オリアンティ、マイケル・ジャクソンの想いを語る

(要旨)オリアンティはマイケル・ジャクソンの最後のドキュメンタリー「This Is It」の中で彼のためにギターを弾いていた。その「This Is It」はDVDでちょうど発売開始されたところである。

彼女はツアーのリハーサル中、3ヶ月に渡ってマイケルのために働いた。彼が6月に50歳で亡くなった時、ロンドンへ向けて出発するちょうど8日前だった。

オーストラリア人の歌手で、24歳、キャリー・アンダーウッドとカルロス・サンタナのバックを務めていた。今でもマイケルに関して何か新しいことに気付くという。

「彼にはエゴというものがないように見えたわ。彼は完璧に地に足がついていて、そして本当にシャイだった」。

彼女に与えたベスト・アドバイスは何だったんだろうか?

「私たちにナーバスになってほしくなかったのよ。彼は私たちに望んだの、観衆へ向けてエネルギーを注ぐように。そしてベストを尽くすこと。彼もとても楽しんでいたわ」。

オリアンティはジャクソン家と連絡を取り合っていて、11月のアメリカン・ミュージック・アワードでジャーメインに会ったという。

「彼と会えてうれしかったわ。彼は元気そうだった。とても元気そうだったわ」。以下原文。
70x53_22.jpg ■Orianthi Channels Michael Jackson Memories
(26-1-2010) Orianthi strummed her guitar for Michael Jackson in his final documentary This Is It, which is now available on DVD.

She worked with him for three months while rehearsing for the tour. They were just eight days away from leaving for England when he died tragically in June at age 50.

The Australian singer, 24, has backed both Carrie Underwood and Carlos Santana. Still, there was something different about Michael.

"He didn’t seem to have an ego,” she tells me. “He was completely down-to-earth, and actually shy.”

What’s the best advice he gave her?

"He didn’t want us to be nervous. He wanted us to project that energy out to the crowd, and do our best. He had a lot of fun, too.”

Orianthi keeps in touch with the Jackson family, and saw Jermaine in November at the American Music Awards.

"It was great to see him,” she tells me. “He seemed good. He seemed really good.”

Source: MJFC / OK!
関連記事