マイケル・ジャクソンは発言することを恐れなかった。他のセレブたちはどうか。

「セレブたちの立ち位置は?」

#BlackLivesMatterの支持者たちが投げかけている疑問である。この混乱の時、世界のメディアに土台を持つ者たちのリーダーシップが欠けていると感じている者がいる。

黒人俳優やミュージシャンたちの多くが、マイケル・ブラウンとエリック・ガーナー事件の大陪審の判断に対して悲しみと不満の意を公に表明している。ジョン・レジェンドは食べ物を積んだトラックをチャーターしてニューヨークの抗議者たちを支援した。ヒップ・ホップのJ・コールもデモに参加した。フィラデルフィアのラッパー、チル・ムーディーは「We’re Worth More」という歌を歌った。

だが、超有名人たちは何もしていないと考える者もいる。ファレル・ウィリアムスのコメントには満足できないという声がある。オプラは?タイラー・ペリーの立ち位置は?ビヨンセの立ち位置は?これらはこの数週間ツイッターで見かけた疑問の数々だ。

何か、無関心以上のものがあるのではないか?つまり、恐れとか不安だ。アーティストは政治的立場が名声やキャリアを危うくしかねないと恐れている。何であれ、政治的な発言には反発があるものだ。そして、代償を払わねばならないだろう。レコード会社からラジオ局のスポンサーまで、アーティストのキャリアはこうしたものとの友好関係にかかっている。

クエストラブはインスタグラムでこのように発言している。
「僕はミュージシャンたちに、今生きている時代の声になるようにと訴えかけたい。ディクシー・チックスのナタリー・メインがどうなったか、すべてのアーティストがラジオで突如として沈黙したことをみんな見ていたのはわかってるよ(彼女は勇敢にも、ブッシュ陣営の宣戦布告に対する意見と失望を表明し、そして不当にもターゲットとされた・・・。後で彼女が正しかったことが分かったけど)・・・・」

ディクシー・チックスはこの2003年事件のためにスポンサーの協力を失い、自分たちの歌がラジオから締め出され、歌も急に売れなくなるという憂き目にあった。政治的な発言を作品の目玉としたアーティストにどのような運命が降りかかる恐れがあるか、当時を想像してみてほしい。

マイケル・ジャクソンは、自分が目にしている真実のために前に出ることを決して厭わなかった。私たちが感じていることを表明するために、その結束の世界的リーダーにジャクソンを当てにすることができた。大人になってからの彼の作品には社会的な行動主義が溢れている。飢餓、エイズ、暴力、人種問題、環境。戦禍のサラエボのためにコンサートをやったのはジャクソンだ。911の後、チャリティーソングやコンサートを企画したのはジャクソンだ。変革のために世界的な名声を可能な限り利用したのはジャクソンだ。彼はその場にいたのである。

そのポリシーのためにジャクソンに降りかかったことは、売り上げが落ちるどころのことではなかった。権力者に真実を語る中で彼は自分自身を標的とし、そして大きな痛手を受けた。彼に向けられた最悪の事態はカリフォルニアの白人地方検事の攻撃だった。この検事はジャクソンを12年も執拗に追い回し、裁判で完全に否定されたものの、凶悪犯罪でジャクソンを起訴したのである。

誰も全容がわかっていないように思える。つまり、とても有名で影響力のある裕福な黒人の男が、でっち上げの容疑で白人検事にやられたのだ。

実際、ジャクソンにとっては沈黙は辛いことであった。彼はスポンサーを失い、まさにクエストラブが言っているような金銭問題に直面した。彼はすでに、白斑が疑われ(後に検視解剖で立証された)、肌を白くしたのではとの疑惑のために支持者を失っていた。仲間のアーティストたちは去り、レコード会社の策略に対する彼の抵抗はメディアから嘲笑された。「私たちのほとんどは彼に背を向けたのです」とマドンナは彼の死後語っている。

1996年、ジャクソンはスパイク・リーに協力を求め、「They Don’t Care About Us」用のショートフィルムを製作した。だがそれを見たことがない者もいるかもしれない。アメリカのテレビで放映禁止となったからだ。そしてアメリカのラジオ局はこの曲をオンエアすることに積極的ではなかった。ジャクソンが「差別」用語を曲中で用いていると非難されたからだ。

この曲はそのほとんどが、ビデオでも撮影されていた1992年のロドニー・キング殴打に関わった警察官が有罪とならなかったに対する彼の返答である。だが、1993年に自分が警察から受けた恐ろしい蛮行の経験に対する返答でもある。この曲に対する批評を今読み返してみると、その不誠実さに首を振らざるを得ない。当時の権力者の一部にとってこれが危険な歌であったこと、そして単に屈服させるためだけの異議であることは明白だ。

クエストラブが私たちに必要なこととして別の機会にこう言っている。「魂のこもった歌。解決のための歌。疑問を呈する歌。抗議の歌は退屈なものにしなければならないという決まりはないし、ダンサブルでなくたっていい。真実を語ればそれでいいんだ」。

ツイッターのハッシュタグは#TheyDontCareAboutUsだ。ファーガソンではこのマイケル・ジャクソンの歌が車の窓から大音量で流れている。先週、ニューヨークやバークレーでは抗議者たちがこの曲を歌った。そしてボルティモアでは、モーガン州立大のコーラス隊がジャクソンの「Heal The World」で抗議者たちに応えるという魔法のような瞬間も見られた。

犠牲はすでに払われた。だが、その小切手は現金にはならなかった。私たちに必要なことは結局、ただマイケル・ジャクソンを聴くことなのかもしれない。





■Michael Jackson Wasn’t Afraid to Speak Out, What About Other Celebrities?

“Where are all the celebrities?”

That’s a question many supporters of #BlackLivesMatter protests are asking. At this moment of great unrest, some are feeling a lack of leadership from those who have worldwide media platforms.

Many black actors and musicians have made public statements to express their sorrow and frustration over the Michael Brown and Eric Garner grand jury decisions. John Legend hired food trucks to feed protesters in New York. Hip-hop celebrity J. Cole joined the marchers. Philadelphia rapper Chill Moody wrote a song, “We’re Worth More.”

But there’s a feeling that the super-famous haven’t really stepped up to the plate. Pharrell’s statement was less than satisfactory to some. Where is Oprah? Where is Tyler Perry? Where is Beyonce? These are the questions I’ve seen on my Twitter timeline these last few weeks.

I think something other than apathy is really at work here: fear and trepidation. Artists fear that taking a political stand may jeopardize their reputations and careers. Any political statement is going to have a backlash — and a price will be paid. Careers are dependent on the goodwill of corporations, from the record companies to the sponsors to the radio stations.

Questlove put it like this on his Instagram: “I urge and challenge musicians and artists alike to push themselves to be a voice of the times that we live in. I know that many see what happened to Dixie Chicks’ #NatalieMaines @mainesmusic (she bravely expressed her opinion/dismay on the Bush administration declaring war & was unjustly targeted….while in hindsight being CORRECT) suddenly there was an onslaught of radio silence from artists across the board…”

The Dixie Chicks lost their corporate sponsor following that 2003 incident and saw their songs pulled off the air and sales of their music nosedive. Imagine then, what fate could befall artists who made political statements a centerpiece of their work?

Michael Jackson was never afraid to put himself out there for the truth as he saw it. We could always count on Jackson to be the global leader of the band, to give voice to everything we were feeling. His adult catalog is a trove of social activism. Starvation. AIDS. War. Gang violence. Race relations. The environment. It was Jackson who put on concerts for war-torn Sarajevo. It was Jackson who put together a group charity song and concert after 9/11. It was Jackson who used every ounce of his global celebrity to make a difference. He was there.

What happened to Jackson for his politics was so much worse than losing sales. For in speaking truth to power, Jackson made himself a target, and he took a pounding. The worst shots at him were taken by a white district attorney in California who pursued him relentlessly for 12 years and charged him with heinous crimes that were utterly disproved at trial.

No one ever seems to connect the dots: A very vocal, very influential, very wealthy black man was taken down by a white prosecutor on trumped-up charges.

Indeed, for Jackson the silence was deafening. He lost sponsors and faced financial problems of exactly the type that Questlove refers to. Skepticism about his vitiligo (later verified by autopsy) and accusations of skin-bleaching had already cost him some supporters. His fellow artists bailed, his protests against the machinations of his record label were roundly mocked in the press. “Most of us had turned our backs on him,” Madonna said after his death.

In 1996, Jackson enlisted Spike Lee to create the short film for his song, “They Don’t Care About Us.” You may have never seen it however, because it was banned from American television. And radio stations in the U.S. were reluctant to play the track because Jackson was accused of using “racist” language in it.

The song was, in large part, a response to the failure to convict police officers of the videotaped 1992 Rodney King beating, but also to his own terribly degrading experience of police brutality in 1993. To re-read the criticism of the song today is to shake your head in disbelief at its disingenuousness. It’s obvious that for some in power at the time, this was a dangerous song, and the objections merely an attempt to deflect.

What we need, said Questlove the other day, are “songs with spirit in them. Songs with solutions. Songs with questions. Protest songs don’t have to be boring or non-danceable….they just have to speak truth.”

On Twitter, #TheyDontCareAboutUs is a hashtag. In Ferguson, they blasted the Michael Jackson song through car windows. In New York City and Berkeley last weekend, it was sung and performed by protesters. And In Baltimore, there was a magical moment when the Morgan State University choir answered protests with a rendition of Jackson’s “Heal The World.”

The price has already been paid, but the check was never cashed. Maybe we just need to finally listen to Michael Jackson.

Source: Baltimore Sun / DB Anderson / MJ-UPBEAT.COM
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ