ラテンのトリビュート・アルバム

トニー・サッカーがプロデュースしたラテン初のマイケル・ジャクソン・トリビュート・アルバム「Unity: The Latin Tribute to Michael Jackson」が、ユニバーサル・ミュージック・ラテン・エンターテインメントとユニバーサル・ミュージック・クラシックスより、4月14日にリリースされる。このアルバムには100人以上のミュージシャンが参加し、その中にはラテンのスーパースター、ティト・ニエベス、ジョン・セカダ、オビー・ベルムデスらも含まれている。

ファースト・シングル「Smooth Criminal」のビデオが1月13日に公開された。



マイケル・ジャクソンの音楽が持つ愛情あふれるメッセージに対する粘り強い献身、固い決意、そして情熱的信頼が、プロデューサーでプレイヤー、アレンジャーでもあるトニー・サッカーに「Unity: The Latin Tribute to Michael Jackson」を作らせたのである。

その結果、「Thriller」や「Billie Jean」、「I Want You Back」といったジャクソンの不朽のポップやR&Bが壮麗なサルサやトロピカルのリズムと融合し、爽快なエネルギーに満ちた革新的で鮮やかなアレンジとなった。

この画期的アルバムは、マイケルが持っていた協調と、音楽を通じて異なる文化を結びつける精神を具現化するものだ。

「マイケルの音楽で際立っているのは愛です。調和(Unity)ということです。そしてラテンの根本とアメリカのポップ・カルチャーの調和を示し、さらにはマイケルのレガシーを生き生きとしたものとする。そんなタイトルをつけたかったというのもあります」とサッカーは言う。

「Unity」製作のきっかけは、マイアミでハロウィーン用の「Thriller」のサルサバージョンをアレンジしたことだった。反響はすぐにあり、圧倒的に支持するものであったため、彼は自分のバンドとベッドルームで録音し、ネットに投稿して配信した。

DJたちがその音源をプレイし始め、サッカーの元には世界中からラテン風ジャクソンのフルアルバムのリクエストが舞い込み始めた。「それが口火となったのです。僕はファンでしたから、何かしなければと感じたのです」。

マイケルのレガシーを生き生きとしたものとするということは、「Unity」用の再アレンジの一曲一曲にオリジナル作品の要素を包括するということを意味する。

「ホーンの部分でさえ、クインシー・ジョーンズが手掛けた部分を模写し、それを違ったアレンジに適用するということをしました。原曲のエッセンスをリスペクトしつつも、マイケルがしたことと僕がこのプロジェクトに持ち込んだもののぎりぎりの境界線をつくということに全力を尽くしました」。

サッカーがアレンジとプロデュースを行ったが、「Earth Song」と「Smooth Criminal」についてはマイケルと仕事をした伝説のエンジニア、ブルース・スウェディーンがニック・ヴァレンティンとともにミックスした。その他の曲のミックスはグラミー賞受賞歴のあるカルロス・アルバレスが担当し、歯切れのよいサウンドを実現した。

「マイケルに影響を与えていたアメリカのファンク、ソウル、ジャズはアフリカの音楽が起源です。アフリカ系ペルー人の音楽やキューバの音楽も同じです。これらの曲は一つになるようになっているのです。オリジナルの風味はそれ自体がラテンのリズムにうまく合うんですよ」。

トラックリスト
01: I Want You Back (featuring Tito Nieves)
02: Billie Jean (featuring Jean Rodriguez)
03: Man in the Mirror (featuring Kevin Ceballo)
04: Sera Que No Me Amas (featuring Michael Stuart)
05: Earth Song (featuring India)
06: Human Nature (featuring Jon Secada)
07: Todo Mi Amor Eres Tu (featuring Obie Bermúdez & Jennifer Peña)
08: Black or White (featuring Kevin Ceballo)
09: Smooth Criminal (featuring Jean Rodriguez)
10: They Don’t Care About Us (featuring Kevin Ceballo)
11: Thriller (featuring Kevin Ceballo)
12: You Are Not Alone (featuring Tito Nieves and Tito Nieves Jr.)

■‘Unity’ Album The Latin Tribute To Michael Jackson
Unity: The Latin Tribute to Michael Jackson: The First Ever Latin Album Salute To The King of Pop From Producer/Multi-instrumentalist/Arranger Tony Succar

The album ‘Unity’ is to be released this April 14 on Universal Music Classics, in Partnership with Universal Music Latin Entertainment. It features over 100 Musicians including Latin Superstars Tito Nieves, Jon Secada & Obie Bermúdez Among Notable Others.

The Video For First Single “Smooth Criminal” Premiered on Vevo January 13th 2015.

Fuelled by his relentless commitment, quiet determination and passionate faith in the loving message behind much of Michael Jackson’s music, producer/multi-instrumentalist/arranger Tony Succar has thoughtfully created ‘Unity: The Latin Tribute To Michael Jackson.‘

The result is Jackson’s timeless pop and R&B tunes, such as ‘Thriller,’ ‘Billie Jean,’ and ‘I Want You Back,’ married with glorious salsa and tropical rhythms, resulting in innovative, vibrant arrangements that snap to life with exhilarating energy. ‘Unity’ will be released April 14 on Universal Music Classics in collaboration with Universal Music Latin Entertainment.

The groundbreaking album embodies Michael’s spirit of harmony and bringing diverse cultures together through music.

“The one thing that stood out in Michael’s music was love. The reality was unity,” Succar says. He continues, “I also wanted the title to stand for something: a real marriage between Latin roots and American pop culture, and to help keep Michael’s legacy alive.”

The birth of ‘Unity’ came when Succar arranged a salsa-infused version of ‘Thriller’ for a Halloween party in Miami. The reaction was so immediate and overwhelmingly positive that he recorded a version in his bedroom with his band, posted it online and gave away copies.

DJs started playing the track and Succar began getting requests from around the world for a full album of Latin-flavored Jackson songs. “That sparked it,” Succar says. “I was such a fan. I felt like I had to do something.”

Part of keeping Michael’s legacy alive meant incorporating elements of the original production in each of his fresh renditions for ‘Unity.’

“Even the horn lines, I would transcribe them from Quincy Jones’ productions and then apply them to the arrangement in a different way,” Succar says. “The essence of every song was respected. I gave it my best to create this very thin line between what Michael did with his production and what I brought to the project.”

With Succar taking producer and arranger credits, ‘Unity’ also features two tracks – ‘Earth Song’’and ‘Smooth Criminal’ — mixed by Michael Jackson’s legendary engineer Bruce Swedien with Nick Valentin. Grammy winner Carlos Alvarez engineered the rest of the album achieving a sonically crisp sound.

“American funk, soul, jazz—all those styles that were influencing Michael— were inspired from African music,” Succar says. “Same with Afro-Peruvian music, Cuban music. These songs were meant to be. Their original flavor lends itself to these Latin rhythms.”

Source: Universal Music Classics & MJWN
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ