャクソンの悲劇的死によってプロポフォールのことを知ったのです」とプットナムは判事らに述べた。

しかしながらグリニョンは、AEGはジャクソンの診療に自ら口を出し、ジャクソンのリハーサル・スケジュールをマーレーに立てさせ、マーレーの行動をコントロールしていた、陪審員はこれらを考慮に入れることを許されるべきだった、と反論した。

「これは、単にAEGが、ミスター・ジャクソンの専属医がツアーに同行する費用を支払うことに同意した、という裁判ではないのです」とグリニョンは述べた。

木曜日の審理にはキャサリン・ジャクソンは出席しなかった。

判事らは判断を示す日時については述べなかった。決定には二人の判事の同意が必要となる。

■Michael Jackson’s mother appeals failed lawsuit against promoter
CBS NEWS:

LOS ANGELES – Lawyers for Michael Jackson’s mother argued Thursday for a new trial in her case against concert promoter AEG Live LLC, but faced a skeptical panel of appellate justices who focused on the superstar’s relationship with the doctor convicted of killing him.

Attorneys for Katherine Jackson appealed a jury’s verdict finding that AEG Live was not financially responsible for the singer’s June 2009 death. They contend that the trial court judge incorrectly dismissed negligence and employment claims before the trial, and jurors were given an improper verdict form and instructions.

The trial spanned more than five months last year with testimony that focused on the relationship between Jackson, AEG and Dr. Conrad Murray, who was convicted of involuntary manslaughter for giving the singer a lethal dose of the anesthetic propofol.

Much of the questioning from the appellate justices focused on Jackson’s relationship with Murray, the details of the cardiologist’s contract drafted by AEG, and who was paying the physician’s $150,000 a month fee to care for Jackson as he prepared for his ill-fated “This Is It” comeback concerts.

The panel noted that Murray treated Jackson before the concerts were planned and questioned whether the doctor’s fee would be reimbursed by Jackson after the shows.

Associate Justices Sandy Kriegler and Richard M. Mosk questioned how AEG could have known that Murray was giving Jackson treatments of propofol.

“What is the fault of AEG in this?” Kriegler asked Jackson attorney Margaret Grignon toward the end of the hourlong arguments. “I’m just lost in all of this.”

Mosk said it would be one thing if AEG suspected Murray was giving Jackson painkillers or traditional sleep drugs. “Isn’t it a stretch to go from that to propofol, which is beyond the pale.”

Grignon countered that it was a decision that a jury should answer.

AEG attorney Marvin Putnam said the case hinged on whether the concert promoter could have foreseen that Murray was giving Jackson propofol in the singer’s bedroom. The drug is supposed to be administered solely in hospital settings.

“Everyone in the world, not just AEG, learned about propofol because of this tragic death,” Putnam told the panel.

Grignon however argued that AEG inserted itself into Jackson’s medical care, allowed the doctor to set the singer’s rehearsal schedule and controlled Murray’s actions, which a jury should be allowed to consider.

“This is not a case where AEG simply agreed to pay Mr. Jackson’s personal physician to accompany him on tour,” Grignon argued.

Katherine Jackson did not attend Thursday’s arguments.

The justices did not state when they would issue a ruling. Two justices must agree on the decision.

Source: CBS NEWS / MJ-Upbeat.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ