ローリング・ストーン誌:100 Greatest Singers

25位 マイケル・ジャクソン

生年月日:1958年8月29日
代表曲:I Want You Back(ジャクソン・ファイヴ)、Billie Jean、Man in the Mirror(ソロ)
影響を与えたアーティスト:ジャスティン・ティンバーレイク、クリス・ブラウン、アッシャー

マイケル・ジャクソンは才能と努力の結晶である。子供時代の彼の歌唱は驚異的だ。彼は「I Want You Back」を完璧に歌って見せた。それは、この歌についてのどうということのない注釈なのかもしれないが、しかし私にとっては驚くべきことだ。なぜなら、彼はほんの11歳だったのだから。

彼のスタイルのキーとなる要素の一つは、彼が声を楽器のように使うということである。彼を象徴する発声・・・“ugh”や“ah”など・・・は、ギタリストやドラマーが普通にやるリズムだ。彼は最もリズミカルな歌手だ。プリンスはジェームズ・ブラウンをかなり真似たが、マイケル・ジャクソンはジェームズ・ブラウンに自然に近づいたのである。

そして彼は尋常ではない声域を持っていた。私は高音を歌うことができるが、「Beat It」を歌おうと思ったら、半音下げざるをえなかった。彼はこの信じがたい高音を歌うのである・・・高いC、あるいはC♯なのではと思う。誰も「Beat It」のその音を歌うことはできない。「Billie Jean」や「Thriller」も同様だ。一方低音もいけるということはあまり認識されていない。「Burn This Disco Out」や「Off the Wall 」では、彼の低音を聴くことができる。私はそれに全くまいってしまうのだ。

彼のように大きくなれば、普通はアバンギャルドや革命家といった側面を見失うことになる。しかしマイケル・ジャクソンはポップとR&Bの境界を押し広げた。これについて考えてみよう。「Beat It」では、エディ・ヴァン・ヘイレンと完璧なロックを歌うR&Bシンガーなのである。あるいは「Man in the Mirror」のイントロでは、彼の声にはあのリバーブが備わっている。彼が“uh!"と発する時、それは何マイルも飛んで行くのである。私にとって、それはブライアン・イーノ的素晴らしさに匹敵する。それほどなのである。

■100 Greatest Singers

Born August 29th, 1958
Key Tracks "I Want You Back" (the Jackson 5), "Billie Jean," "Man in the Mirror" (solo)
Influenced Justin Timberlake, Chris Brown, Usher

Michael Jackson is a perfect storm of innate talent and training. His singing as a child is astounding: He just nailed "I Want You Back" — there's maybe one bum note on that song, which is crazy to me, because he was only 11 years old.

One of the key elements of his style is how he uses his voice as an instrument. His signature grunts — "ugh," "ah" and all that — are rhythmic things that guitar players or drummers usually do. He's one of the most rhythmic singers ever — Prince emulated James Brown a lot more, but Michael Jackson approximated it more naturally.

And he has insane range. I can sing pretty high, but I had to drop "Beat It" a half step when I sang it. He sings this incredibly high note — I think it's a high C or even a high C-sharp, which no one can hit — on "Beat It," as well as "Billie Jean" and "Thriller." What people don't realize is that he can go pretty deep too. You hear that on "Burn This Disco Out," on Off the Wall — he goes deep into his range, which blows me away.

When somebody gets as big as he did, you lose sight of how avant-garde and revolutionary they are, but Michael Jackson pushed the boundaries of pop and R&B. Think about it: On "Beat It," you had an R&B singer doing a full-on rock song with Eddie Van Halen. Or the intro on "Man in the Mirror": He's got this reverb in his voice, and any time he goes "uh!" it goes for miles. To me, that's up there with some Brian Eno shit. That's how far out there it is.

Source:michaeljackson.com / rollingstone.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ