In Studio with Michael Jackson

1987年9月12日、マイケル・ジャクソンは東京で「BAD」ツアーをスタートさせました。日本での最初の9公演のチケットは数時間で売り切れ(オンラインでの購入などなかった時代です!)、5公演がすぐに追加されました。

グレッグやロリー、クリス、ジェニファー、そしてリッキーたちと仕事をしていたことを思い出します。ツアーのために一部の曲を再構成しなければならなかったからです。スタジオからLAでのバンドのリハーサルまで、私たちはテープを何度も再生し、テンポとピッチを調整しました。後にシェリル・クロウとして強烈なソロキャリアを築くことになる若きバックシンガーのことも覚えています。

私はショーで日本へは行きませんでしたが、もし行っていたらとても楽しいものとなったでしょう。ブルースと私はスタジオに残り、発売予定のシングル制作に取り組み、ビデオのために曲の編集をしていました。「BAD」がチャートを賑わし、ツアーをやっていた頃はみんなが忙しかったのです。

マイケルがツアーに出発する前、私たちは彼の特別なリクエストについて話し合っていました。彼はホテルの部屋用にポータブルのエンタテイメント・システムが欲しいと言っていました。だから私は、写真にあるようなモンスター・システムを設計したのです。これは彼のためにホテルからホテルへと持ち運ばれ、このシステムで彼は映画を観たり、スタジオで出来上がったミックスを聴いたりすることができたのです。言ってみれば、800ポンド(約360キロ)もある1987年版iPadですね。

ステージで緊張することはないのかとマイケルに尋ねたことがあります。彼は笑って言いました。「緊張はしないよ」。「本当に?」「本当さ」と彼は答えました。日本での最初の14公演では45万人が彼を見ました。これだけでもたいての人は緊張しますが、マイケルはそうではなかったのです。

2015年1月10日、マイケルが最初に東京でパフォーマンスしてから9967日。私たちは日本では最初となるセミナー「In The Studio With MJ」をスタートさせます。とてもワクワクしています。そしてすこし緊張もしています。日本にはずっと興味を持っていました。食べ物、文化、歴史、国民性、考え方、ペース、サイズ・・・そしてもちろん素晴らしい人々。マイケルは日本が大好きでした。そして、スタジオ・ミュージシャンやエンジニアたちは日本で仕事をした後はいつも素晴らしい土産話や電気製品を持って帰ってくれました。楽しくて当然です。

今週には最終決定をします。今週末にはチケット販売を開始する予定です。最初の週末(1月10日、11日)は東京です。翌週の週末(1月17日、18日)は大阪です。今回の旅をとても楽しみにしています。そして私たちの「チーム・ジャパン」は成功させるためにハードに仕事をしてくれています。

私の日本のゲストのためにサプライズも用意しています。マイケルのファン・ベースにとって必要不可欠は方々なのですから。

このセミナーに関心を持ち、日本へと招致していただいたことに感謝いたします。皆さんにお会いできることを楽しみにしています。

ソース:In Studio with Michael Jackson / facebook.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ