ブルック・シールズ、自著でMJについて語る

ブルック・シールズが新著「There Was a Little Girl」(11/18発売)でマイケルとの友情について語っている。

ブルックが、マイケルがデートを怖がっていたと新たな証言をしていると報じているメディアもあるが、マイケルはオプラ・ウィンフリーとのインタビュー(1993年)ですでに、これが彼にとっては大変なことだったと世界中の視聴者に語っている。

この本では13歳での二人の出会いについて触れられている。ブルックはPeople誌に対しこう述べている。「会ったその日から、お互いに相手の中に自分を感じていました・・・私たちはとても安心感があったのです。私たちは周囲の狂気をあまり感じませんでした。みんながバカだとジョークを言ったり、映画を見たりお菓子を食べたりしていました」。

彼女はまた、二人がロマンチックな関係ではなかったとも語っている。「もちろん私たちは愛し合っていました。でもロマンチックなことにはなりませんでした」。二人の関係はとても特別なもので、世界は理解できないだろうと彼女は新著で説明している。

■Brooke Shields writes about Michael Jackson in her book ‘There Was a Little Girl’

In her brand new book There Was a Little Girl, Brooke Shields writes about her friendship with Michael. The book is available in stores on November 18th.

Some media are reporting that Brooke disclosed something new by saying that Michael was terrified of dating. However, during Michael’s interview with Oprah Winfrey (1993) he already shared with a worldwide audience that this was a big deal for him.

The book does describe how the two met at the age of 13. Shields told People: “From the day we met, we saw something of ourselves in each other… We felt really safe. Together, we felt impervious to the craziness that swirled around us. We joked about how silly people were and watched movies and ate candy.”

She also tells that they were not romantically involved, saying “Of course we loved each other, but nothing really happened romantically,”. Their relationship was very special and something the world would not understand, she explains in the book.

source: Legendary Michael Jackson
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ